Merieke Ri Berit/メリーキ・リ・ベリット

今回のお題は《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》。


《Merieke Ri Berit/メリーキ・リ・ベリット》
コスト:白青黒
伝説のクリーチャー ・人間(Human)
メリーキ・リ・ベリットはあなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
(T):クリーチャー1体を対象とする。
あなたがメリーキ・リ・ベリットをコントロールしている限り、それのコントロールを得る。
メリーキ・リ・ベリットが戦場を離れるかアンタップ状態になったとき、
そのクリーチャーを破壊する。それは再生できない。
1/1
レア

アイスエイジのレアにして、
一切逸話がなく、何をやった人なのかわからないイキモノ。
絵を見てもストーリーに想像はつかない。
座っているメリーキさんの左右の岩はよく見ると髑髏。
わざわざこんな絵をまじまじと眺めたりしない人のほうが多いので、
メリーキさんの左右の岩場が髑髏だなんて知っている人は少ない。
この髑髏はメリーキさんに殺されたイキモノなのだろう。

このカードはまずトーナメントではほとんど活躍していない。
時のらせんで再録された時にほんの少しだけ使われる可能性を示唆された程度。
EDHではジェネラルとして見た事は幾度かあるが、
同色である、
センの三つ子/Sen Triplets
覇者シャルム/Sharuum the Hegemon
結界師ズアー/Zur the Enchanter
の3種のほうが人気も強さも上である。

コスト的にはメリーキさんは3マナとすぐにプレイ出来るコストだが、
ジェネラルダメージで勝てるようなカードではない上に、
上記3種のように凶悪な能力を持っているわけではない。
能力が決して弱いわけではないのだが、
“1~3ターン生き残っていたら勝ちにつながるレベル”
と言える3者とは違いがあり過ぎるため、
EDHの「勝つ事だけが目的」というタイプのデッキには向かない。

EDHで使われる場合は、
一瞬の瞬き/Momentary Blink
教術師の石/Magewright’s Stone
伸ばし歯/Unbender Tine
千年霊薬/Thousand-Year Elixir
などのアンタップ可能なエンジンが求められる。

これらさえ決まってしまえば、
霧を歩むもの、ウリル/Uril, the Miststalker
のような触れないイキモノ以外に対応出来る。

クリーチャー限定ではあるがコントロール能力はそれなり。
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre
荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus
を出されてもコントロールを奪えるのが強みだ。
ジェネラルに選ばないという程のものではない。

追放するものドロマー/Dromar, the Banisher》のように使われないレベルではない。
ドロマーさんはクリーチャーを手札に戻す能力で赤と緑以外を指定すると、
自分自身が戻ってしまうというイキモノなうえに、
同コストで能力がぶっとんでいるシャルムさんがあまりに強いため、まず選択されない。

さて、こんな講釈を垂れ流しても面白味に欠ける。
今回このこらむのお題となったメリーキさん。
自分や周囲にだけ通用しているあだ名がある。
ムーミン(《三日月の神/Kami of the Crescent Moon》)は自分が命名したものだが、
メリーキさんのあだ名をつけてくれたのはSeth。

以前、Sethが来日して遊んだ際、EDHでメリーキさんを見た途端に彼が一言。

「Bitch!」

いきなり何を言い出すんだろう?Sethは。
と思ったがカードをよく見たら理解出来た。

Bitch。

カタカナ表記するならビッチ。
英語圏に行って女の子に言うと多分撃たれる。
これでもかというくらい撃たれる。
和訳すると、糞女、あばずれ女、ふしだら、尻軽、性悪女…などの意味。
「誰とでも寝るメス」という意味合いが強い。
メリーキさんの能力をよく読もう。
タップする(寝る)と、対象のクリーチャーのコントロールを得られる。
つまり、
「誰とでも寝る」
である。
しかも、自分は寝っぱなし。
マグロである。
マグロという言葉の隠語的意味がわからない人は、
お父さんやお母さんに聞く事だけはせず、
グーグル先生に聞きましょう。

そのうえ、自分が手札に戻る(家に帰る)場合や、間違って起きた場合、
一緒になっていた奴は死んでしまう。
どうみても美人局である。
まさにビッチ。

このSethの一言で決まった。

メリーキさん=ビッチ。

さらに余計な事に気付いてしまった。
イラストをよく見よう。
彼女は左手の人差し指を立てている。
これが意味するものは何か。

「一晩どう?」

でないのなら、

「私の値段はこのくらい。」

という料金表示である。

まさにビッチ。

他にも気付いた事がある。
彼女の頭にはティアラがある。
しかし、膝の上にも王冠が1つ。
普通、ティアラと王冠を同時にかぶる事はしない。
王冠は別の誰かの物だった可能性は高い。

メリーキさんの能力を考えるに、
王冠を所有していた別の誰かが生きている可能性は薄い。
何せイラストのメリーキさんは起きている。
一度寝た後に起き、王冠の所有者は死んだと考えられる。
やはり、美人局である。

まさにビッチ。

おわかりいただけただろうか。
イラストと能力はピッタリであり、
その解釈はビッチである。

メリーキさんはMTG界一のビッチである。
昔から中々寝てくれないいい女、《セラの天使/Serra Angel》とは大違いである。
(昔からある女性カードの中で唯一攻撃に参加してもタップしない(寝ない)ため。)

メリーキさんのクリーチャー・タイプをルール改正で、
「伝説のクリーチャー・人間、ビッチ」

にしてもらいたいくらいである。
フレーバーテキストにも一言だけ「Bitch!」と書いてくれれば感無量。

レッツプレイビッチ!

ではまた。



記事作成日:2011/03/11



記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事