MTG のシングル通販・買取ならカードショップ セラ3,000円以上は送料無料!

これからEDHを始めるなら?オススメジェネラル紹介 多色編

記事作成日:2023/10/28 執筆:ウィンター

みなさんこんにちは、ウィンターです。
今回はオススメジェネラル後編の多色編になります。
前回のこらむと合わせてご確認ください!
これからEDHを始めるなら?オススメジェネラル紹介 単色・無色編

多色のジェネラルは使用可能なカードプールが広い分、パワフルなデッキを構築しやすいです。
その分カードの取捨選択に悩みますが、長く楽しむことが出来ると思います。
それではいきましょう。

 

-友好2色-

【白青】

第1面
Heliod, the Radiant Dawn
光輝の夜明け、ヘリオッド/Heliod, the Radiant Dawn
コスト:2白白
伝説のクリーチャー・エンチャント ― 神(God)
光輝の夜明け、ヘリオッドが戦場に出たとき、あなたの墓地にあり神(God)でないエンチャント・カード1枚を対象とする。
それをあなたの手札に戻す。
(3)(青/Φ):光輝の夜明け、ヘリオッドを変身させる。
起動はソーサリーとしてのみ行う。((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
4/4
第2面
Heliod, the Radiant Dawn
歪んだ日食、ヘリオッド/Heliod, the Warped Eclipse
〔白/青〕 伝説のクリーチャー・エンチャント ― ファイレクシアン(Phyrexian)・神(God) MOM, レア
あなたは呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
あなたが呪文を唱えるためのコストは、このターンに対戦相手が引いたカード1枚につき(1)少なくなる。
4/6

7ドローをたくさん使いたいあなたに。
変身コストが比較的に軽く、1度でも全員ドロー効果が通るだけでも、とんでもないコスト軽減が可能です。
各種エルドラージや大型無色クリーチャーを叩きつけたり、巨大な《歩行バリスタ/Walking Ballista》を出したりして制圧していきましょう。

【青黒】

Satoru Umezawa
梅澤悟/Satoru Umezawa
コスト:1青黒
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 忍者(Ninja)
あなたが忍術能力を起動するたび、あなたのライブラリーの一番上にあるカード3枚を見る。
そのうち1枚をあなたの手札に、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
この能力は、毎ターン1回しか誘発しない。
あなたの手札にあるすべてのクリーチャー・カードは忍術(2)(青)(黒)を持つ。
2/4

荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》で毒殺を狙いたいあなたに。
どんな重いクリーチャーも4マナで場に出すことが可能です。
青黒でサーチとドローが多いのでお好きな大型クリーチャーを踏み倒しましょう。

【黒赤】

Tor Wauki the Younger
若かりしトー・ウォーキ/Tor Wauki the Younger
コスト:3黒赤
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 射手(Archer)
到達、絆魂
あなたがコントロールしていてこれでない発生源がパーマネントやプレイヤーのうち1つに戦闘ダメージでないダメージを与えるなら、代わりにそれはそのパーマネントやプレイヤーにその点数に1を足した点数のダメージを与える。
あなたがインスタントやソーサリーである呪文を唱えるたび、クリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤーのうち1つを対象とする。
若かりしトー・ウォーキはそれに2点のダメージを与える。
3/3

真綿で首を絞める戦略がお好きなあなたに。
ダメージを与えるタイプの置物と組み合わせるとすごい勢いでライフが減っていきます。
ミシュラのアンク/Ankh of Mishra》は土地が出るたびに3点ダメージ、《ぶどう弾/Grapeshot》は1発2点の高効率になります。

【赤緑】

第1面
Etali, Primal Conqueror
原初の征服者、エターリ/Etali, Primal Conqueror
コスト:5赤赤
伝説のクリーチャー ― エルダー(Elder)・恐竜(Dinosaur)
トランプル
原初の征服者、エターリが戦場に出たとき、各プレイヤーはそれぞれ、土地でないカード1枚が追放されるまで自分のライブラリーの一番上から1枚ずつ追放していく。
あなたはこれにより追放されて土地でないカードの中から望む数の呪文を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
(9)(緑/Φ):原初の征服者、エターリを変身させる。起動はソーサリーとしてのみ行う。
7/7
第2面
Etali, Primal Conqueror
原初の病、エターリ/Etali, Primal Sickness
〔赤/緑〕 伝説のクリーチャー ― ファイレクシアン(Phyrexian)・エルダー(Elder)・恐竜(Dinosaur)
トランプル、破壊不能
原初の病、エターリがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはその点数に等しい個数の毒(poison)カウンターを得る。(毒カウンター10個以上を持っているプレイヤーは、このゲームに敗北する。)
11/11

ガチャを回したくて仕方がないあなたに。
食物連鎖/Food Chain》を使うとガチャを回せる回数がとんでもないことになります。
裏面はごくまれに一人倒すことに使いますが、人数が多い方がガチャをたくさん回せるのでガチャ狂いには無用の長物でしょう。

【緑白】

Hamza, Guardian of Arashin
アラシンの守護者、ハムザ/Hamza, Guardian of Arashin
コスト:4緑白
伝説のクリーチャー ― 象(Elephant)・戦士(Warrior)
この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしていて+1/+1カウンターが置かれているクリーチャー1体につき(1)少なくなる。
あなたがクリーチャー呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしていて+1/+1カウンターが置かれているクリーチャー1体につき(1)少なくなる。
5/5

+1/+1カウンターがお友達のあなたに。
カウンターが置かれているクリーチャーの数だけコストが軽くなり、クリーチャーのコストも軽くなります。
直近のシステムで行くと、培養・トークンがカウンターを持つクリーチャーなので相性が良いです。
クリーチャーを展開した後に《バスリの結束/Basri’s Solidarity》でカウンターをばらまくと無色クリーチャーなら簡単にコスト軽減出来るようになります。

-対抗2色-

【白黒】

Ratadrabik of Urborg
アーボーグのラタドラビック/Ratadrabik of Urborg
コスト:2白黒
伝説のクリーチャー ― ゾンビ(Zombie)・ウィザード(Wizard)
警戒、護法(2)
あなたがコントロールしていてこれでないすべてのゾンビ(Zombie)は警戒を持つ。
あなたがコントロールしていてこれでない伝説のクリーチャー1体が死亡するたび、伝説でないこととそれの他の色やタイプに加えて黒の2/2のゾンビであることを除き、そのクリーチャーのコピーであるトークン1つを生成する。
3/3

伝説のクリーチャーを使い倒したいあなたに。
トークンは伝説属性を持たないので、コピー元になったクリーチャーをリアニメイトすると2体ならべることが可能です。
輝かしい聖戦士、エーデリン/Adeline, Resplendent Cathar》を増やすとトークン生成効率がとてつもないことになります。
塔の長官、ボロミア/Boromir, Warden of the Tower》をつかうと、無限に指輪に誘惑されることが出来ます。

【青赤】

Ovika, Enigma Goliath
謎のゴライアス、オヴィカ/Ovika, Enigma Goliath
コスト:5青赤
伝説のクリーチャー ― ファイレクシアン(Phyrexian)・ナイトメア(Nightmare)
飛行
護法 ― (3),3点のライフを支払う。
あなたがクリーチャーでない呪文を唱えるたび、赤の1/1のファイレクシアン(Phyrexian)・ゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンX体を生成する。
Xは、その呪文のマナ総量に等しい。
ターン終了時まで、それらは速攻を得る。
6/6

青いカードでどっしり構えて戦いたいあなたに。
なぜかゴブリントークンがわいてくる不思議なジェネラル。
護法のコストが重いので着地さえすれば除去されることは中々ないはずです。
簡単にトークンがわくので《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》や《衝撃の震え/Impact Tremors》で簡単に火力生成可能です。

【黒緑】

Uurg, Spawn of Turg
トゥーグの落とし子、ウゥーグ/Uurg, Spawn of Turg
コスト:黒黒緑
トゥーグの落とし子、ウゥーグのパワーは、あなたの墓地にある土地カードの枚数に等しい。
あなたのアップキープの開始時に、諜報1を行う。(あなたのライブラリーの一番上からカードを1枚見る。あなたはそのカードをあなたの墓地に置いてもよい。)
(黒)(緑),土地1つを生け贄に捧げる:あなたは2点のライフを得る。
*/5

土地で悪さをしたいあなたに。
土地とお友達なカエルさんですが、こちらは非常に脳筋なカエルさんです。
土地を多めにして発掘や墓地肥し系統を複数入れることでお手軽高火力クリーチャーの完成です。
黒と緑には回避能力を与える土地が多いので、ジェネラルダメージでの決着を狙いやすいです。

【赤白】

Astor, Bearer of Blades
刃を持つ者、アスター/Astor, Bearer of Blades
コスト:2赤白
伝説のクリーチャー ― 人間(Human)・戦士(Warrior)
刃を持つ者、アスターが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上にあるカード7枚を見る。
あなたは「その中から装備品(Equipment)か機体(Vehicle)であるカード1枚を公開し、あなたの手札に加える。」を選んでもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
あなたがコントロールしているすべての装備品は装備(1)を持つ。
あなたがコントロールしているすべての機体は搭乗1を持つ。
4/4

EDHでもハンマータイム!したいあなたに。
きっと持っているのは刃よりハンマーのことが多いジェネラル。
君だけの最強アスターを作れ!という簡単なコンセプトで組みやすいです。
太陽打ちの槌/Sunforger》の外したとき効果を複数回使いまわすコンボも可能です。

【緑青】

Ivy, Gleeful Spellthief
陽気な呪文盗み、アイヴィー/Ivy, Gleeful Spellthief
コスト:青緑
伝説のクリーチャー ― フェアリー(Faerie)・ならず者(Rogue)
飛行
プレイヤー1人が陽気な呪文盗み、アイヴィーでないクリーチャー1体だけを対象とする呪文を唱えるたび、あなたはその呪文をコピーしてもよい。
そのコピーは陽気な呪文盗み、アイヴィーを対象とする。(オーラ(Aura)呪文のコピーはトークンになる。)
2/1

トリッキーな戦略で相手を翻弄したいあなたに。
対象を取る呪文をお手軽にコピーが出来るジェネラル。
対象を取るついでにドローしたり、カウンターを乗せたりすることでアドバンテージを稼いでいくことが出来ます。
オーラだけではなく、変容にも反応するので《恵みのスターリックス/Auspicious Starrix》でたくさんガチャを行うことが可能です。

ー弧3色ー

【白青黒】

Toluz, Clever Conductor
賢明な車掌、トルーズ/Toluz, Clever Conductor
コスト:(白/青)青(青/黒)
伝説のクリーチャー ― 人間(Human)・ならず者(Rogue)
賢明な車掌、トルーズが戦場に出たとき、これは謀議する。(カード1枚を引き、その後カード1枚を捨てる。これによりあなたが土地でないカードを捨てたなら、このクリーチャーの上に+1/+1カウンター1個を置く。)
あなたが1枚以上のカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそれらを追放する。
賢明な車掌、トルーズが死亡したとき、これにより追放されている各カードをそれぞれオーナーの手札に加える。
2/1

手札がたくさんほしいあなたに。
手札を捨てた時にそれを倉庫に溜め込む車掌さん。
ネクロポーテンス/Necropotence》や《死より得るもの/Necrologia》で大量にドローした後に捨てても問題なく回収出来ます。
捨てたカードを追放するときの置き換え効果はプレイヤーが選択できるので、《ネクロポーテンス/Necropotence》で捨ててもジェネラルの効果で追放可能です。

【青黒赤】

Sauron, the Dark Lord
冥王、サウロン/Sauron, the Dark Lord
コスト:3青黒赤
伝説のクリーチャー — アバター(Avatar) ホラー(Horror)
護法 ― 伝説のアーティファクトや伝説のクリーチャーのうち1つを生け贄に捧げる。
対戦相手が呪文を唱えるたび、オーク動員1を行う。
あなたがコントロールしている軍団(Army)1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、指輪があなたを誘惑する。
指輪があなたを誘惑するたび、あなたの手札を捨ててもよい。そうしたなら、カード4枚を引く。
7/6

指輪物語でEDHを楽しみたいあなたに。
指輪に誘惑されるたびに自分だけ小さい《Wheel of Fortune》が起きるジェネラル。
デッキの回転率がとんでもないので、リアニメイト絡みの狙ったコンボはやりやすいです。
タッサの神託者/Thassa’s Oracle》を使わないなら、《世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》コンボを狙いましょう。

【黒赤緑】

The Beamtown Bullies
梁町の暴漢/The Beamtown Bullies
コスト:1黒赤緑
伝説のクリーチャー ― オーガ(Ogre)・デビル(Devil)・戦士(Warrior)
警戒、速攻
(T):現在のターンを進行している対戦相手1人とあなたの墓地にあり伝説でないクリーチャー・カード1枚を対象とする。
そのプレイヤーはそのカードを自分のコントロール下で戦場に出す。その後者は速攻を得る。
その後者を使嗾する。
次の終了ステップの開始時に、その後者を追放する。(次のあなたのターンまで、そのクリーチャーは、各戦闘で可能なら攻撃し、可能ならあなたでないプレイヤーを攻撃する。)
4/4

多人数戦ならではのパーティー感を楽しみたいあなたに。
相手に厄介なクリーチャーを押し付けることが楽しいジェネラルです。
地ならし屋/Leveler》を渡せばお手軽に山札を破壊可能です。
日々を食うもの/Eater of Days》を使ってターンを奪った上に《家路/Homeward Path》で回収すると気分は最高です。

【赤緑白】

Rocco, Cabaretti Caterer
舞台座一家の料理人、ロッコ/Rocco, Cabaretti Caterer
コスト:X赤緑白
伝説のクリーチャー ― エルフ(Elf)・ドルイド(Druid)
舞台座一家の料理人、ロッコが戦場に出たとき、あなたがこれを唱えていた場合、あなたは「あなたのライブラリーからマナ総量がX以下であるクリーチャー・カード1枚を探し、戦場に出し、その後ライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。
3/1

クリーチャーコンボが大好きなあなたに。
ジェネラル領域に置くことが出来る《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》です。
好きなクリーチャーコンボを行うことが出来るので、ガチからカジュアルまで思いのままにデッキを組むことが可能です。
クリーチャー同士でガチャガチャ盤面が動くのはデッキを動かしていて楽しいです。

【緑白青】

Falco Spara, Pactweaver
契約紡ぎ、ファルコ・スパーラ/Falco Spara, Pactweaver
コスト:1緑白青
伝説のクリーチャー ― 鳥(Bird)・デーモン(Demon)
飛行、トランプル
契約紡ぎ、ファルコ・スパーラは盾(shield)カウンター1個が置かれた状態で戦場に出る。
あなたはいつでもあなたのライブラリーの一番上にあるカード1枚を見てもよい。
他のコストの支払いに加えてあなたがコントロールしているクリーチャー1体の上からカウンター1個を取り除くことで、あなたはあなたのライブラリーの一番上から呪文1つを唱えてもよい。
3/3

「未来独楽」という言葉が大好きなあなたに。
変則的な《未来予知/Future Sight》が出来るジェネラル。
好きなだけカウンターを乗せることが出来るエンジンがあれば、本当に《未来予知/Future Sight》として運用が可能です。
献身のドルイド/Devoted Druid》+《Thought Lash》で狙ったカードを山札上からプレイ可能になります。

ー楔3色ー

【白黒緑】

Ixhel, Scion of Atraxa
アトラクサの後継、イクセル/Ixhel, Scion of Atraxa
コスト:1白黒緑
伝説のクリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) 天使(Angel)
飛行、警戒、毒性2
堕落 ― あなたの終了ステップの開始時に、3個以上の毒(poison)カウンターを持つ対戦相手はそれぞれ、自分のライブラリーの一番上にあるカード1枚を裏向きで追放する。
それらのカードが追放され続けているかぎり、あなたはそれらを見たりプレイしたりしてもよく、それらの呪文を唱えるためにマナを望む色のマナであるかのように支払ってもよい。
2/5

相手のデッキで勝利したいあなたに。
飛行警戒の4マナ2/5という高いマナレシオで毒性2と堕落効果ももつてんこもりクリーチャー。
上手く全員堕落させると毎ターン実質3枚ドローという青いデッキびっくりのアドバンテージ量が手に入ります。
全員を生かさず殺さず立ち回る必要があるので、デッキ構築もプレイも悩むことが出来ます。

【青赤白】

Narset, Enlightened Exile
悟った喪失者、ナーセット/Narset, Enlightened Exile
コスト:1青赤白
伝説のクリーチャー — 人間(Human) モンク(Monk)
あなたがコントロールしているすべてのクリーチャーは果敢を持つ。
悟った喪失者、ナーセットが攻撃するたび、墓地にありマナ総量が悟った喪失者、ナーセットのパワーより小さくクリーチャーでも土地でもないカード1枚を対象とする。それを追放し、コピーする。
あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
3/4

派手な踏み倒しを狙いたいあなたに。
全クリーチャーに果敢を与え、攻撃時に自身のパワーよりマナ総量の小さい非クリーチャー呪文をコピーして唱えることが可能です。
クリーチャーでなければエンチャントやプレインズウォーカーのような非クリーチャーパーマネントも唱えることが出来ます。
自分自身も果敢があるので、手札から唱えた呪文を自身の効果でもう一度打つといった動きも可能です。

【黒緑青】

Nashi, Moon's Legacy
月の後裔、ナシ/Nashi, Moon’s Legacy
コスト:黒緑青
伝説のクリーチャー — ネズミ(Rat) シャーマン(Shaman)
威迫、護法(1)
月の後裔、ナシが攻撃するたび、あなたの墓地にありネズミ(Rat)や伝説であるカードのうち最大1枚を対象とする。
それを追放し、コピーする。
あなたはそのコピーを唱えてもよい。(そのコストは支払う必要がある。パーマネント呪文のコピーはトークンになる。)
3/4

粘り強くコントロールをやってみたいあなたに。
攻撃時に墓地にあるネズミか伝説呪文を追放してコピーし唱えることが出来ます。
コストの支払いは必要ですが、強力な伝説呪文の再利用が可能です。
特に黒緑青には強力な伝説のソーサリーやインスタントがあるので、それらを使いまわしてアドバンテージを稼ぎましょう。

【赤白黒】

Shanid, Sleepers' Scourge
潜伏工作員の災い、シャニド/Shanid, Sleepers’ Scourge
コスト:1赤白黒
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)
威迫
あなたがコントロールしていてこれでないすべての伝説のクリーチャーは威迫を持つ。
あなたが伝説の土地をプレイするか伝説の呪文を唱えるたび、あなたはカード1枚を引き、1点のライフを失う。
2/4

デッキをとにかく伝説で固めたいあなたに。
「伝説」に反応してドローを進める伝説のクリーチャー。
伝説であれば土地のプレイにも反応してドローが出来る珍しい効果をもちます。
このカラーで粘り強く戦うならオススメのジェネラルです。

【緑青赤】

Rashmi and Ragavan
ラシュミとラガバン/Rashmi and Ragavan
コスト:1緑青赤
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) 猿(Monkey)
あなたが、あなたの各ターン内のあなたの1つ目の呪文を唱えるたび、対戦相手1人を対象とする。
そのプレイヤーのライブラリーの一番上にあるカード1枚を追放し、宝物(Treasure)トークン1つを生成する。その後、その追放されたカードが呪文であり、そのマナ総量があなたがコントロールしているアーティファクトの数より少ないなら、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
これによりあなたがそれを唱えないなら、このターン、あなたはそれを唱えてもよい。
2/4

ラガバンを愛するあなたに。
自分の一つ目の呪文に反応して誰かのライブラリートップをおサルさんが泥棒していきます。
元祖ラシュミと同じくピッチスペルでアドバンテージを稼ぐ構築が有効です。
自分のアーティファクトの数を参照して踏み倒しも可能なので、宝物トークンと合わせて悪さすることも可能です。

【5色】

Tom Bombadil
トム・ボンバディル/Tom Bombadil
コスト:白青黒赤緑
伝説のクリーチャー — 神(God) バード(Bard)
あなたがコントロールしている英雄譚(Saga)の上に合計4個以上の伝承(lore)カウンターがあるかぎり、トム・ボンバディルは呪禁と破壊不能を持つ。
あなたがコントロールしている英雄譚の最後の章能力が解決するたび、英雄譚カード1枚が公開されるまで、あなたのライブラリーの上から1枚ずつ公開していく。
そのカードを戦場に、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
この能力は、毎ターン1回しか誘発しない。
4/4

「英雄譚」というシステムを愛するあなたに。
最終章能力の解決に伴う能力はターン1でしか誘発しないので、増殖で上手く起動タイミングをずらして毎ターン踏み倒ししていきたいです。
最終章の能力が解決されればいいので、「団結のドミナリア」の先読能力と相性がいいです。


今回は多色カードからオススメをご紹介しました。
冒頭にも触れましたが、多色デッキは色が多い分やれることも多くなります。
デッキの構築段階から選択しが多いので、デッキの改造も含めて長く楽しむことが出来ます

多色デッキから始めると、土地基盤もある程度整った状態でスタート出来るので他のジェネラルも組みやすいと思います。
長くEDHという遊び方を続けるなら、思い切って3色ジェネラルからスタートするのも一つの手だと思います。
興味のある方は一度作成されてみてはいかがでしょうか。

このオススメのジェネラル紹介も定期的に最新版をリリースしたいと思います。
新弾のリリースや何かしらの区切りに合わせて出していく予定です。

引き続きよろしくお願いいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PageTop