Vintageのススメ2

前回のコラムより、
「各カードの使い方を教えて」
という意見もあったので、追記するかたちにいたった。

Force of Will》や《渦まく知識/Brainstorm》などの
説明不要とも言えるカード以外が、
どうしてヴィンテージにおいて選択されるべきなのかと、
その使い方を簡単ではあるが解説。

無のロッド/Null Rod
対親和には相当効くだけでなく、
ヴィンテージのデッキはMoxをはじめとして、
多くのアーティファクトからのマナ源がある上に、
精神隷属器/Mindslaver》も止まる。
このカードは2マナとコストも軽く、
相手のスピードを減退させるには十分な1枚。

ヨツンの兵卒/Jotun Grunt
2マナ4/4の能力も強いが、
墓地のカードをライブラリに戻す累加アップキープもやってくれる。
ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》を活用するデッキやドラゴンコンボは
これを出されるときつい状況は結構ある。
ヨーグモスの意志/Yawgmoth’s Will》がデッキに投入されている相手にも効く。
また、自分の使い終わった優秀カードを戻し、
フェッチランドでシャッフル…という動きも非常に効果的。
攻守ともに中々のクリーチャー。

翻弄する魔道士/Meddling Mage
真実の信仰者/True Believer
ヴィンテージの世界ではクリーチャー除去を絞る傾向が強いため、
このようなカード達に活躍の場が与えられている。
翻弄する魔道士》で禁止される1枚でゲームが止まる事は多い。
例えば《ドルイドの誓い/Oath of Druids》だ。
先張りされるとキツいが、《翻弄する魔道士》が先張り出来ると、
それだけで完封出来る事も。
フィニッシュカードを止めるだけでもいい事もある。

真実の信仰者》のほうは、
苦悶の触手/Tendrils of Agony
思考停止/Brain Freeze
天才のひらめき/Stroke of Genius
など、
フィニッシュを決めるカードが撃てないだけではない。
けちな贈り物/Gifts Ungiven》、《直観/Intuition》は、
「対象の対戦相手一人」と書いてあるため、
真実の信仰者》が場にいると撃てなくなってしまう。
どちらのカードも案外と多くの相手に刺さる優秀な2/2クリーチャーだ。

剣を鍬に/Swords to Plowshares
このカードは意外に活躍の場を持っているのだ。
例えば《ドルイドの誓い》デッキはクリーチャーが少ない。
修繕/Tinker》から《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》を持ってくるデッキは、
デッキに《ダークスティールの巨像》以外ダメージソース0なんて事もある。

ドラゴンコンボのデッキは相手が釣ったタイミングを見計らって撃てばOK。
(《世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》のパーマネントをゲームから取り除く効果がスタックに乗ってから)
ゴブリンの溶接工》は可能なら酔っている間に撃て。
ゴブリンの従僕/Goblin Lacky》も同様。
荒技としては、《苦悶の触手》を撃たれた時に、
そのStorm数がギリギリだった場合に自分のクリーチャーに撃ち、生き残る選択もある。

もみ消し/Stifle
計略縛り/Trickbind
これらの使い道の高さは多種多様。
Stormの発生を止める事から
世界喰らいのドラゴン
ドルイドの誓い》にも効くだけでなく、
相手の《不毛の大地/Wasteland》の起動も止まれば、
煙突/Smokestack》や《からみつく鉄線/Tangle Wire》も1ターン無視出来る。
精神隷属器》も当然止まる。
活躍の場が無い事のほうが稀であるとさえ言えるカードだ。
フェッチランドの起動を止めると「土地破壊」をしている事と同じになる。
相手が1ターン動きが遅れるため、序盤ならば非常に効果的である。

露天鉱床/Strip Mine
不毛の大地/Wasteland
この2つはあまり説明はいらないだろう。
最も、ただ単純に土地を割ればいいというものでもない。
ただ、「何故、《露天鉱床》は1枚制限カードなのか。」
を考えればおのずと答えは出るだろう。
「強いから」は理由ではない。
考えるべきは何故強いかである。
この2種のカードで土地を破壊する事は、
ときに相手を事故らせ、
ときには擬似追加ターンとなる。


真髄の針/Pithing Needle
ゴブリンの溶接工》と言うもよし、
Bazaar of Baghdad》と言うもよし。
状況次第ではフェッチランドを止める事も間違いではない。
止めたいものは山ほどある。
1マナのアーティファクトなので、どんなデッキでも入れておける点も強み。

トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
ヴィンテージはゴブリン以外では墓地を利用するデッキが多い。
ヨーグモスの意志》だけは撃たれてはいけない。
あれほどアドバンテージを持っていくカードはあまりない。

たまにいるスレッショルドやフリゴリッド(発掘デッキ)相手にも効く。
0マナのアーティファクトのため、《真髄の針》同様、
どんなデッキにも投入しやすいところもまた強し。
ただ、《無のロッド》があると起動不可になるので注意。

Old Man of the Sea
白青の同キャラ対戦用。
一応ゴブリン相手にも効くが少し遅め。

梅澤の十手/Umezawa’s Jitte
同キャラ対戦用兼《無のロッド》等が無駄になる相手などにも。
ヴィンテージでもいわゆる「十手ゲー」となる場合はある。
地味にどの能力もそれなりに使えるという強みがある。

薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain
Dragon、Stax対策だが、親和にも効く。
ヨツンの兵卒》や《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》と若干相性が悪いのが欠点。
ただ、能力は弱くない。

深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours
先にも述べたがヴィンテージはクリーチャー対策が薄いので、
いいアタッカー+ドローエンジンとなる。
翻弄する魔道士》を戻し、
禁止するカードを宣言しなおす事も出来る。
ヨツンの兵卒》の累加が払いにくくなった頃に戻すという手もあるが、
滅多には起きない状況だろう。

銀騎士/Silver Knight
対ゴブリン専用機。
白白のコストよりも白青のコストのほうが出やすいだけに、
ガリーナの騎士/Galina’s Knight》でもOKだが、
ガリーナの騎士》だと《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》が止められない。
一長一短。

非凡な虚空魔道士/Voidmage Prodigy》
意志を曲げる者/Willbender》
賛美されし天使/Exalted Angel》
天使は言うまでもないカードだが、
他2つもかなりやってくれるカード。
意志を曲げる者》はフィニッシュ返しも出来るが、
(《天才のひらめき》のX=50以上を相手に跳ね返す等)
単純に相手の《Ancestral Recall》をこちらに向けるだけでも勝てる事がある。
非凡な虚空魔道士》は変異では出さないだろうが、
後半ならば《賛美されし天使》と思わせるトラップとしてありえる。

嵐景学院の弟子/Stormscape Apprentice
弱いコモンカードなどと思ってはいけない。
これ1枚で《怒りの天使アクローマ/Akroma,Angel of Wrath》、
ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》等が1体止まる。
スタンダード時代に見向きもされなかったカードではあるが、
ヴィンテージの世界では活躍の場を持つカードである。
タッチ黒していると1ライフ狙える点も忘れてはいけない。

ロノムの一角獣/Ronom Unicorn
ドルイドの誓い》とドラゴンコンボにだけよく効く。
メインでも悪くは無い。腐っても2マナ2/2である。
古の法の神/Kami of Ancient Law》でも同じ。

粗石の魔道士/Trinket Mage
真髄の針
トーモッドの墓所
Moxシリーズ
Black Lotus
虚空の杯/Chalice of the Void
上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》など、
持ってこられるものが多い。
アドバンテージ重視、コントロール重視型のデッキを組む場合に。

アーティファクトランドを仕込む場合は
戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》や《無のロッド》との相性が悪くなるため、
デッキの組み方を変える必要がある。

疑念の影/Shadow of Doubt
Tutorと名のつくカードが潰せる。
けちな贈り物/Gifts Ungiven》、《直観/Intuition》、フェッチランドの起動も潰せる。
地味に見えるが、刺さるとアドバンテージやテンポがとれるカード。

残響する真実/Echoing Truth
拭い捨て/Wipe Away
ドラゴンコンボに効くのは当然のこと、
修繕》から降臨した《ダークスティールの巨像》が戻る、
ドルイドの誓い》から降臨した《怒りの天使アクローマ》等が戻る。
これらは《渦まく知識》で戻して出しなおさないと滅多に場に出なくなるため、
そのタイムアドバンテージで勝負を決めに行く事が必至である。
刹那付の《拭い捨て》は起動能力を持つパーマネントを戻すに適している。

摘出/Extract
フィニッシュカードの少ないデッキに通れば瞬殺の場合有り。
苦悶の触手》1枚だけが勝ち手段だったりするデッキもある。
2発で完全に沈黙させられるケースは多い。

相殺/Counterbalance
師範の占い独楽》や《渦まく知識》、フェッチランドと組み合わせる。
さらにこれをタッチ黒して《闇の腹心/Dark Confidant》と合わせると面白さが変わる。
自動カウンター装置としてかなり優秀。

魔力流出/Energy Flux
戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage
親和、Stax対策。
戦争の報い、禍汰奇》はメインに入れる選択もおおいに有りだ。
ただ、筆者は親和を使っている時、
これらを張られても平然と勝った経験もある。
相手のプレイングが上手いと張っても倒される危険性はある。
それが親和の恐ろしいところ。

追記。
タッチ黒で、
根絶/Extirpate
ドラゴンコンボ殺しとしてほぼ最強に近いだけでなく、
Force of Will》や《剣を鍬に》、
ゴブリンの溶接工》に撃っても効果的。
1枚のカードが2度と撃たれない保証を得られる事は大きい。
また、《不毛の大地》からの土地破壊から《根絶》させると面白い事もある。
Mishra’s Workshop》や《Bazaar of Baghdad》《禁忌の果樹園/Forbidden Orchard》あたりは、
相手のデッキから消してしまいたい土地ベスト3というところではないだろうか。
もっとも、相手の《不毛の大地》を《根絶》する事も十分にアリだ。

以上。

あくまで自分の視点での解説ではあるが、
おわかりいただけただろうか。
このデッキを使う際、使われる際にお役に立てれば幸いである。

ではまた。