MTG のシングル通販・買取ならカードショップ セラ3,000円以上は送料無料!

EDHデッキ紹介その217(乱伐者、ボニー・ポール)

記事作成日:2024/07/08 執筆:ウィンター

皆さんこんにちは、ウィンターです。
今回から「サンダージャンクションの無法者」よりデッキ紹介です。
台湾旅行記のタイミングで発売されておりますので、もうすでに皆さん楽しまれているかと思います。

今回の弾は西部劇を舞台にした次元で、あらゆる次元の「無法者」が集まるというテーマです。
名高い無法者が集まった結果、「伝説」のパーマネントが歴代最多収録されております。
その分ジェネラルにし甲斐のあるクリーチャーも多いので、EDHをたくさん遊ぶことが出来る弾です。

 

統率者

そんな「サンダージャンクションの無法者」からトップバッターを務める伝説のクリーチャーはこちら。


乱伐者、ボニー・ポール/Bonny Pall, Clearcutter
コスト:3緑青青
伝説のクリーチャー — 巨人(Giant) スカウト(Scout)
到達
乱伐者、ボニー・ポールが戦場に出たとき、《ボー/Beau》という名前で「このクリーチャーのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールしている土地の数に等しい。」を持つ青の伝説の雄牛(Ox)クリーチャー・トークン1体を生成する。
あなたが攻撃するたび、カード1枚を引く。その後、あなたの手札やあなたの墓地にある土地カード1枚を戦場に出してもよい。

6/5

単純に土地を置いてプレイした場合、合計で12/11相当のクリーチャーになる大型クリーチャーです。
出てくるトークンは土地の枚数を参照してどんどんサイズアップしていくので、速やかにライフが消えていきます。
ジェネラルの効果は他のクリーチャーがアタックしても有効なので、召喚酔いに左右されない利点があります。

6マナで色拘束も強いので、早出しは中々難しいですが継続したリソース源兼アタッカーとして優秀です。
ジェネラルのアタック時効果で墓地に送られた土地に触ることが出来るので土地コンボも使いやすいです。
特にこの手の効果にしては珍しく土地がアンタップで置かれるので、置いた土地の効果をすぐに使うことが可能です。

ジェネラルの生み出すトークンのサイズで圧を掛けながらコンボ成立を目指していきましょう。
以下デッキレシピです。

ジェネラル:《乱伐者、ボニー・ポール/Bonny Pall, Clearcutter
 
-クリーチャー19枚-
喜ぶハーフリング/Delighted Halfling
桜族の斥候/Sakura-Tribe Scout
スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Ranger
溜め込み屋のアウフ/Collector Ouphe
深根の道探し/Deeproot Wayfinder
フェアリーの黒幕/Faerie Mastermind
幽体のこそ泥/Ghostly Pilferer
金粉のドレイク/Gilded Drake
心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit
帳簿裂き/Ledger Shredder
水蓮のコブラ/Lotus Cobra
呪文滑り/Spellskite
イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove
自由放浪団の見張り/Freestrider Lookout
刻み角/Manglehorn
ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator
自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath
ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya
不可思議/Wonder
 
-インスタント20枚-
否定の契約/Pact of Negation
渦まく知識/Brainstorm
輪作/Crop Rotation
狼狽の嵐/Flusterstorm
神秘の教示者/Mystical Tutor
待機/Suspend
白鳥の歌/Swan Song
夏の帳/Veil of Summer
秘儀の否定/Arcane Denial
サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
遅延/Delay
成長のらせん/Growth Spiral
物語の終わり/Tale’s End
召喚の調べ/Chord of Calling
激情の後見/Fierce Guardianship
否定の力/Force of Negation
未知な領域/Realms Uncharted
意志の力/Force of Will
水没/Submerge
運命のきずな/Nexus of Fate
 
-ソーサリー12枚-
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
破滅の終焉/Finale of Devastation
修復/Restore
Timetwister
意外な授かり物/Windfall
荊州占拠/Capture of Jingzhou
時間操作/Temporal Manipulation
時間のねじれ/Time Warp
カーンの経時隔離/Karn’s Temporal Sundering
時のらせん/Time Spiral
永劫での歩み/Walk the Aeons
召し上げ/Expropriate
 
-エンチャント6枚-
踏査/Exploration
神秘的負荷/Mystic Remora
楽園の拡散/Utopia Sprawl
繁茂/Wild Growth
森の知恵/Sylvan Library
リスティックの研究/Rhystic Study
 
-アーティファクト5枚-
宝石の睡蓮/Jeweled Lotus
魔力の墓所/Mana Crypt
魔力の櫃/Mana Vault
太陽の指輪/Sol Ring
世界のるつぼ/Crucible of Worlds
 
-プレインズウォーカー1枚-
覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils
 
-バトル1枚-
イコリアへの侵攻/Invasion of Ikoria
 
-土地35枚-
繁殖池/Breeding Pool
Tropical Island
迷路庭園/Hedge Maze
溢れかえる果樹園/Flooded Grove
冠水樹林帯/Waterlogged Grove
真鍮の都/City of Brass
統率の塔/Command Tower
風変わりな果樹園/Exotic Orchard
マナの合流点/Mana Confluence
溢れかえる岸辺/Flooded Strand
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
沸騰する小湖/Scalding Tarn
霧深い雨林/Misty Rainforest
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
汚染された三角州/Polluted Delta
虹色の眺望/Prismatic Vista
神秘の聖域/Mystic Sanctuary
天上都市、大田原/Otawara, Soaring City
耐え抜くもの、母聖樹/Boseiju, Who Endures
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
古えの墳墓/Ancient Tomb
すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All
出現領域/Emergence Zone
露天鉱床/Strip Mine
不毛の大地/Wasteland
成長の揺り篭、ヤヴィマヤ/Yavimaya, Cradle of Growth
3《森/Forest
4《島/Island

今回はジェネラルのコピー効果を最大限生かす構築にしました。

デッキの使い方

1.まずは土地を増やして《ボー/Beau》を育てよう。
2.手札を循環させながら追加ターンでビートダウン。
3.無限ターンも狙っていこう。

まずは土地を増やして《ボー/Beau》を育てよう。

このデッキの主力アタッカーは《ボー/Beau》ちゃんです。
そのため、まずは戦場の土地の枚数を増やすことが大切です。
土地セットの権利を増やすカードや手札の土地を出すクリーチャーを使って土地を伸ばしていきましょう。


桜族の斥候/Sakura-Tribe Scout
コスト:緑
クリーチャー — 蛇(Snake) シャーマン(Shaman) スカウト(Scout)
(T):あなたの手札にある土地カードを1枚、戦場に出してもよい。
1/1

スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Ranger
コスト:緑
クリーチャー — エルフ(Elf) レインジャー(Ranger)
(T):あなたは、あなたの手札にある土地カード1枚を戦場に出してもよい。起動はソーサリーとしてのみ行う。
1/1

踏査/Exploration
コスト:緑
エンチャント
あなたは、あなたのターンにさらに1つの土地をプレイしてもよい。

また、今回の「サンダージャンクションの無法者」には土地デッキを支えるクリーチャーが存在します。
このカードは他のEDHデッキでも採用が検討できる今回のイチオシクリーチャーです。


自由放浪団の見張り/Freestrider Lookout
コスト:2緑
クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)
到達
あなたが悪事を働くたび、あなたのライブラリーの一番上にあるカード5枚を見る。その中から土地カード1枚をタップ状態で戦場に出してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。この能力は、毎ターン1回しか誘発しない。(悪事を働くとは、対戦相手や対戦相手がコントロールしているものや対戦相手の墓地にあるカードを対象とすることである。)
3/3

各ターンに1度、悪事を働くたびにライブラリートップ5枚の中から土地を出すことが出来るクリーチャーです。
タップインではあるものの、出すことが出来る土地の種類に指定がないので、強力な土地も出し放題です。
特に青緑が絡む土地デッキでは、デッキの動きを支えるような土地も多いので非常に重宝します。

誘発条件になっている「悪事を働く」について解説します。
「悪事を働く」とは、次の(1)~(3)を対象に呪文を唱えたり、起動型能力を起動したり、誘発型能力を使うことを指します。

(1)対戦相手
(2)対戦相手がコントロールしている呪文か能力かパーマネント
(3)対戦相手の墓地にあるカード

簡単に説明すると、あなたが対戦相手に何かしらでちょっかいをかけると「悪事を働いた」ことになります。
青緑のデッキであればカウンターや除去は豊富なので、「悪事を働く」ことは難しくありません。
また、青いデッキであれば好きなだけ悪事を働くことが出来る《呪文滑り/Spellskite》も採用できます。


呪文滑り/Spellskite
コスト:2
クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)
アーティファクト クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) ホラー(Horror)
(青/Φ):呪文1つか能力1つを対象とし、それの対象を呪文滑りに変更する。
((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
0/4

青のファイレクシア・マナによって呪文や能力の対象を《呪文滑り/Spellskite》に変更するクリーチャーです。
この能力、実はあくまで呪文や能力を対象に起動するだけなので、対象の呪文や能力が対象を取っているかに関係なく起動可能です。
つまり、相手が呪文を唱えた時にとりあえず起動することで「悪事を働く」ことが出来ます。

自由放浪団の見張り/Freestrider Lookout》と《呪文滑り/Spellskite》がそろうと毎ターン相手の呪文に合わせて土地を伸ばすことが出来ます。
対戦相手の人数が多く、ターンの多いEDHであれば各ターン1回の縛りも気にせず使っていくことが可能です。
色拘束の緩いコンボですので、他のデッキでも取り入れやすいコンボとなっています。

これらのカードで土地を伸ばして《ボー/Beau》ちゃんのサイズアップを目指しましょう。

手札を循環させながら追加ターンでビートダウン。

ジェネラルと《ボー/Beau》ちゃんが着地したら、どんどん攻撃していきましょう。
攻撃のたびにドローが入るので、息切れしにくいです。
ジェネラルの誘発は墓地の土地もセット出来るので、序盤に使ったフェッチランドを再利用していきましょう。

また、ジェネラルが着地した後であれば強力なサーチになるのが《未知な領域/Realms Uncharted》です。


未知な領域/Realms Uncharted
コスト:2緑
インスタント
あなたのライブラリーから異なる名前の土地カードを最大4枚まで探し、それらを公開する。
いずれかの対戦相手は、それらのカードのうち2枚を選ぶ。
選ばれたカードをあなたの墓地に置き、残りをあなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。

4枚の土地をデッキから探し、その中から相手の選んだ2枚が手札にくるインスタントです。
3マナと軽くインスタントなので、隙なく使うことが可能です。
また、選ばれなかった土地は墓地に落ちるのでジェネラルの効果で回収できるようになります。
ジェネラルさえいれば実質4枚サーチになるので土地デッキであれば採用を検討出来る1枚です。

ジェネラルの効果を利用して攻撃していくと、さすがに出す土地が無いということもあるでしょう。
今回のデッキは青の大量ドロー呪文である《Timetwister》《意外な授かり物/Windfall》《時のらせん/Time Spiral》を採用しているので、土地がなくなったらどんどん使っていきましょう。

土地を並べて《ボー/Beau》ちゃんで攻撃していると、ブロッカーで固められてしまうことも多いと思います。
ボー/Beau》ちゃん自体には回避能力が無いので、攻撃を通すには一工夫必要です。
今回は《Timetwister》や《時のらせん/Time Spiral》とは若干相性が悪いですが、《不可思議/Wonder》を採用しています。


不可思議/Wonder
コスト:3青
クリーチャー — インカーネーション(Incarnation)
飛行
不可思議があなたの墓地にあり、かつあなたが島(Island)をコントロールしているかぎり、あなたがコントロールするクリーチャーは飛行を持つ。
2/2

墓地にあるときに自分が島をコントロールしていると、自分のクリーチャーが飛行を持ちます。
このデッキでは諜報や謀議を行う機会が多いので、墓地に置くこと自体は苦労しないでしょう。
墓地に置けさえできれば空飛ぶ《ボー/Beau》ちゃんが対戦相手に襲い掛かります。

無限ターンも狙っていこう。

追加ターンを打ちながら《ボー/Beau》ちゃんでライフを削りきることが出来るなら問題ないですが、そう上手くいかないのもEDHです。
土地にアクセスしやすいということで、土地を利用した無限ターンを狙うことも頭の片隅にいれておきましょう。

このデッキには2つのコンボを搭載しています。
ゲームを決める時はこの2つを利用することが殆どだと思います。
使うのは《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》です。


神秘の聖域/Mystic Sanctuary
土地 — 島(Island)
((T):(青)を加える。)
あなたが他の島(Island)を3つ以上コントロールしていないかぎり、神秘の聖域はタップ状態で戦場に出る。
神秘の聖域がアンタップ状態で戦場に出たとき、あなたの墓地からインスタントかソーサリーであるカード1枚を対象とする。
あなたはそれをあなたのライブラリーの一番上に置いてもよい。

アンタップ状態で戦場に出ると墓地のインスタントかソーサリーをライブラリートップに置くことが出来ます。
ジェネラルの効果でドローと土地のセットが行えるので、比較的簡単に出来るコンボです。
追加ターンは墓地に残る追加ターンであれば成立します。

必要なカード
・アンタップインする《神秘の聖域/Mystic Sanctuary
・《露天鉱床/Strip Mine》もしくは《不毛の大地/Wasteland》(今回は例として《露天鉱床/Strip Mine》を使います)
・墓地に残る追加ターン(今回は例として《時間操作/Temporal Manipulation》を使います)
・墓地から土地をセット出来るカード
・ジェネラル本体

手順1.《時間操作/Temporal Manipulation》をプレイして追加ターンを獲得。
手順2.墓地か手札から《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》をセットし、効果で使った《時間操作/Temporal Manipulation》をライブラリートップに置く。
手順3.攻撃宣言に入り、ジェネラルの効果でトップに置いた《時間操作/Temporal Manipulation》をドローしつつ、墓地か手札から《露天鉱床/Strip Mine》をセット。
手順4.《露天鉱床/Strip Mine》を起動し《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》を破壊。

手順1.~手順4.を繰り返すことで無限ターンになります。
ちなみに、土地のセット回数が増えている状況だと以下の方法でも無限ターンとなります。

必要なカード
・《神秘の聖域/Mystic Sanctuary
・《露天鉱床/Strip Mine》もしくは《不毛の大地/Wasteland》(今回は例として《露天鉱床/Strip Mine》を使います)
・墓地に残る追加ターン(今回は例として《時間操作/Temporal Manipulation》を使います)
・墓地から土地をセット出来るカード(今回は例として《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》を使います)
・土地を2枚以上セット出来る状況。

手順1.《時間操作/Temporal Manipulation》で追加ターンを獲得。
手順2.《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》セットし、効果で使った《時間操作/Temporal Manipulation》をデッキトップに置き、追加のセットランドで《露天鉱床/Strip Mine》を置き効果起動で《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》を破壊。
手順3.獲得した追加ターンでドローした《時間操作/Temporal Manipulation》をプレイ。
手順4.《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》の効果で《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》セット。効果で使った《時間操作/Temporal Manipulation》をデッキトップに置き、追加のセットランドで《露天鉱床/Strip Mine》を置き効果起動で《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》を破壊。ターンを終了し、手順3に戻る。

これを繰り返すことで無限ターンになります。
無限ターンを獲得したら、あとは煮るなり焼くなり好きにしてしまいましょう。

おわりに

今回は《ボー/Beau》ちゃんによるビートダウンをメインに構築してみました。
土地によるマナ基盤は速度としてはゆっくりですが、破壊されにくく安定感があります。
どっしり地に足をつけながらビートダウンするにはオススメのデッキです。
興味がある方は一度作成されてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PageTop