今日のニュース3

2013年4月1日のMTGニュース。
MTGショップ大手のCardshop Serraは、
4月1日、店長であるSerra氏が、
株式会社ダークスティールを起ち上げる事を決定し、
Serra氏が代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)となる事を発表した。
Cardshop Serraの開業以来、
ダークスティールの巨像》を親の仇と言わんばかりに否定してきたSerra氏だが、
長年の話し合いにより、和解と業務提携の両方が締結し、
株式会社として新たなる一歩を踏み出す事となった。

記者会見で、Serra氏は
「《ダークスティールの巨像》とはいつも対立をしてきた。
 デッキに入れるたびに初手にばかり来る事に腹を立てて、
 デッキから抜いた。
 二度とあんなクリーチャーをデッキに入れるものかと思ってきたが、
 そんなダークスティールの巨像との確執も無くなり、
 新たな気持ちで経営に臨みたい。」
と述べた。
株式会社の名前がダークスティールになった事については、
「Serraの名を株式会社に使う事も考えたが、
 和解として自分が一歩引き、
 名前にダークスティールを冠する事によって、
 より双方の結びつきを良いものにしようと考えた。
 何よりもダークスティールという壊れない存在は、
 会社のイメージとしても非常に良いものになるだろう。」
と述べている。

ダークスティールの巨像》氏は、
「Cardshop Serraは数あるMTGのショップの中でも、
 EDHやヴィンテージ、レガシーには最も強いショップ。
 また、Serra氏はEDHでは第一人者としてその名を馳せている。
 《荒廃鋼の巨像》の存在があろうとも、
 EDHの環境で《ダークスティールの巨像》を推してくれるに違いない。」
と、今後の展開について気力溢れる回答を述べた。
 
また、記者会見で今後のヴィンテージへの抱負を問われた際にSerra氏は、
「和解したからには《ダークスティールの巨像》をデッキに入れる。
 《修繕/Tinker》から持ってきて対戦相手を圧倒してみせる。」
と提携の力強さを自信をもってアピールしていた。

なお、株式会社ダークスティールの会社概要はこちら。

商号:株式会社ダークスティール(Darksteel CO.LTD)
設立年月日:2013年4月1日
創業年月日:2013年4月1日
本社所在地:ミラディン市
代表者:代表取締役社長兼最高経営責任者 Serra
資本金:500ジェイス(1ジェイス=1万円)
主要な事業内容:MTGカードの販売、デッキ相談、デッキ構築、お泊りまじっくの企画。
社員数:11名
主要取引金融機関:カテラン銀行、オルゾフ銀行
監査法人:有限責任アゾリウス監査法人



































なお、このニュースはエイプリルフールとして書かれたものです。
残念ながら?店主は《ダークスティールの巨像》と和解していません。



記事作成日:2013/04/01



記事のカテゴリー

他の「その他のこらむ」記事