MTG のシングル通販・買取ならカードショップ セラ3,000円以上は送料無料!

EDHデッキ紹介その211(略奪の母、汁婆)

記事作成日:2024/02/15 執筆:カミシロ

初めまして、今回、縁あってデッキを載せてもらうことになりました、カミシロと言います。
今後もコラムにデッキを載せてもらう機会が有ると思いますので、その時は皆さま生暖かい目で見ていただければと思います。

今回は今となっては古のジェネラル、シャドウムーアより《略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmother》のデッキを紹介したいと思います。

統率者

略奪の母、汁婆
略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmother
コスト:4(赤/緑)(赤/緑)
伝説のクリーチャー — ゴブリン(Goblin)・シャーマン(Shaman)
略奪の母、汁婆が戦場に出たとき、赤であり緑である1/1のゴブリン(Goblin)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークンを2体生成する。
あなたが唱える赤か緑の各インスタント呪文か各ソーサリー呪文は共謀を持つ。
(あなたがその呪文を唱えるに際し、あなたはあなたがコントロールする、その呪文と共通の色を持つアンタップ状態のクリーチャーを2体タップしてもよい。
そうした場合、その呪文をコピーし、あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)
3/3

自分の赤と緑のインスタント、ソーサリーに共謀を持たせるお婆ちゃん。

戦場に出た時に共謀のコストに使える赤緑のゴブリンも引き連れてきてくれます。

デッキとしては、汁婆の能力の関係上、クリーチャーは出来る限り共謀要員として使いたいので、能力の起動にタップを必要としないものを極力優先的に、
インスタントやソーサリーは共謀しなくても使い道があり、共謀するとよりメリットがあるものを優先的に採用します。

デッキリストは以下の通り。

デッキリスト

ジェネラル:《略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmother》クリーチャー:31枚
若き紅蓮術士/Young Pyromancer
背信のオーガ/Treasonous Ogre
二重詠唱の魔道士/Dualcaster Mage
帝国の徴募兵/Imperial Recruiter
鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
エルフの神秘家/Elvish Mystic
極楽鳥/Birds of Paradise
苛性イモムシ/Caustic Caterpillar
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
大樫の守護者/Great Oak Guardian
ウッド・エルフ/Wood Elves
刻み角/Manglehorn
覚醒根の精霊/Wakeroot Elemental
水蓮のコブラ/Lotus Cobra
威厳の魔力/Regal Force
森林の怒声吠え/Woodland Bellower
再利用の賢者/Reclamation Sage
進歩の災い/Bane of Progress
ティタニアの僧侶/Priest of Titania
ほくちの壁/Tinder Wall
忍耐/Endurance
喜ぶハーフリング/Delighted Halfling
フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves
永遠の証人/Eternal Witness
溜め込み屋のアウフ/Collector Ouphe
コグラとイダーロ/Kogla and Yidaro
波止場の恐喝者/Dockside Extortionist
野生の朗詠者/Wild Cantor
ゴブリンの壊乱術士/Goblin Anarchomancer
炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》インスタント:10枚
戦いの賛歌/Battle Hymn
削剥/Abrade
偏向はたき/Deflecting Swat
煮えたぎる歌/Seething Song
活性の力/Force of Vigor
みなぎる活力/Vitalize
輪作/Crop Rotation
内にいる獣/Beast Within
召喚の調べ/Chord of Calling
魔力変/Manamorphose》ソーサリー:21枚
双つ身の炎/Twinflame
熱の陽炎/Heat Shimmer
ジェスカの意志/Jeska’s Will
Wheel of Fortune
リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
スカイシュラウドの要求/Skyshroud Claim
エント最後の進軍/Last March of the Ents
探検/Explore
三顧の礼/Three Visits
自然の知識/Nature’s Lore
異界の進化/Eldritch Evolution
破滅の終焉/Finale of Devastation
粗野な覚醒/Rude Awakening
調和/Harmonize
新たな芽吹き/Regrowth
巫師の天啓/Shamanic Revelation
自然の秩序/Natural Order
動員/Mobilize
歯と爪/Tooth and Nail
僻境への脱出/Escape to the Wilds》アーティファクト:5枚
太陽の指輪/Sol Ring
魔力の墓所/Mana Crypt
頭蓋骨絞め/Skullclamp
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar

土地:32枚
英雄の公有地/Plaza of Heroes
統率の塔/Command Tower
Taiga
踏み鳴らされる地/Stomping Ground
火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
尖塔の庭/Spire Garden
カープルーザンの森/Karplusan Forest
根縛りの岩山/Rootbound Crag
燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows
霧深い雨林/Misty Rainforest
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
乾燥台地/Arid Mesa
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
沸騰する小湖/Scalding Tarn
魂の洞窟/Cavern of Souls
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
さびれた寺院/Deserted Temple
古えの墳墓/Ancient Tomb
家路/Homeward Path
露天鉱床/Strip Mine
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
3《山/Mountain
5《森/Forest

回し方

大まかな動きとしては次のようになります。

1、マナ加速クリーチャーを展開
2、婆着地
3、共謀した呪文で手札とマナを増やしながらクリーチャーも展開
4、揃ったコンボでフィニッシュ

デッキの性質としては、いわゆるチェイン・コンボタイプのデッキであり、決まるかどうかもわからない見切り発車の状態から動き始めたりもします。

そのようなこともあり、うっかりすると共謀したいスペルの色のクリーチャーが足りない、撃ちたいスペルに必要な色のマナがないと言った事態に陥るため、アンタップ状態のクリーチャーの色や数、各色の残りマナ量等、様々なものをしっかり管理しなければいけません。

また、クリーチャーさえ並べば、インスタント、ソーサリーはほぼ共謀して撃つので、相手がカウンターを構えていても、呪文本体、コピーのどちらかは通ることが多いです。

どうしてもカウンターが気になる人や気にしなければいけない環境の人は、《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》や《アロサウルス飼い/Allosaurus Shepherd》、《夏の帳/Veil of Summer》などを採用するといいと思います。

無限コンボ

鏡割りのキキジキ》+《大樫の守護者》→速攻持ち無限トークン

古くからあるコンボの一例なので、手順は皆知ってると思いますが、一応の解説をします。

鏡割りのキキジキ》と《大樫の守護者》が戦場にある状態で、《鏡割りのキキジキ》の能力で《大樫の守護者》をコピーします。

大樫の守護者》の能力で《鏡割りのキキジキ》がアンタップされるので、また《鏡割りのキキジキ》で《大樫の守護者》をコピー、以降はこれを繰り返して大量の《大樫の守護者》のトークンを並べます。

鏡割りのキキジキ》で生成したトークンは速攻を持っているため、大量の《大樫の守護者》トークンで攻撃して終わりです。

相方の《大樫の守護者》は単体で使用しても、自分のクリーチャーを全部アンタップ出来るため、タップ状態になってしまった共謀要員を再利用するのにも使えます。

主なキキジキコンボへのアクセス手段としては主に《歯と爪》。

それ以外は、共謀前提にはなりますが《異界の進化》、《召喚の調べ》、《破滅の終焉》なども有ります。

その中でも《異界の進化》は追加コストの生け贄を汁婆にすることで、3マナでキキジキコンボを揃えることができますが、妨害されたときの被害が大きいので、良く状況を見て使いましょう。

覚醒根の精霊》+《ガイアの揺籃の地》または《ニクスの祭殿、ニクソス》→無限マナ

ガイアの揺籃の地》から6マナ以上、または《ニクスの祭殿、ニクソス》から緑が8マナ以上出る状況で、それらの土地から緑マナを出します。

その後、《覚醒根の精霊》の能力でそれらの土地を対象にしてアンタップします。

覚醒根の精霊》の能力の起動が緑5マナのため、緑が1マナ以上余り、後はこの手順を繰り返すだけでお手軽に無限マナになります。

ニクスの祭殿、ニクソス》の場合は緑無限マナの後に指定を赤マナに切り替えるだけで無限赤マナも出ます。

ガイアの揺籃の地》の場合は、緑無限マナの後に適当な赤マナが出る土地に《覚醒根の精霊》の能力を使うだけで無限赤マナの捻出が可能です。

直接勝利に繋がるコンボではないですが、無限マナが出るのでそのままチェインを繋いで、他のコンボまで繋げることができます。

また、今回のリストでは採用していませんが、《シヴの地溝/Shivan Gorge》を採用すれば、赤無限マナから《覚醒根の精霊》で《シヴの地溝》を対象にすることで無限ダメージを与えることが可能です。
各種クリーチャーサーチと《輪作》が有れば、比較的容易に必要なパーツを集められるのも利点です。

二重詠唱の魔道士》+《双つ身の炎》または《熱の陽炎》→速攻持ち無限トークン

通常の手順だと、《双つ身の炎》か《熱の陽炎》を唱えたときにスタックして《二重詠唱の魔道士》を唱えることにより、スタック上の《双つ身の炎》か《熱の陽炎》を《二重詠唱の魔道士》の能力でコピー。

出てきた《二重詠唱の魔道士》トークンで再度呪文をコピー。

以上の手順を繰り返すことにより無限の《二重詠唱の魔道士》トークンを出すことができ、また《双つ身の炎》、《熱の陽炎》のトークンは速攻を持っているため、大量の《二重詠唱の魔道士》トークンで攻撃して終わり、という手順になり、《二重詠唱の魔道士》を先に唱えたりしてしまうとコンボが成立しなくなります。

しかし、汁婆の場合は先に別の呪文で《二重詠唱の魔道士》を利用したとしても、《双つ身の炎》か《熱の陽炎》を共謀で唱えることで、共謀でコピーされたスペルの解決により《二重詠唱の魔道士》トークンが戦場に出た時に本体の呪文がスタック上にあるため、そのままコンボに入ることができます。

双つ身の炎》と《熱の陽炎》はこのデッキではサーチは厳しいですが、代わりにこれらは無限コンボで使用する以外にも、ETBクリーチャーの能力の使いまわしや汁婆等をコピーして共謀用のクリーチャーを増やしたり、《ティタニアの僧侶》をコピーして赤マナから緑マナへのマナの色変換とマナ量の増加等、様々な使い方ができます。

終わりに

以上、拙い文章ですが、《略奪の母、汁婆》のデッキ紹介になります。

EDHは遊んでる環境によっても採用カードが変わるとも思っているので、必ずしも私の構築が正解とは思っていませんが、何かしら読んでくれた方の助けになれれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PageTop