成金、グヮファ・ハジード

今回のお題は《成金、グヮファ・ハジード/Gwafa Hazid, Profiteer》。



Gwafa Hazid, Profiteer/成金、グヮファ・ハジード
コスト:1白青
伝説のクリーチャー 人間・ならず者
白青(T):あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とし、
それの上に賄賂カウンターを1個置く。それのコントローラーはカードを1枚引く。
賄賂カウンターの置かれているクリーチャーは攻撃もブロックもできない。
2/2
レア

数日後に発売されるコンフラックスの中に入っているレアカード。
3マナで2/2、能力はどうみても凡骨。
能力だけなら別にレジェンダリーな生き物じゃなくていいんじゃない?
と思うような1枚。
トーナメントに出てきそうでもないし、
これと言って活躍しそうな匂いもない、
明らかにカスレア扱いを受けそうな奴である。
成金のわりに「ならず者」とはどういう事なんだろう。
それとも、成金なんて所詮はならず者だ!と言いたいのだろうか。

とはいえ、Profiteerは直訳では
「(物資不足などに乗じて)暴利を貪る者、不当な利益を得る者」
という意味。
成金という和訳だと若干ズレもあるのではないだろうか。
もっとも、
「成金+ならず者」→「不当な利益を得る者」
なら少しわからないでもない。

このカードの画像を見たのは2009年1月30日。
このこらむを書いているのは1月31日。

成金、グヮファ・ハジード》というカードを見た時、ふと思った。
どっかで見た事ある気がする…。
MTGじゃないどこかで…。
そう…TVやインターネットで見たはず…。



ああ!この人だ!
ピンチだった日産をこの人の力で復旧させた偉大な人!
日産のカルロス・ゴーン社長!
腕組みしてるところまで似ている!
いや…画像を左右反転させてみたら…


うぁっ!
いや、
グヮファ!
むぅ、そっくり過ぎる。
誰だ、この絵描いた人。
落ち着け、自分。
ここは冷静に、冷静にだ。



グヮファ!
(大事なことなので2回言いました。)
だめだ、笑うなと言うほうが無理。
違和感が全く無い。
成金、グヮファ・ハジード》のモデル、この人だろう。
他の人がモデルですって言っても、自分は絶対信じない。
信じろってほうが無理。
血族って言ったら納得。

あえて並べてみよう。


間違い探し。

そして思うに、
この人、カルロス・ゴーンって名前より、
グヮファ・ハジードのほうが合っている気がしてきた。

グヮファ・ハジード…いや、カルロス・ゴーン社長、
まさかインビテーショナルかなんかで優勝してこのカードデザインしたんですか?
って言いたくなるくらい似てる。
グヮファ・ハジード…いや、カルロス・ゴーン社長が、
成金なのかどうかなんて、一介のCardshopの店長ごときが、口に出来ませんけれども。
他人のところへ賄賂カウンターを置いたかどうかなんて、もっと口に出来ません。
ええ、口に出来ませんとも。

Cardshop Serraはグヮファ・ハジードとカルロス・ゴーン社長を応援しています。
(自分の持っている車は本当に日産車だ。)

最後に、


頭部分だけ変えてみた。

おふざけたこらむ書きましたが、
カルロス・ゴーン社長は自分が尊敬する人間の1人です。
日産の車を所有しているのはただの偶然ですが、
カルロス・ゴーン社長の著書を持つくらい、
この人のことを尊敬しています。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事