MTG のシングル通販・買取ならカードショップ セラ3,000円以上は送料無料!

ウィンターの #今年お世話になったカード 2023

記事作成日:2023/12/25 執筆:ウィンター

みなさんこんにちは、ウィンターです。
これが2023年の自分の最後のこらむになると思います。
今年も1年、ありがとうございます。

2023年の総くくりということで、今年お世話になったカードを紹介していこうと思います。
書きたいカードは色々ありましたが、20選としました。
お世話になった順というわけではないですが、印象に残ったカードをピックアップしたのでよろしくお願いします。

1.《錆ゴライアス/Rust Goliath

Rust Goliath
コスト:1緑緑
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)
到達、トランプル
//—試作部分—//
コスト:3緑緑
試作(あなたはこの呪文を、異なるマナ・コスト、色、サイズで唱えてもよい。これは能力とタイプを保持する。)
3/510/10

試作で出すとマナが半分になるかわりに、サイズが大きく縮む到達トランプル持ちのクリーチャー。
何故と思われる方のために説明しますと、僕がパウパーでこのカードを使ったからです。
たまたま参加したチーム戦でパウパー要員がいないということで、自分がパウパーで参加しこのカードを採用しました。

このカードを採用したパウパーのトロンにおいてメインアタッカーとして使っています。
幽霊のゆらめき/Ghostly Flicker》でブリンクすることで、試作で出した《錆ゴライアス/Rust Goliath》を新品にすることが出来ます。
そのままビートダウンしてゲームを速やかに片付けましょう。

2.《敬慕される腐敗僧/Venerated Rotpriest

コスト:緑
クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) ドルイド(Druid)
毒性1(このクリーチャーから戦闘ダメージを受けたプレイヤーは追加で毒(poison)カウンター1個を得る。)
あなたがコントロールしているクリーチャー1体が呪文の対象になるたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは毒カウンター1個を得る。1/2

今年のプレイヤーズコンベンション横浜で使用し、スタンダードでお世話になりました。
対象を取るだけで相手に毒カウンターを与えられるので、コンボデッキとビートダウンの掛け合わせのようなことが出来ました。
スタンダード環境だけでも対象を取る手段は豊富で、みるみる毒が溜まります。

本番の戦績自体は奮わなかったのですが、1回だけ3キルを決めたのは気持ちよかったですね。
渦巻く霧の行進/March of Swirling Mist》が一番輝くデッキだったと思います。
また使う機会があったらやってみたいです。

3.《冬の神、ヨーン/Jorn, God of Winter》+《霧氷杖、カルドリング/Kaldring, the Rimestaff

第1面《冬の神、ヨーン/Jorn, God of Winter
コスト:2緑
伝説の氷雪クリーチャー — 神(God)
冬の神、ヨーンが攻撃するたび、あなたがコントロールしているすべての氷雪パーマネントをアンタップする。
3/3

第2面《霧氷杖、カルドリング/Kaldring, the Rimestaff
コスト:1青黒
伝説の氷雪アーティファクト
(T):あなたの墓地から氷雪パーマネント・カード1枚を対象とする。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。そうしたなら、それはタップ状態で戦場に出る。

僕の好きなEDHのジェネラルですが、この時はパイオニアでお世話になりました。
カルドハイムがスタンダードから消えたあと、いつか使いたいなと思っていたカードです。
パイオニアまでのプールでもインスタント・タイミングで使用可能なカードが増えたので作ることにしました。

土地をアンタップし《記憶の氾濫/Memory Deluge》や《船砕きの怪物/Hullbreaker Horror》につなげるのが非常に強力です。
4ターン目に《船砕きの怪物/Hullbreaker Horror》が出てくると流石にゲームエンドレベルです。
裏面の《霧氷杖、カルドリング/Kaldring, the Rimestaff》とセットで出せると墓地利用もお手の物になります。

デッキ紹介はこちら

4.《死霊堤の司祭/Priest of the Haunted Edge

コスト:1黒
氷雪クリーチャー — ゾンビ(Zombie) クレリック(Cleric)
(T),死霊堤の司祭を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたがコントロールしている氷雪土地の数に等しい。起動はソーサリーとしてのみ行う。0/4

タップして生け贄に捧げると、相手のクリーチャーを自分の氷雪土地の数だけマイナス修正を与えるクリーチャーです。
先ほどの《冬の神、ヨーン/Jorn, God of Winter》のパイオニアデッキでメインの除去札として活躍しています。
裏面の《霧氷杖、カルドリング/Kaldring, the Rimestaff》で墓地から何度も釣り上げて再利用が可能です。

ちなみに個人的にツボだったのは友人に「《税血の収穫者/Bloodtithe Harvester》ご存じないのですか?」とツッコミを受けたことです。
やってることは大体同じなので確かにと納得してしまいました。
氷雪デッキにも《税血の収穫者/Bloodtithe Harvester》を下さい、ウィザーズさん。

5.《剛胆な考古学者、アーデン/Ardenn, Intrepid Archaeologist

コスト:2白
伝説のクリーチャー — コー(Kor) スカウト(Scout)
あなたのターンの戦闘の開始時に、パーマネント1つかプレイヤー1人を対象とする。あなたは、望む数の、あなたがコントロールしているオーラ(Aura)や装備品(Equipment)をそれにつけてもよい。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)2/2

台湾に行ったときに使っていた共闘デッキの片割れくん。
自分のターンの戦闘開始時に、自分の装備品やオーラを対象のクリーチャーに好きなだけつけることが可能です。
普段はもっぱらコスト役の《ロフガフフの息子、ログラクフ/Rograkh, Son of Rohgahh》がコンバットで輝くことが出来るデッキでした。

それぞれのコストが軽く、ちょっとした除去を受けてもすぐに元の盤面になるのでコンバットで圧をかけたい方にはオススメです。
ただ《ロフガフフの息子、ログラクフ/Rograkh, Son of Rohgahh》自体のヘイトが若干高いので、すぐに焼かれてしまうのがネックです。
台湾で遊んでいた時も、とりあえず1ターン目に置いたログくんに《稲妻/Lightning Bolt》が撃ち込まれたので気を付けたほうがいいでしょう。

デッキ紹介はこちら
Rograkh

6.《デジェルとハゾレト/Djeru and Hazoret

コスト:2赤赤白
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 神(God)
あなたの手札にあるカードが1枚以下であるかぎり、これは警戒と速攻を持つ。
これが攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上にあるカード6枚を見る。あなたはその中から伝説のクリーチャー・カード1枚を追放してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。ターン終了時まで、あなたはその追放されているカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。5/4

攻撃のたびにライブラリーの上から6枚を確認し、伝説のクリーチャーを踏み倒して唱えることが可能です。
伝説のクリーチャーはどれもカードパワーが高いので、このカードをジェネラルに置いたデッキは作りやすいと思います。
マジック30周年の記念すべき年で、デッキに入りそうなあらゆる伝説のクリーチャーを調べるのは歴史を感じることができ楽しかったです。

実はレガシーでも少しだけ採用実績があり、Show and Tellのデッキに採用されていました。
白マナのごまかし自体は《水蓮の花びら/Lotus Petal》で出来るので、意外と素出しが出来ます。
自分が使ったときは相手の《カラカス/Karakas》を見ながら手札にたたずんでいたので、使うメタゲームは確認してから使いましょう。

デッキ紹介はこちら
Djeru and Hazoret

7.《予想外の結果/Unexpected Results

コスト:2緑青
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 神(God)
あなたの手札にあるカードが1枚以下であるかぎり、これは警戒と速攻を持つ。
これが攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上にあるカード6枚を見る。あなたはその中から伝説のクリーチャー・カード1枚を追放してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。ターン終了時まで、あなたはその追放されているカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

4マナで何かが起こるとんでもないソーサリーです。
僕が一番愛するソーサリーなのですが、今年もお世話になりました。
2マナから4マナにつながるカードが増えたことで、3ターン目の安定感が上がりました。

そう都合よく当たらないと考えている方もいると思うので、ちょっとしたおまじないを教えてあげましょう。
当たりが出るか出ないかは50%です、つまり5を四捨五入すると100%当たります
このデッキを使うときはこれぐらいの心持ちで使いましょう。

8.《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End

コスト:13
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)
この呪文を唱えるためのコストは、あなたの墓地にあるカードに含まれるカード・タイプ1種類につき(1)少なくなる。
あなたがこの呪文を唱えたとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーの次のターンの間、あなたはそのプレイヤーのコントロールを得る。そのターンに続いて、そのプレイヤーは追加の1ターンを得る。
飛行、トランプル、プロテクション(インスタント)13/13

文字通りの「約束された終末」をもたらしてくれるエムラクールさん、パイオニアではお世話になりました。
現在パイオニアで使っている《予想外の結果/Unexpected Results》のあたり枠として採用されています。
3ターン目や4ターン目に出てくると、あまり悪さが出来ませんが13点飛行トランプルが止まるわけもないのでそのまま押し切ることが可能です。

相手のターンを奪う効果はパイオニアでは悪用しにくいように見えますが、マッチアップによってはクリティカルなカードになることもあります。
例えばロータスコンボには相手が準備を整えたあたりで出すことが出来ると、そのまま相手のコンボで勝ちに行くことが出来ます。
ラクドス・サクリファイスあたりも相手のサクり台を活用して戦場をボロボロにすることが可能です。

ただターンを渡すだけになってしまうこともありますが、影響力は甚大です。
今後もお世話になりますので何卒宜しくお願い致します。

9.《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn

Emrakul, the Aeons Torn
コスト:15
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)
この呪文は打ち消されない。
あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(1色以上の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。15/15

敬虔なShow and Tellデッキのユーザーなので、このカードにもお世話になりっぱなしです。
間違いなくMTG30年の歴史で見ても最強のクリーチャーでしょう。
そんなクリーチャーを3マナで出すことが出来る!そう、実物提示教育/Show and Tellならね。

Type1.5から続くレガシーというフォーマットで、どれだけ最新カードが出てもずっと大会環境にいるデッキです。
そのメインフィニッシャーとなるのが、この《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》です。
このカードをたくさん使って勝ちましたし、たくさん相手にも使われました。

10.《計算された爆発/Calibrated Blast

Calibrated Blast
コスト:2赤
土地でないカードが公開されるまで、あなたのライブラリーの一番上から1枚ずつ公開していく。それらの公開されたカードをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。あなたがこれにより土地でないカードを公開したとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。計算された爆発はそれにそのカードのマナ総量に等しい点数のダメージを与える。
フラッシュバック(3)(赤)(赤)(あなたはあなたの墓地から、このカードをフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後、これを追放する。)

僕が今年の春ごろに使っていたShow and Tellバーンのメイン火力です。
土地でないカードが捲れるまでデッキを表向きにし、その捲れたカードのマナコスト分のダメージを与えます。
インスタントで使用可能なので、隙無く火力を打ち込むことが出来るのが魅力です。

特にレガシーレベルまで来ると、序盤軽率にライフを支払うことが多いので15点も与えると大体致死量です。
フェッチランド・《古えの墳墓/Ancient Tomb》・《思考囲い/Thoughtseize》などライフが必要な強力なカードは多いです。
一度15点を決めると病みつきになると思いますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

11.《残虐の執政官/Archon of Cruelty

コスト:6黒黒
クリーチャー — 執政官(Archon)
飛行
残虐の執政官が戦場に出るか攻撃するたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げ、カード1枚を捨て、3点のライフを失う。あなたはカード1枚を引き、3点のライフを得る。6/6

出た時またはアタック時に小さな《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》を行うクリーチャーです。
Show and Tellデッキのフィニッシャーとして使われ出しています。
引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と違って《カラカス/Karakas》で戻されないのは利点です。

レガシーモダンで使ってお世話になりました。
飛行を持っているおかげでほぼブロックされないため、出て攻撃まで行けば12点ほどライフが動きます。
ライフ回復のおかげで、強力なビートダウンデッキ相手にも真っ向から立ち向かうことが出来る強さがあり、非常にお世話になった1枚です。

12.《ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane

コスト:5黒赤
伝説のクリーチャー — アバター(Avatar) デーモン(Demon)
この呪文を唱えるためのコストは、このターンに生け贄に捧げられたパーマネント1つにつき(1)少なくなる。
速攻
ドゥリンの禍、バルログは伝説のクリーチャーにしかブロックされない。
ドゥリンの禍、バルログが死亡したとき、アーティファクトやクリーチャーのうち対戦相手がコントロールしている1つを対象とする。それを破壊する。7/5

今年一番お世話になったといっても過言ではない1枚です。
ターン中に生け贄に捧げられたパーマネント1つにつき1マナ軽くなるクリーチャーです。
速攻をもち伝説以外のクリーチャーにブロックされないので、見た目以上にアタックは通しやすいです。

生け贄カウント自体は自分以外のプレイヤーのものも参照するので、布告除去や全体生け贄カードを使うと簡単にコストが軽くなります。
個人的なオススメカードは《小悪疫/Smallpox》です。
EDHをやっていると打たれた経験がある人と会うことはあまりないかと思うので、土地が伸びてないタイミングで打ち込むと非常にいいリアクションが見れるでしょう。

デッキ紹介はこちら
Balrog

13.《大地割り/Crack the Earth

Crack the Earth
コスト:赤
ソーサリー — 秘儀(Arcane)
各プレイヤーは、パーマネントを1つ生け贄に捧げる。

今年日本で1番このカードを使ったと自負できるくらいには打ち込んだカードです。
全員がパーマネントを1つ生け贄に捧げるカードなので、基本的にはアドバンテージを損失するカードですが《ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane》デッキでは話が変わります。
ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane》では4マナ軽減しながら全員の足を引っ張るカードになります。

特に最後手番でハンドが整っていると、全員の土地かマナ・アーティファクトを破壊しながら《ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane》までつながるので手番がひっくり返ります。
大地割り/Crack the Earth》で何度も後手番からゲームの勝利を決めているので、非常にお世話になっています。

14.《燎原の火/Wildfire

Wildfire
コスト:4赤赤
ソーサリー
各プレイヤーは土地を4つ生け贄に捧げる。燎原の火は、すべてのクリーチャーにそれぞれ4点のダメージを与える。

まさか令和にこのカードにお世話になるとは思ってもみませんでした。
全員が土地を4枚生け贄に捧げ、全クリーチャーに4点を与えます。
土地を「生け贄」に捧げるので例によって《ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane》のコスト軽減になります。

ドゥリンの禍、バルログ/The Balrog, Durin’s Bane》を出した後でも、自身のタフネスが5あるので遠慮なく打ち込むことが可能です。
逆転の1手としても、より有利な盤面にするための1手としても有用な1枚です。
余談ですが、とある大会の決勝卓で《燎原の火/Wildfire》を使ったら拍手が起きました。
あれほど気持ちのいい《燎原の火/Wildfire》に今後の人生で出会うことはないでしょう。

15.《滞留者の相棒/Sojourner’s Companion

コスト:7
アーティファクト クリーチャー — サラマンダー(Salamander)
親和(アーティファクト)
アーティファクト・土地サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:あなたのライブラリーからアーティファクト・土地カード1枚を探し、公開し、あなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。)4/4

アーティファクト親和の能力を持ち、アーティファクト・土地サイクリングの能力もあるクリーチャーです。
モダンのアーティファクト親和デッキで自分が愛用している1枚です。
盤面のアーティファクトの状況によっては、1マナ0マナで出てくる4/4として運用可能です。

アーティファクト・土地サイクリングの効果は《湖に潜む者、エムリー/Emry, Lurker of the Loch》と相性がよく、土地を伸ばしながら墓地からのプレイを狙うことが可能です。
また0マナで出る見た目7マナのクリーチャーなので、《新生化/Neoform》とも相性が良いです。
滞留者の相棒/Sojourner’s Companion》と《新生化/Neoform》の組み合わせで《残虐の執政官/Archon of Cruelty》を出すデッキでよく遊んでいました。

16.《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend

コスト:8
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) タコ(Octopus)
瞬速
現出(5)(青)(青)(あなたはこの呪文を、クリーチャー1体を生け贄に捧げるとともに(X)だけ減らした現出コストを支払って唱えてもよい。Xはそのクリーチャーのマナ総量に等しい。)
あなたがこの呪文を唱えたとき、パーマネント最大4つを対象とし、それらをタップする。5/6

現出によりコスト軽減が出来るクリーチャーで、唱えた時の誘発で土地を4枚タップします。
禁止にされる前に使っていた豆の木をのぼれ親和のメインフィニッシャーでした。
豆の木をのぼれ/Up the Beanstalk》自体も《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》や《滞留者の相棒/Sojourner’s Companion》に反応してドローが出来るので、アドバンテージを確保しながら相手の動きを牽制出来ました。

親和デッキの場合は、《滞留者の相棒/Sojourner’s Companion》だけでなく《思考の監視者/Thought Monitor》も現出の餌に出来ます。
現出で墓地に送ったアーティファクトは《湖に潜む者、エムリー/Emry, Lurker of the Loch》で再キャスト可能なので、思ったよりもシナジーの塊です。
豆の木をのぼれ/Up the Beanstalk》が禁止になってしまったので使えなくなってしまいましたが、またどこかでリメイクして使ってあげたい1枚です。

17.《完全化の杖/Staff of Compleation

コスト:3
アーティファクト
(T),1点のライフを支払う:あなたがオーナーであるパーマネント1つを対象とする。それを破壊する。
(T),2点のライフを支払う:好きな色1色のマナ1点を加える。
(T),3点のライフを支払う:増殖を行う。
(T),4点のライフを支払う:カード1枚を引く。
(5):完全化の杖をアンタップする。

使ってみると分かるありがたさのある1枚です。
このカードにも非常にお世話になったと思います。
マナ生成・増殖・ドローとどの能力も非常に優秀ですがライフコストが結構重いので、使い過ぎにはご用心。

1番上のパーマネント破壊能力ですが、EDHでは意外と使うタイミングがあります。
破壊するパーマネントは自分がオーナーのパーマネントなので、コントロール奪取されたパーマネントに対して有効です。
EDHでは《金粉のドレイク/Gilded Drake》をよく見るので、コントロールを奪われたジェネラルを取り戻すために役立ちます。

18.《時空からの退去/Out of Time

Out of Time
コスト:1白白
エンチャント
時空からの退去が戦場に出たとき、すべてのクリーチャーをアンタップし、その後、時空からの退去が戦場を離れるまで、それらのクリーチャーをフェイズ・アウトさせる。時空からの退去の上に、これによりフェイズ・アウトしたクリーチャーの数に等しい数の時間(time)カウンターを置く。
消失(あなたのアップキープの開始時に、このエンチャントの上から時間カウンター1個を取り除く。最後の1個を取り除いたとき、これを生け贄に捧げる。)

今年一番使った全体除去がこれです。
全クリーチャーをフェイズアウトさせるカードがパーマネントかつ3マナなのは破格だと思います。
ジェネラルに対しても有効な除去となるので、枠があるなら採用している1枚です。

ちなみにこのカードのフェイズ・アウト効果にスタックして、《時空からの退去/Out of Time》自身をクリーチャー化するととんでもないことになります。
時空からの退去/Out of Time》ごと盤面にいるクリーチャーがフェイズ・アウトしますが、フェイズ・インは《時空からの退去/Out of Time》のあるなしに関連して発生するイベントになります。

つまり、《時空からの退去/Out of Time》が自身の能力でフェイズ・アウトしてしまうと、このカードでフェイズ・アウトしたクリーチャーがフェイズ・インしなくなってしまいます。
永遠の策謀家、ズアー/Zur, Eternal Schemer》など、エンチャントをクリーチャー化しやすいデッキでは狙いやすいので覚えておきましょう。

19.《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph

コスト:3(青/Φ)
アーティファクト クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) 多相の戦士(Shapeshifter)
((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
あなたは「ファイレクシアの変形者は、これが他のタイプに加えてアーティファクトであることを除き、戦場に出ているいずれかのクリーチャーかアーティファクトのコピーとして戦場に出る」ことを選んでもよい。0/0

最近になって需要が急上昇したと思っている1枚です。
自分も今年の冬くらいから使いだしているのですが、非常にお世話になったのでここに入れてみました。
場にあるクリーチャーかアーティファクトのコピーになることが出来る1枚です。

もともとEDHでは使いやすいカードでしたが、このカードの場合は《一つの指輪/The One Ring》になれることが非常に魅力的です。
最近のカードパワーの上がったクリーチャー達だけでなく、《一つの指輪/The One Ring》にも化けて手札補充が出来るのはこのカードならではだと思います。
クリーチャーやアーティファクトの価値が上がったヵらこそお世話になり始めた1枚ですね。

20.《アミナトゥの占い/Aminatou’s Augury

コスト:6青青
ソーサリー
あなたのライブラリーの一番上からカードを8枚追放する。あなたはその中から土地カード1枚を戦場に出してもよい。ターン終了時まで、土地でないカード・タイプ1つにつき、あなたはその追放されたカードの中からそのタイプの呪文1つを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

自分のデッキで8連ガチャが出来る1枚です。
年末に使った《夢見るものインテット/Intet, the Dreamer》EDHデッキでお世話になりました。
相当な枚数の踏み倒しが実現可能で、通ればほぼ勝ちクラスの1枚です。

この手のカードにしては珍しく、めくったカードを唱えるタイミングが自分のターン中であれば任意です。
つまり盤面の状況や、ドローに合わせて打ち分けることが出来るので思ったよりも器用に使用可能です。
例えばめくった8枚の中に墓地回収と追加ターンがあったら、追加ターンを使った後に墓地回収で即座に追加ターンを回収しておくなんて芸当も出来ます。

1枚のカードが稼ぐアドバンテージとしては最大級ですが、どこまで行ってもランダム8枚にはなるので過信は禁物です。
自分もこれを使って負けたことがちょくちょくあるので、なるべく余裕のある時に使いましょう。

デッキ紹介はこちら
Intet

まとめ

20枚ピックアップしてみましたが、なぜか変なことしてやるという気概を感じるラインナップになりました。
こういう振り返りをやってみると、改めてカードと向き合うことが出来て、今ならどうするか考えるいい機会になりますね。
皆さんも年末年始の時間がある時に振り返ってみてはいかがでしょうか?

それではみなさん、よいお年を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PageTop