うめざわてつお。

LegendsのLengendクリーチャーのこらむをとお客様に言われていたので、
久々にこらむをアップすることにいたしました。

その今回のお題がこのカード。

てつお うめざわ。


《Tetsuo Umezawa》 
コスト:青黒赤
伝説のクリーチャー 人間(Human)・射手(Archer)
Tetsuo Umezawaはオーラ(Aura)呪文の対象にならない。
青黒黒赤,T:タップ状態のクリーチャー1体か、
ブロックに参加しているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
レア

いつのまにかこのクリーチャーはルール改正で、
人間と射手のクリーチャータイプがついていた。
絵柄から想像出来るクリーチャータイプくっつけたのだと思われる。

そこまでやるなら武士道1でいいからプレゼントしてやれと言いたい。
あと見た目で考えるなら素直にサムライにしてあげたい。
武士道1つけられないのは仕方ないにしても、
クリーチャータイプにサムライはつけてあげたい。

漢字で書くと

梅澤哲雄?鉄男?徹夫?

多分、神河ブロック最強(最悪)であろうカード、
《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》の持ち主。

本人より十手のほうが強いなんて言っちゃいけません。

本人より十手のほうが高いんじゃ?なんて言っちゃいけません。

本人より十手のほうが場に出しやすいんじゃ?なんて言っちゃいけません。

本人より十手のほうがデッキに入っているなんて言っちゃいません。

本人より十手の…以下略。

この梅澤鉄雄さん(自分の中ではこの漢字だと思っている。)、
MTGカードセットとしては遥か昔のLegendsのレア。

3マナで3/3と及第点のパワーとタフネス。
能力もほとんどデメリットではない。

能力の1つ目、「オーラ呪文の対象にならない。」
何故こんな能力を持っているのか?
それは、
このカードセットであるLegendsが発売された頃、
一番使われていたエンチャントカードが、
《支配魔法/Control Magic》だったためです。
この《支配魔法》は青のコントロールデッキの要のようなカードだった。
当時、エンチャントを破壊出来るカードはとても少なく、
メインに入っているとしたら白が入っているデッキのみと言って過言でなかった。

この《支配魔法》の効果は、

《Contorol Magic/支配魔法》
コスト:2青青
エンチャントオーラ
あなたはエンチャントされているクリーチャーをコントロールする。
アンコモン

梅澤鉄雄さんは武士です。
武士道は持っていなくても武士です。
サムライです。
見た目だけですがサムライです。
ジャパニーズサムライです。
サムライは一主君にしか仕えません。
裏切りません。
さすがサムライです。
梅澤鉄雄さんはオーナー(主君)を裏切りません。

また、同効果であるカード、
《説得/Persuasion》
も効きません。
説得にも応じない頑固さがあります。

さすがサムライです。
《不実/Treachery》
も効きません。
不誠実な事をしない忠誠心があります。

さすがサムライです。

そのわりに
《レガシーの魅惑/Legacy’s Allure》(お金)
《威圧/Dominate》(圧力)
でコントロールを奪われてしまうあたり、
とても日本人らしさを感じないわけにはいきません。
日本人は権威やお金に弱いと言われますからな。
権力とお金の前には屈してしまう男、鉄雄。
そこがまたラブリー。
ラブリー鉄雄。

《レガシーの魅惑》及び、威圧の効果は、

《Legacy’s Allure/レガシーの魅惑》
コスト:青青
エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、
あなたはレガシーの魅惑の上に宝物(treasure)カウンターを1個置いてもよい。
レガシーの魅惑を生け贄に捧げる:レガシーの魅惑の上に置かれた宝物カウンターの数以下のパワーを持つクリーチャー1体を対象とし、そのコントロールを得る。(この効果はターン終了時に終わらない。)
アンコモン

《Dominate/威圧》
コスト:X1青青
インスタント
点数で見たマナ・コストがX以下であるクリーチャー1体を対象とし、
そのコントロールを得る。(この効果はターン終了時に終わらない。)
アンコモン

という効果。
個別エンチャント(オーラ)には対応出来ても、
全体エンチャントやインスタントには耐性が無い鉄雄。
まるで狙って作ったかのようだ。

また、能力の2つ目、
「青黒黒赤T:タップ状態のクリーチャー1体か、ブロックに参加しているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。」

は言うまでもありません。

居合い斬りです。

梅澤鉄雄は武士ですから。

サムライはカタナで斬るが基本です。

サムライスピリッツです。

斬れないのはダークスティール製の物体ぐらいのものです。
(殴りにきた《セラの天使/Serra Angel》も斬れません。)
《白騎士/White Knight》はプロテクション(黒)持っているから斬れないとか、
《悔悟せる鍛冶屋/Repentant Blacksmith》はプロテクション(赤)持っているから斬れないとか、
そんな事言っちゃダメです。
鍛冶屋や騎士に勝てないサムライとかありえないとか言っちゃダメです。

「明らかに起動コストが重くて、
 そんな事する以前に3/3クリーチャーなんだから、
 素直に鉄雄が殴ってるだろ。」

なんて禁句です。

「そもそもデッキに入れてないだろ。」

なんてもっと禁句です。

なにせ、この能力は飛行クリーチャーでも落とせます。

仮にB-29というカードがあったとして、それが飛行を持ち、
クリーチャータイプ・戦闘機であっても落とせます。
竹槍も無しに落とせます。

ええ、そんなカードありませんし、
今後も出る事は無いでしょうけれども。

また、この能力はどんなパワータフネスのクリーチャーでも落とせます。

仮にペリー黒船というカードがあったとして、
それが開国を迫ってきたとしても斬ります。
攘夷派です。

ええ、そんなカードありませんし、
今後も出る事は無いでしょうけれども。

そんなわけで、この梅澤さんは素晴らしいカードなんです。

そこ、
「このコラムを読んだら、買わなくていいやっ!って思った」
なんて言わないように。

筆者であるわたくし、Serraは、
このカードの絵と名前に惚れて、
わざわざ海外から取り寄せまでして買いました。
カードの効果なんて後から知りました。
それでいいんです。
カードは見た目で決めて買うもの。

というわけでCardshop Serraで鉄雄を買いましょう。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事