お泊りまじっく2013冬-後編

12月14日(土)
お泊りまじっく2日目。
朝の最初のイベントはレアドラフト。
皆様で持ち寄った、大量のレアカードを1パック15枚にして、
これでドラフトをやるというCardshop Serraの名物とも言えるイベント。

ファーストピック《超音速のドラゴン/Hypersonic Dragon》からの、
青赤決め打ちスタート。

超音速のドラゴン》の能力は下記。

Hypersonic Dragon/超音速のドラゴン
コスト:3青赤
クリーチャー ドラゴン(Dragon)
飛行、速攻
あなたはソーサリー・カードを、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
(あなたはそれらを、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
4/4
レア

初手でマルチカラーカードで決め打ちは、
普段のスタンスではやりたくない選択だが、
ちょっとこのカードを使ってみたかった。

途中で《心霊破/Psionic Blast》《黒焦げ/Char》を両方とる。
どちらも、

コスト:2青(or2赤)
インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。
心霊破(黒焦げ)はそれに4点のダメージを与え、
あなたに2点のダメージを与える。

という非常に優秀な火力だ。
とらない理由がない。

今回出来上がったデッキは青赤。

2《超音速のドラゴン/Hypersonic Dragon
2《精神叫び/Mindshrieker
1《チャンドラのフェニックス/Chandra’s Phoenix
1《バザールの交易商人/Bazaar Trader
1《ゴブリンの外交官/Goblin Diplomats
1《霧衣の究極体/Mistform Ultimus
1《悪忌の守護神/Patron of the Akki
1《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent
1《髑髏砕き峡の王/Lord of Shatterskull Pass
1《征服するマンティコア/Conquering Manticore
1《弾け毛玉/Crackleburr
1《火翼のフェニックス/Firewing Phoenix
1《ドラゴン・エンジン/Dragon Engine
1《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven

1《心霊破/Psionic Blast
1《黒焦げ/Char
1《地震/Earthquake
1《ギトゥの火/Ghitu Fire
1《赤の太陽の頂点/Red Sun’s Zenith
1《刻印/Brand

1《レイモスの眼/Eye of Ramos

8《島/Island
9《山/Mountain
———————
ドラフトでX火力3枚は心強い。
超音速のドラゴン》2枚が文句無しと思っていたが、
それよりも強いカードがあった。
精神叫び》だ。

Mindshrieker/精神叫び
コスト:1青
クリーチャー スピリット(Spirit) 鳥(Bird)
飛行
(2):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、
自分のライブラリーの一番上のカードを自分の墓地に置く。
精神叫びはターン終了時まで+X/+Xの修整を受ける。
Xは、そのカードの点数で見たマナ・コストである。
1/1
レア

普通のドラフトでもそこそこの活躍をしてくれるが、
レアだらけでコストが大きいカードが多い環境では、
このカードは驚異的な力を発揮する。
自分でも予想もしていなかった。

一度だけ、
この《精神叫び》が2ターン目に着地、
3ターン目のアタックで能力起動→7マナのカードがめくれて8点ダメージ。
4ターン目のアタックで能力2回起動→8マナと4マナのカードがめくれて13点ダメージ。
で倒してしまった。
超音速のドラゴン》が出る間も無かった。
人によっては、
精神叫び》1体に《神の怒り/Wrath of God》を撃つ事も。

この想像を絶するほどの《精神叫び》の活躍と、
全体的な速度と火力のおかげでレアドラフトの成績も3-0と、
EDHに引き続き全勝。

なお、このデッキでフリーデュエルもかなりやったが、
トータルで20戦20勝。
重いデッキが多い中、
この軽さと速攻持ちの多さ、
そして火力の高さで負ける事が無かった。

このレアドラフトが終わった後はブースタードラフト。
しかも久しぶりのロチェスタードラフト。
これも全勝で3-0。
全勝なのに、レア取りで
暴動の長、ラクドス/Rakdos, Lord of Riots》が一番高いという、
非常に残念な結果だった(笑)

ドラフトが終わったあたりで、
お泊りまじっくのメインイベントとも言える2日目夕食タイム。
「多くの人とマジックが出来る事も楽しみだが、
 肉を食べる事こそメイン。」
というリピート参加者がいるほど。
主催者が言うと説得力が無くなるかもしれないが、
・二泊三日の宿泊費
・食べ放題の肉が和牛
・飲み物も飲み放題
・二泊三日全てマジックし放題
という条件で9800円の参加費は、
破格の安さだと思う。
欠点は「夏は暑苦しい」というだけ。
普通ならばホテル素泊まり二泊で9800円は飛んでしまう。
素泊まりで二泊5000円程度に抑える事は、
場所によっては可能だろうが、
残り予算5000円程度で、
・二泊三日間飲み放題
・和牛が食べられる
という条件は難しいはずだ。

今回は、A5和牛でのすき焼きとしゃぶしゃぶ。

お泊りまじっくですき焼きをやった事はなかったが、
こちらもとても美味しかった。
(しゃぶしゃぶは少量だけやった事がある。)
和牛を用意してくれたスタッフ(通称:お肉ちゃん)は、
とても気がきいていて、
お鍋のしめとしてのうどんまで用意してくれていた。
さすがはお肉ちゃんである。

今回も相当な量の和牛を用意していたものの、
一切れたりとも残る事なく、
参加者のおなかの中におさめられた。

夕食後はお風呂の前に、
「ムーミンが強いという話は聞きましたが、
 やっぱり動いているところが見たいです。
 もしよかったら対戦を。」
という方がいたのでEDH。
スタートダッシュの手札が非常に良く、
先手で
セット《》、
Mana Crypt》、
通電式キー/Voltaic Key
から、《意外な授かり物/Windfall》。
言うまでもなく7枚引いてエンド。
ここから、
ほとんど3対1のゲームだったが、
問答無用で全員倒しきって勝利。

EDH後はお風呂に入り、晩酌タイム。
金曜日と同じく自分と一部の人はお酒がメイン。
他の方々は、
うちの副店長ゆーだいの考えた、
「ペアEDH」という遊び方に参加している人も。
このペアEDHという遊び方は
・参加者はランダムに二人一組のチームになる。
・二人はEDHの卓で対角線上になるように座る。
・ライフの共有などは無い。
・対戦相手も二人一組のチームなので、この二人一組を倒す事が目的。
・一人がチームメイト含めて三人を倒しても可。
というルール。
双頭巨人戦の亜種のような感じだろう。
言うまでもなく、チームメイト同士で相談しあってOK。
なかなかに面白そうなルールなので、
自分もとても参加したかったが、
人数の問題とお酒を用意する立場上参加は断念。
次は参加してみたいイベントだった。

そしてこの日も午前3時になっても、
ほとんどの人が起きているという状態。
みんな体力あるなぁと思いつつ3時半に就寝。

12月15日(日)
片付けをして帰るだけ。
とは言うものの、
多くの方はCardshop Serraの店舗に移動して、
夕方までマジックしていった。

今回は次の週(12月20~22日)にGP静岡が突発的に発生し、
お泊りまじっくの日程をこの日に設定せざるを得ない状態だったため、
都合がつかない人もいたであろう日程だった。
みんなGP静岡に行くほうに時間を割いて、
お泊りまじっくには来られないんじゃないか?
という不安もあったものの、
結構な人数が集まり、とても楽しく過ごす事が出来た。

最後に、

今年、お泊りまじっく夏、お泊りまじっく冬に来てくれた、
多くの方々、ありがとうございました!
来年も開催します!
またお会い出来る事をスタッフ一同楽しみにしています!

ではまた。



記事作成日:2013/12/22