ヴィンテージデッキ紹介その7。

最近の店主のヴィンテージのデッキ。
カラデシュの発売で、
色々なアーティファクトが出たので、
また茶単のデッキを作り直し。
色々なデッキを組むのは好きだが、
茶色がデッキをいじっていて一番楽しい。
そのたびに《Mishra’s Workshop》の偉大さを感じる。
このカードがあるおかげで無茶なコストも無茶でなくなる事が面白い。
時々、
「自分は《Mishra’s Workshop》が使いたくてヴィンテージやっているのかも。」
と思う事さえある。
そのくらい大好きなカードだ。

-クリーチャー19枚-
4《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker
4《電結の荒廃者/Arcbound Ravager
4《高速警備車/Fleetwheel Cruiser
4《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph
1《磁石のゴーレム/Lodestone Golem
1《銀のゴーレム、カーン/Karn, Silver Golem
1《金属製の巨像/Metalwork Colossus

-アーティファクト枚23枚-
4《抵抗の宝球/Sphere of Resistance
4《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst
2《世界のるつぼ/Crucible of Worlds
2《ニンの杖/Staff of Nin
1《オパールのモックス/Mox Opal
1《魔力の墓所/Mana Crypt
1《Black Lotus
1《Mox Emerald
1《Mox Jet
1《Mox Pearl
1《Mox Ruby
1《Mox Sapphire
1《太陽の指輪/Sol Ring
1《虚空の杯/Chalice of the Void
1《魔力の櫃/Mana Vault

-土地18枚-
4《Mishra’s Workshop
4《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory
4《不毛の大地/Wasteland
2《古えの墳墓/Ancient Tomb
1《裏切り者の都/City of Traitors
1《露天鉱床/Strip Mine
1《トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy
1《発明博覧会/Inventors’ Fair

-サイド15枚-
3《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
3《魔女封じの宝珠/Witchbane Orb
2《トーモッドの墓所
2《道化の帽子/Jester’s Cap
2《カラカス/Karakas
1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds
1《映し身人形/Duplicant
1《トリスケリオン/Triskelion


——————————
カラデシュのカードをいくつか採用。
4枚採用は《高速警備車》。

fleetwheel-cruiser
Fleetwheel Cruiser/高速警備車
コスト:4
アーティファクト 機体(Vehicle)
トランプル、速攻
高速警備車が戦場に出たとき、ターン終了時まで、
これはアーティファクト・クリーチャーになる。
搭乗2(あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを、
パワーの合計が2以上になるように選んでタップする:ターン終了時まで、
この機体(Vehicle)はアーティファクト・クリーチャーになる。)
5/3
レア

毎回うまく行くとは限らないが、

1ターン目、セット《Mishra’s Workshop》。
何か1枚モックスを置いて、
4マナから《高速警備車》を出してパンチ。

2ターン目、セット《ミシュラの工廠》。
ファイレクシアの変形者》を出して、
高速警備車》をコピー。
モックスからマナ出して《ミシュラの工廠》をクリーチャー化。
または、モックスと《ミシュラの工廠》の2マナから、
ファイレクシアの破棄者》を出す。
どちらの場合でも、
1ターン目に出した《高速警備車》に搭乗させて、
高速警備車》2体でパンチ。

これが出来ると2ターン目にして、
相手のライフを15点ほど削れている。
3ターン目には勝てている事もあるだろう。
そうでない場合は茶単のお約束、
4《抵抗の宝球
4《アメジストのとげ
の2枚が相手の足を止めてくれる。

この《高速警備車》が優れている点は、
ヴィンテージデッキタイプの1つである
オースデッキに対して強いこと。

相手のターンの間はただのアーティファクトなので、
相手の《ドルイドの誓い》は動けない。
こちらのターンで《ミシュラの工廠》で搭乗させれば、
戦場に1枚もクリーチャーがいなくても戦える。
パワーが5もあるので、
3~4発のパンチで相手が沈む点も大きい。
ヴィンテージで茶単のデッキはどれも、
オースは結構なほどに苦手な相手だっただけに、
こういった形での対抗方法が出た事は嬉しい。
後からも使い回せる、
茶色い《ボール・ライトニング/Ball Lightning》である。
(コストとパワータフネスからすると《スキジック/Skizzik》だが。)
やろうと思えば、
銀のゴーレム、カーン》で4/4クリーチャーにして殴る事も出来る。
この場合でもトランプル、速攻である。

1枚だけ入れてある《金属製の巨像》は面白そうだなと思いつつ、
お試しで最初に4枚投入してみたが、
使うたびに抜けてしまい、
そろそろ最後の1枚も抜けそうである。
そもそもこのデッキを作った理由が、
カラデシュでこの《金属製の巨像》を見た時に、
「ああ、こういうコスト踏み倒せるカード面白そうだな。」
と思ったのがきっかけだった。
時折随分とコストを踏み倒して着地後、
ファイレクシアの変形者》でコピーして楽しめるものの、
トランプル1つ持ってないので、
一軍に入れるだけの力は無いようだ。
墓地から回収出来る能力よりも、
なんらかの戦闘で役に立つ能力が欲しかったところだ。
アメジストのとげ
世界のるつぼ
ニンの杖
が各1枚ずつ場に出ていれば、
コスト0でプレイ出来る面白い生物なのだが、
やはりヴィンテージの世界では少々力不足だったか。

カラデシュのカードで見た瞬間に興味が沸いたカードは、
金属製の巨像
発明博覧会
高速警備車
の他には、

ギラプールの宇宙儀/Ghirapur Orrery
鋳造所の検査官/Foundry Inspector

の2枚。
ギラプールの宇宙儀》はこんなカード。

ghirapur-orrery
Ghirapur Orrery/ギラプールの宇宙儀
コスト:4
アーティファクト
各プレイヤーは、自分の各ターンに追加の土地を1つプレイしてもよい。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーの手札にカードが無い場合、
そのプレイヤーはカードを3枚引く。
レア

このカードは《金属製の巨像》の代わりに1枚採用しても面白そうだ。
世界のるつぼ》や《不毛の大地》や《露天鉱床》との相性が良い。
相手の土地を潰しつつ、相手の手が止まり、
ギラプールの宇宙儀》の能力を一方的にこちらが使える状況まで押せれば言う事無し。
1枚だけ入れておくだけでも、
発明博覧会》というチューターがあるので、
十分に意味がある。
銀のゴーレム、カーン》で4/4パンチもなかなかに熱い。
金属製の巨像》より活躍しそうだ。
ただ、《金属製の巨像》も十分に組みがいのある1枚だと思ってはいる。
これを主軸にもう1デッキ来んでみたいくらいには気に入っている。

ここのところ、
磁石のゴーレム》制限
虚空の杯》制限
と、茶色のデッキには逆風が吹いていただけに、
カラデシュで戦力になるアーティファクトが出た事は喜ばしい。
次の霊気紛争にも期待したい。

ではまた。



記事作成日:2016/11/10