Su-Chi

今回のお題は「Su-Chi」

知らない人も多いかと思われる、
Antiquityのアーティファクトクリーチャー。

《Su-Chi》
コスト:4
アーティファクトクリーチャー
Su-Chiが場から墓地に置かれたとき、あなたのマナ・プールに4を加える。
4/4
エキスパンション:Antiquity
アンコモン
フレーバーテキスト
スラン帝国の遺物の不完全な複製、スー=チー。
それはもとから不安定でありながらも、
トカシアの弟子たちに有益な知識をもたらした。
————————-
妙ちくりんなモンスターがよだれを垂らしている。
こいつといい《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》や《ブルードスター/Broodstar》といい、
アーティファクト関連のイキモノはどうしてよだれ垂らしてる奴が多いのか。
よだれ垂らしてなんぼなのか、アーティファクト。

ミラディンブロックやウルザブロックを知っている人なら気付いたかもしれない。
《陰極器/Cathodion》よりも全体的に一回り大きいカードである。
《陰極器》は3マナで3/3、
場から墓地に置かれると3・・・
という感じで全てにおいて1ずつ小さくなっている。

《Su-Chi》のほうが古いカードなので、
《陰極器》の原型となったカードと言うべきだろう。

3マナで3/3はどこにでもいるというか、
それほど強いイメージも無い感じだが、
4マナで4/4はそれほど多くない。
追記として全てが1になっている《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》というカードもある。
今のところ全てが2になっているカードは存在していない。

このカードが作られた当初のルールには現在のようにスタックルールは無かった。
そのため、戦闘中に場から墓地に置かれた場合、
ほとんどの場合でマナ・バーンせざるをえないルールだった。

これが理由でこのクリーチャーはそこまで大きい評価を得られなかった。
しかし、今は違う。
この《Su-Chi》、最近はあまり見なくなってしまったが、
れっきとしたトーナメントカードである。

ヴィンテージにおいてもMono Brown Beatと呼ばれるデッキに投入されていた。
親和デッキの台頭によって若干影が薄くなってしまった感はあるが、
親和デッキにさえ投入不可能ではないクリーチャーでもある。

《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を《Su-Chi》に装備→《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》で食べる、
4マナ+2ドロー、という動きも可能であり、
4マナ4/4というサイズも悪くないクリーチャーである。
早いターンに比較的多くのマナを出す事が可能なヴィンテージの世界では、

このあたりの重さでも十分に早いターンに出る。
《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》などもデッキに投入される事から、
この墓地に置かれた時の4マナは比較的マナ・バーンしない仕様となっている。
《マイアの処罰者/Myr Enforcer》が親和を持っているため、
同じ4/4なら《マイアの処罰者》を選ぶ人が多いだろうが、
戦略や動き次第では《Su-Chi》は十分に強いのである。

例えばであるが、
1ターン目、《Mishra’s Workshop》セット、Mox(どれか)セット
と動いた場合、
《マイアの処罰者》は出ないのである。
《マイアの処罰者》を1ターン目に4マナ(もしくはそれ以下)で場に出すとしたら、
最低でも3枚のアーティファクトと4マナが必要となる。
手札7枚でスタートしてこれはちょっと難しい。
この動きだけを見ると、同じ4マナの《巨大戦車/Juggernaut》のほうが強いとも言える。
《Su-Chi》を出した場合は、
次ターン、同マナ数から《電結の荒廃者》、
《頭蓋骨絞め》、《Su-Chi》に装備、攻撃、
第二メインフェイズで《Su-Chi》食べる、4マナ出る。
展開→《頭蓋骨絞め》という軽快な動きもあるので、
意外にあなどれないカードである。

また筆者が過去にMono Brown Beat(茶単)は作成したことがある。
まだType1.5(現在のレガシー)と呼ばれていた頃、
《Mishra’s Workshop》は禁止にもならずデッキに4枚投入可能だった。
(2006年現在はレガシーで禁止、ヴィンテージで4枚使用可能。)
ウルザズデスティニーが出た当初に作成したデッキには、
《Su-Chi》が4枚、
《巨大戦車》が4枚、
《マスティコア/Masticore》が2枚、
《陰極器》が4枚、
という非常にパワーのあるデッキを組んでいた。

当時の大会でも上位に食い込めたデッキであった。
(まだ装備品も親和もルールに無い時代。)
この《Su-Chi》にはカードの名に由来があるのをご存知だろうか。

4マナ、4/4、場から墓地で4マナ。
とにかく4だらけのイキモノ。
このクリーチャーの名前も実は4である。
何が?と思う人は多いだろう。

まず、《Su-Chi》をカタカナ発音すると「スーチー」となる。
「スー」は中国語の四である。
「チー」は台湾語の四である。
併せてスーチーである。

カードデザイナーの中に中国語や台湾語がわかる人がいたのだろう。
本当に4だらけのイキモノである。

数十種類存在するAntiquityのカードの中で、
こんな不思議なカードはこの《Su-Chi》、1枚だけである。
それどころかこれほどわざわざ数字だけにこだわったカードも《Su-Chi》だけであろう。
そして中国語や台湾語の4を使っておきながら、
英語の「Four」やローマ数字の「Ⅳ」を使わなかったところにもセンスを感じる。
わかる人にしかわからない程度の小ネタに過ぎないとはいえ、
このカードデザインもまたMagicの魅力の1つ。

次は5マナ5/5、場から墓地で5マナ出るクリーチャーでも出してくれないだろうか。
名前は日本語の5である「ご」と、
中国語の5である「ウー」を足して、ウーゴー。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事