MTG のシングル通販・買取ならカードショップ セラ3,000円以上は送料無料!

Legacy

最近のレガシーのデッキで少々アヤシイデッキを発見。
ヴィンテージではなくレガシーで、
しかも親和でもない茶色いデッキ。
茶色大好き人間としてはこれは見逃せず。

デッキ内容は下記のようなものだ。

デッキ名:Mesmeric Gaea’s

-メイン-
クリーチャー
4《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder

インスタント
4《Force of Will
4《差し戻し/Remand
4《渦まく知識/Brainstorm
3《枯渇/Mana Short

ソーサリー
2《ガイアの祝福/Gaea’s Blessing

アーティファクト
4《催眠の宝珠/Mesmeric Orb
4《からみつく鉄線/Tangle Wire
3《彫り込み鋼/Sculpting Steel
4《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb
2《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb
2《世界のるつぼ/Crucible of Worlds

土地
4《Tropical Island
4《Volcanic Island
3《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory
3《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus
3《汚染された三角州/Polluted Delta
1《教議会の座席/Seat of the Synod
2《大焼炉/Great Furnace

-サイド-
3《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
3《真髄の針/Pithing Needle
4《プロパガンダ/Propaganda
3《寒気/Chill
2《帰化/Naturalize

これと言ってマニアックなカードが入ってると思えるのはせいぜい1枚。

催眠の宝珠》ぐらいじゃないだろうか。

Mesmeric Orb/催眠の宝珠
コスト:2
アーティファクト
パーマネントがアンタップ状態になるたび、
そのパーマネントのコントローラーは自分のライブラリの一番上のカードを墓地に置く。
エキスパンション:Mirrodin レア

他のカードはどこかしらで使われたカードが多いと思う。
上から下までカードの効果が全てリストを見るだけでわかる方は、
このデッキの動きもおおむね想像がつくのではなかろうか。

まったくもってアヤしくていい感じである。
からみつく鉄線》で相手を足止めしつつ、
催眠の宝珠》でライブラリを削る。
ゴブリンの溶接工》で場をコントロール出来れば勝利は目前。

基本はライブラリアウトだが、
ミシュラの工廠》と《ちらつき蛾の生息地》、《黄鉄の呪文爆弾》でライフを削り切る事も可能なデッキ。
自分は《ガイアの祝福》のおかげでライブラリがきれる事は無い。
展開力のあるデッキに対して少々キツいのが難点か。

カード資産的にもお手ごろで、

スタンダードよりお金がかからず構築出来る感じである。
実際、このデッキ《Tropical Island》はほぼ必要が無い。
教議会の座席》や《ミシュラの工廠》を増やす形にしても問題無い。
もしくは《不毛の大地/Wasteland》が《からみつく鉄線》と噛み合うので、
悪くない選択と言える。
世界のるつぼ》との相性も非常にいい。
また、最近(2006年5月)の時点でのスタンダードにあるZoo、
これもレガシーでやってみると面白い。

クリーチャー
4《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》→そのまま。
4《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》→4《スカイシュラウドの精鋭/Skyshroud Elite
4《密林の猿人/Kird Ape》→そのまま
4《番狼/Watchwolf》→そのまま
3《炎樹族のシャーマン/Burning-Tree Shaman》→3《永遠の証人/Eternal Witness
3《古の法の神/Kami of Ancient Law》→3《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger

土地を抜いたスロットに2《瘡蓋族のやっかい者/Scab-Clan Mauler》2《農芸師ギルドの魔道士/Granger Guildmage
スペル
4《稲妻のらせん/Lightning Helix》→4《稲妻/Lightning Bolt
4《黒焦げ/Char》→4《Chain Lightning
3《血の手の炎/Flames of the Blood Hand》→3《火葬/Incinerate
3《腐れ蔦の外套/Moldervine Cloak》or《ショック/Shock》 3→3《怨恨/Rancor

2《照らす光/Bathe in Light》→1《怨恨/Rancor》1《火葬/Incinerate
土地22→18
4《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》→4《Plateau
4《寺院の庭/Temple Garden》→4《Savannah
4《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》→4《Taiga
4《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》→4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills
2《森/Forest》→2《吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1《永岩城/Eiganjo Castle》→0
1《平地/Plains》→0
1《カープルーザンの森/Karplusan Forest》→0
1《低木林地/Brushland》→0

上位互換カードの恐ろしさが出てしまう構成だが、
スピードが強化され動きは非常に面白い。
このデッキのままでは○○に対策・・・といった行動のとれるものは無い。
親和やゴブリンと似たようなもので、
他者への対策云々の前に相手を倒してしまう事を考えるタイプ。

とはいえ、サイドからの《ブリキ通りの悪党/Tin Street Hooligan》や《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》、
帰化/Naturalize》などがあれば十分に戦えるデッキ構成になるだろう。
永遠の証人/Eternal Witness》が遅く感じる事さえある。

戦ってみた結果だが、ゴブリンや親和相手にまともに戦えていた。
レガシーのデッキはカードプールが広いだけに、
デッキを組むのが難しいと思う人もいるだろうが、
レガシーなんて「自分のやってみたい事」「自分のやりたい事」を、
思いっきり自分のカード資産の全てやればいいだけであって、
へたな枠組みにとらわれる事無くMagicを楽しめばいいレギュレーションである。

外国ではレガシーのGPが開催されたり、
日本のGPでもサイドイベントで結構な人数のレガシー大会になったりはしているが、
その都度、上位に来るデッキが決まっていない。

赤単が上であったり、コントロールタイプが多かったり。
時には変わったコンボデッキが突然現われる事もある。
それだけ変化に富む面を持っているので、
まず、ためしに自分のやってみたい事からスタートで構わない。
もし、やってみたいと興味を持った方がいたら、
今あるカード資産でフルに遊んでみるだけで十分だと思う。
スタンダードのデッキでそのままレガシーとやりあう事さえ不可能でもない。
実際に上記の変更前Zooであろうと、結構戦えるものである。
(上記のデッキは筆者がやってみたかったからやってみただけである。)

レガシーは開拓の余地が随分と残され、
非常に楽しめるレギュレーションである。
流行りのデッキを作り出すのは、
これを読んでいる貴方かもしれない。

ではまた。



PageTop