ハリー・ポッター・バック

Wingardium Leviosa!
裏面がハリー・ポッターTCGのものになってしまっているエラーです。
スカージの英語版のGoblin Mob(ゴブリン襲来)テーマデッキで、
2003年に見つかりました。
当時、デッキ全部で13100ドルという高値がつきました。
ハリー・ポッターTCGはWotCが制作していたので、
このような不思議なエラーカードが出来ました。
入手はかなり難しいと言われているエラーカードの1つです。

なお、ハリー・ポッターTCGは、
実写を使っていればいいものを何故かイラストにした挙句、
ハーマイオニーが絶望的なブサイクであったため、
とてもとても不人気なTCGとなりました。
とはいえ、WotCが制作権を持っている点からも、
MTGのエキスパンションでハリー・ポッターを出せば、
世界中に受け入れられたうえにMTGの知名度も飛躍的に上がった事と思います。
映画、原作ともに長いストーリーである事からも、
エキスパンションも7個ないしはそれ以上を作る事が出来たでしょう。
今後、作ってくれるかもしれませんが、
望みは薄そうです。



記事作成日:2016/03/16