EDHニュース6


アイドルグループ、EDH48のエース《森林の始源体/Sylvan Primordial》さんが、
2014年2月2日、
神々の軍勢/Born of the Godsの発売を前にして、
「この場をお借りして言いたいことがあります。
 私、《森林の始源体》はEDH48を卒業します」
と自ら発表し、
EDH界から大きなどよめきが起こった。

発表後、EDH普及委員会のSerra会長から
「みんな知ってたの?」
と聞かれ、
「いいえ、誰にも言ってません。」
さらに、
「マジック界から?」
と聞かれ、
「いいえ、EDHからです。《森林の始源体》として頑張ります。
 これからはソロとして活動していきます。」
とソロ宣言した。
EDH普及委員会のSerra会長をはじめ、
EDH界全体が驚きを隠せなかった。

森林の始源体》さんはギルド門侵犯が出た時の2期生。
原始のタイタン》さん同様、当初からEDH48のエース的存在で、
時には《原始のタイタン》さんと人気を争った事もある。
原始のタイタン》さんがEDHを卒業した後は、
EDHの緑チームを引っ張る存在として活躍してきた。
緑チームと言えば《森林の始源体》と言われるほどの顔役だった。

この発表を受けて卒業生もすぐさま反応。
原始のタイタン》さんは
「《森林の始源体》ちゃん、ひとまずお疲れ様」
とコメントした。

これについて、
EDH普及委員会のSerra会長は、
「わしだ。
 《森林の始源体》が卒業を発表した。
 やっぱりこうなったか。
 言葉もない。
 もう風呂入って寝る!」
とコメントした。(※)

——————————

2014年2月2日にして、EDH(統率者戦)において、

森林の始源体/Sylvan Primordial

が禁止に指定。
禁止された理由は、

・マナブーストから簡単に降臨し、あまりに影響力があるため。
・《自然の秩序/Natural Order》などのサーチでもほぼこれだけが選択され、
 面白みに欠けるゲームになってしまう。

という事らしい。
原始のタイタン》や《隔離するタイタン/Sundering Titan》が禁止される理由と、
ほとんど同じと解釈していいだろう。
森林の始源体》のやっている事は、
この2つの能力を足して少し変えたような能力だ。
原始のタイタン》と《隔離するタイタン》が禁止で、
こちらが禁止されない理由も無いだろうということ。

また、問題視された点の1つは、
「《森林の始源体》が出た後に、
 これをコピーしたり、除去&墓地から釣るなどして、
 連鎖的に行動出来たプレイヤーはいいが、
 それが出来なかったプレイヤーがあまりにゲームがつまらなくなる」
という事もあったようだ。
クリーチャーのコピー=基本的に青
除去&墓地釣り=基本的に黒
という事を考えると、
白や赤は最初から為す術無しになりかねない。

ところで、
撃たれるとゲームが面白くない《むかつき/Ad Nauseam》のように、
EDHとしての楽しみを破壊しているカードは、
他にもあると思うのだが、
そのあたりは放置されたままでいいのだろうか。
むかつき》は撃たれると残されたプレイヤーは、
ただむかつくだけなので、
本当に禁止にすべきカードだと思うのは自分だけではないと思う。
むかつき》を主軸にしているデッキは、
だいたい「《むかつき》を撃てば勝てる構成」にしている事が多いだけに、
面白みに欠ける。

そして、
いまだに解放されない《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》さん。
このカード、そんなに危険視するのだろうか?
もっとも、
EDHのルールを決めているのは日本ではなく海外なので、
「日本で危険視されていてもスルー。
 海外(というかルール決めてるところ)で危険視されたら禁止」
というものなのだろうが。

EDH最強カラーと呼ばれる青いカードには禁止カードが出ず、
何故か緑のカードにこうして禁止が出るあたり、
戦い方にもお国柄が出る部分なのかもしれない。

それにても、《森林の始源体/Sylvan Primordial》は
多人数戦を考慮して作られたカードだというのに、
このようなかたちで禁止されてしまうのは非常に残念だ。
残りの4体の始源体
発光の始源体/Luminate Primordial
氾濫の始源体/Diluvian Primordial
陰鬱の始源体/Sepulchral Primordial
溶鉄の始源体/Molten Primordial
は、禁止はおろか、採用率もそれほど高くないという状態。
1体は強すぎて禁止、
残り4体は弱くてデッキに採用されない。
これでは始源体5体ともあまりに不憫だ。
カードのデザインからして間違っていたとしか思えない。
他の4体をもう少しでいいから強くデザインして欲しかった。

ではまた。

※AKB大好きで知られる某漫画家が
AKB48の大島優子が卒業を発表した時のコメント。



記事作成日:2014/02/04



記事のカテゴリー

他の「EDHこらむ」記事