よわよわジェネラル20選その2。

よわよわジェネラル20選その1。に引き続き、
よわよわなジェネラルをご紹介。

前回を読んでいない方はそちらから。
この最弱クラスのジェネラルに選ばれる条件なども、
前回と同じなのでそれを踏まえて読んで下さいまし。

それではよわよわジェネラル2はじまりはじまり。

よわよわジェネラル紹介第十一号。
テンペスト、ウルザ、マスクス、インベ、オデッセイのブロックを全て飛ばして、
オンスロートブロックの御仁の登場。
phage-the-untouchable
Phage the Untouchable/触れられざる者フェイジ
コスト:3黒黒黒黒
伝説のクリーチャー アバター(Avatar) ミニオン(Minion)
触れられざる者フェイジが戦場に出たとき、
あなたがそれを自分の手札から唱えたのでない場合、
あなたはゲームに敗北する。
触れられざる者フェイジがクリーチャーに戦闘ダメージを与えるたび、
そのクリーチャーを破壊する。それは再生できない。
触れられざる者フェイジがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、
そのプレイヤーはゲームに敗北する。
4/4
レア

最弱ジェネラル殿堂入り三傑の一人。
使い方がとにかく難しい。
統率の灯台》で手札に加える以外では、
白金の天使/Platinum Angel》で自身を無敵状態にしておくか、
自身の敗北をスタックに乗せてから、
無限の日時計/Sundial of the Infinite》で強制終了か、
倦怠の宝珠/Torpor Orb》で誘発させないなど、
どれも一手間必要。
荒技では、
Nether Void》や《虚空の杯/Chalice of the Void》X=7
などで、ジェネラル領域から唱えた後、
自動的にカウンターされて墓地に落とし、
墓地から手札に回収する呪文を使ってからプレイという方法も。
Nether Void》ならともかく、
虚空の杯》X=7はあまりに現実味が薄い。
それから、
EDHでも採用されるカウンター呪文の《遅延/Delay》を撃たれると危険。
(待機開けまでに上記のような手段を用意できる見通しが立たない場合、
待機させずにジェネラル領域に逃げることは可能)
とはいえ、
フェイジ様はプレイヤーを一撃で倒せる強さがある事、
一手間でどうにかなるカードが複数ある事から、
好きな人はこれでデッキを組む人もいる。
他の最弱な方々よりも人気がある。
そんなフェイジ様をもう少しだけ使いやすくデザインしてくれたらいいのに、
という気持ちを込めて、
このカードをデザインした人は罰として、
カエンタケ(触るだけで危ないキノコ)を部屋中で栽培。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十二号。
お次はガッカリ伝説の宝庫、神河物語~。
konda-lord-of-eiganjo
Konda, Lord of Eiganjo/永岩城の君主、今田
コスト:5白白
伝説のクリーチャー 人間(Human) 侍(Samurai)
警戒、破壊不能
武士道5
(このクリーチャーがブロックするかブロックされた状態になるたび、
それはターン終了時まで+5/+5の修整を受ける。)
3/3
レア

7マナ3/3。
もうこれだけで終わっている。
破壊不能や警戒があったところで、
根本的パンチ力が7マナ3/3ではどうする事も出来ない。
飼い犬の《今田家の猟犬、勇丸》のほうが強い。
永岩城(ジェネラル領域)からこの人は多分出てこない。
いつも籠城しているのだろう。
攻めに行く気の無い、ミスター引きこもり。
武士道5もありながら、
士道不覚悟である。
このカードをデザインした人は罰として、
士道不覚悟で切腹してしまえ。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十三号。
神河物語
ben-ben-akki-hermit
Ben-Ben, Akki Hermit/悪忌の隠者、ベンベン
コスト:2赤赤
伝説のクリーチャー ゴブリン(Goblin) シャーマン(Shaman)
(T):攻撃しているクリーチャー1体を対象とする。
悪忌の隠者、ベンベンはそれに、あなたがコントロールする
アンタップ状態の山(Mountain)の数に等しい点数のダメージを与える。
1/1
レア

4マナ1/1。
この数字だけでも絶望的。
タップ能力が攻撃生物にアンタップ状態の山の数だけダメージと、
使えないとまでは言わないのだが、
これを使って勝つ事が出来る能力ではない。
ただ、能力の条件が「アンタップ状態の山」というのが面倒。
非常に自分の動きを制限されやすいのがまたどうしようもない。
4マナ1/1の時点で、
へたなバニラ生物のほうが強い事だけは明白。
このカードをデザインした人は罰として、
聖書片手に賛美歌を絶唱しながらイラク一周。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十四号。
神河物語
shimatsu-the-bloodcloaked
Shimatsu the Bloodcloaked/血塗られしもの、死祭
コスト:3赤
伝説のクリーチャー デーモン(Demon) スピリット(Spirit)
血塗られしもの、死祭が戦場に出るに際し、
好きな数のパーマネントを生け贄に捧げる。
血塗られしもの、死祭は
その総数に等しい数の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
0/0
レア

プレイするだけでディスアドバンテージの塊。
パーマネントを生け贄に捧げないのなら0/0の時点で終わっている。
死亡誘発するカードを放り込むにしても、
赤単では数が限られている事もつらい。
トランプルも先制攻撃も速攻もないうえに、
何故かこのカードは4マナもかかる。
1マナでも使うかどうかわからないというのに。
前述のベンベンよりダメ。
Shimatsuに負えない。
このカードをデザインした人は罰として、
「治安の良いアメリカ都市ランキング」ではぶっちぎりのワーストワン、
「危険なアメリカ都市ランキング」ではぶっちぎりのナンバーワンである、
デトロイトの廃墟で一年間生活。
持ち込んでいいのは火炎放射器だけ。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十五号。
まだまだ出てくる神河物語のだめな子たち。
shisato-whispering-hunter
Shisato, Whispering Hunter/囁きの狩人、しさ斗
コスト:3緑
伝説のクリーチャー 蛇(Snake) 戦士(Warrior)
あなたのアップキープの開始時に、蛇(Snake)を1体生け贄に捧げる。
囁きの狩人、しさ斗がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、
そのプレイヤーは自分の次のアンタップ・ステップを飛ばす。
2/2
レア

ジェネラルが戦闘ダメージを与えれば、
そのプレイヤーだけは次のアンタップ・ステップが飛ぶ。
それは弱くない。
ただしEDHでは対戦相手が一人ではない。
加えて、
アップキープの蛇1体生け贄は、
ジェネラル以外に蛇が無ければ当然ジェネラルが生け贄。
このディスアドバンテージ能力は単純に痛い。
加えて、4マナ2/2。
緑単色には強い伝説がいくつもいる中、
これで戦うのは楽ではない。
このカードをデザインした人は罰として、
アマゾン川で水泳3時間。
両足に20kgの鉄球つけてな。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十六号。
神河謀叛から、
謀反以前に戦う気がひとかけらも無い人をご紹介ー。
opal-eye-kondas-yojimbo
Opal-Eye, Konda’s Yojimbo/今田の用心棒、乳眼
コスト:1白白
伝説のクリーチャー 狐(Fox) 侍(Samurai)
防衛(このクリーチャーは攻撃できない。)
武士道1(このクリーチャーがブロックするかブロックされた状態になるたび、
それはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
(T):このターン、あなたが選んだ発生源1つが次に与えるダメージは、
代わりに今田の用心棒、乳眼に与えられる。
(1)(白):このターン、次に今田の用心棒、乳眼に与えられるダメージを1点軽減する。
1/4
レア

数ある伝説生物の中で、
唯一の防衛を持つダメ野郎である。
まず、白単のままでこのカードの防衛を消すには、
ダークスティールの突然変異/Darksteel Mutation
戦争売りの戦車/Warmonger’s Chariot
のようなカードが必要。
動く壁/Animate Wall》や《ローリング・ストーンズ/Rolling Stones》ではダメ。
(この2つのカードは壁(Wall)にのみ効果がある。)
この時点で
「なんも考えずに装備品つけてパンチ」
という適当なバニラ生物や、
タップ能力はあるが大して使われないからバニラ同等生物より劣る。
能力はダメージ軽減系で、
攻め手段としての能力は皆無。
このカードを活かして構築はどう考えても難しい。
殿堂入りと言っていいだろう。
いや、使いにくさで言えばフェイジ様よりも難しい。
用心棒だからって防衛持ちにしなくても。
このカードをデザインした人は罰として、
世界最貧と言われる国、ジンバブエで、
大統領の用心棒に就職。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十七号。
神河謀反
shizuko-caller-of-autumn
Shizuko, Caller of Autumn/秋の呼び手、しず子
コスト:1緑緑
伝説のクリーチャー 蛇(Snake) シャーマン(Shaman)
各プレイヤーのアップキープの開始時に、
そのプレイヤーは自分のマナ・プールに(緑)(緑)(緑)を加える。
ターン終了時まで、ステップとフェイズが終了することでは
このマナはそのプレイヤーのマナ・プールから失われない。
2/3

あの、このカードを着地させてから、
一周して自分が生きているんでしょうか?
置いて3ターン以内に誰かが全員を倒すが、
それは間違いなく自分ではない事がわかるカード。
このカード置いて対戦相手にデメリットが一切無いうえに、
それがマナ加速で自分が恩恵を受けられるのは一番後。
強ジェネラルの人達に無色3マナであろうとも自動的に与えたら、
より大暴れする事が間違い無い事など火を見るよりも明らか。
1~2ターン経過で重たい呪文撃たれて負ける未来しか見えない。
こんなに使いにくい、
というより、
能力で出てくるマナを使う前にプレイヤー自身が死ぬジェネラル。
置いたら自分が死ぬという一面を考慮すると、
こいつは最弱の可能性がある。
このカードをデザインした人は罰として、
ソマリアで海賊に転職。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十八号。
神河救済から
寛大な心でも許せないほどのダメ子を紹介ー。
bounteous-kirin
Bounteous Kirin/寛大な麒麟
コスト:5緑緑
伝説のクリーチャー 麒麟(Kirin) スピリット(Spirit)
飛行
あなたがスピリット(Spirit)か秘儀(Arcane)呪文を唱えるたび、
あなたはその呪文の点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを得てもよい。
4/4
レア

7マナで4/4飛行。
このバランスの悪さと言ったら目も当てられない。
能力もライフをもらえるだけ。
パワ-4ではジェネラルダメージ21点も厳しい。
いくら飛行があっても一人につき6回殴る必要があり、
しかもそれが7マナではあまりにも厳しい。
二度目以降のプレイが9マナ、11マナ…つらすぎる。
緑だからマナは出なくもないとは言えるが、
これで勝ちに行くのはちょっと難易度高め。
伝説バニラ生物のほうが強いだろう。
名前には寛大とついているが、
何がどう寛大でこうなっているのかさっぱりわからないダメダメちゃん。
このカードをデザインした人は罰として、
ナイアガラの滝からバンジージャンプしてくれ。
もちろんゴム無しでな。

——————————
よわよわジェネラル紹介第十九号。
神河救済から、
全然救いのない奴を紹介ー。
iname-as-one
Iname as One/一なる否命
コスト:8黒黒緑緑
伝説のクリーチャー スピリット(Spirit)
一なる否命が戦場に出たとき、あなたがそれをあなたの手札から唱えた場合、
あなたは
「あなたのライブラリーからスピリット(Spirit)・パーマネント・カードを1枚探し、
それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す」
ことを選んでもよい。
一なる否命が死亡したとき、あなたはそれを追放してもよい。
そうした場合、
あなたの墓地にあるスピリット・パーマネント・カード1枚を対象とし、
それを戦場に戻す。
8/8
レア

1つ目の能力が手札から唱えた場合の時点でジェネラルとしてダメ。
そして12マナ8/8。
マナコストや能力的に考えても、
ストーリーの中で、
死相の否命/Iname, Death Aspect
生相の否命/Iname, Life Aspect
が合体してこれになった事は理解するが、
あまりにも弱い。
このカードをデザインした人は罰として、
グランド・キャニオンを一周してくれ。
ただし全裸で持ち物所持禁止な。

——————————
よわよわジェネラル紹介第二十号。
栄えあるラストを飾るのはこの子ー。
コールドスナップの災い魔さん。
haakon-stromgald-scourge
Haakon, Stromgald Scourge/ストロームガルドの災い魔、ハーコン
コスト:1黒黒
伝説のクリーチャー ゾンビ(Zombie) 騎士(Knight)
あなたはあなたの墓地にあるストロームガルドの災い魔、ハーコンを唱えてもよいが、
それ以外からは唱えられない。
ストロームガルドの災い魔、ハーコンが戦場に出ているかぎり、
あなたはあなたの墓地にある騎士(Knight)カードをプレイしてもよい。
ストロームガルドの災い魔、ハーコンが死亡したとき、
あなたは2点のライフを失う。
3/3
レア

墓地からしかプレイ出来ないという、
前代未聞の生物。
ジェネラルで使うには、
統率の灯台/Command Beacon
を使って手札に入れた後、
さらにこのカードを手札から墓地に捨てないとならない。
二度の手間を介してやっと使えるという難易度の高さ。
基本的に1枚制限のEDHにおいて、
統率の灯台》を手札に入れる手段を前提にしつつ、
さらに手札に入れたジェネラルを捨てる手段が必要。
この難易度の辛さは相当なもの。
加えて、
追放系の除去呪文を撃たれたら、
統率の灯台》を回収して、
再度手札から捨てる方法も使わないといけない。
そして死亡時にはライフ損失。
よほどのハーコン好きでもない限り、
これでデッキを組む人はいない。
文句なしに殿堂入り三傑の中の最弱ジェネラル様である。
これ程ジェネラルとして使えない生物は今後も出ないのでは?
このカードをデザインした人は罰として、
インド領アマンダン諸島の1つ、北センチネル島に島流し。
(北センチネル島は先住民が島外の人間を拒み続け、
 近づく者には基本的に攻撃してくる。
 地球上で最も近づきがたい島と言われている。)

——————————

以上、20名。

最弱ジェネラル殿堂入り三傑

ストロームガルドの災い魔、ハーコン
触れられざる者フェイジ
今田の用心棒、乳眼

この3名よりも弱い奴はなかなかいないだろう。
2名は《統率の灯台》などの特定の工夫が大前提、
残り1名は殴る方法が皆無に等しい。
この3名はどうやっても、
ジェネラルを活かした強いデッキにはなりそうもない。
この3名を活かした強いレシピがあれば、
当店までメールをいただきたい。
納得させられる良レシピ、またはオモシロレシピであったら、
デッキ紹介で公開したい。

また、選定外となった伝説生物たちにも、
相当にダメな方向に猛者はまだまだある。
いつかまたお客様のリクエストがあれば、
こんなふうにスポットライトを当てる日も来るかもしれない。

ではまた。



記事作成日:2017/01/06



記事のカテゴリー

他の「EDHこらむ」記事

他の「オススメこらむ」記事