Ramirez DePietro

今回のお題は《Ramirez DePietro》。
「ああ、あのカードか」
と一瞬で能力を思い出せる人はあまりいない1枚のはず。
知らなくても貴方のMTG人生にこれといって影響はないであろうカード。


Ramirez DePietro
3青黒黒
伝説のクリーチャー 人間(Human) 海賊(Pirate)
先制攻撃
4/3
アンコモン
フレーバーテキスト
「Ramirez DePietro は、もっとも派手な海賊なのだ。
 彼の大風呂敷を信じてしまわないようにせよ。特に、彼の年などは。」
————————-

エキスパンション:レジェンドの中にいる、
「なんでこれを作ったんだ?」
と突っ込みたくなる数十人の伝説クリーチャーのうちの一人。
6マナ払って4/3と先制攻撃だけ。
ルール改正によってクリーチャータイプに人間と海賊をゲット。
大昔の時代で見ても、
「稲妻や火葬で死ぬ6マナなんてイラナイ」
と一蹴されて終わりであることから、
デッキで活躍した事など無いだろう。
いくらクリーチャーの質が低かった大昔の時代でも、
だいたい5マナ払えば《センギアの吸血鬼》や大気の精霊》がいるのだから、
わざわざこんなイキモノ使うわけがない。
センギアさんや《大気の精霊》は飛行があるので優秀だが、
こいつは地上クリーチャーで黒いので、
白のエース、《白騎士》さんでピタリと止まる。
6マナとしてはあまりに性能がイマイチである事は否めない。
トーナメントのトップ8デッキに、
こいつがいた事は無い。

EDHでは青黒で同じ6マナ圏に、
妖精の女王、ウーナ/Oona, Queen of the Fae》がいる。
5/5飛行と凶悪な能力持ちのウーナ、
4/3先制攻撃だけの《Ramirez DePietro》、
どちらが優秀かは火を見るよりも明らかだろう。
仮にウーナを使わないとしたら、同じ6マナには、
目覚めし深海、レクシャル/Wrexial, the Risen Deep》がいる。
こちらは5/8で島渡り、沼渡りと凶悪な能力持ち。
単純な足し算で強さは測れないとはいえ、
Ramirez DePietro》のパワータフネスの合計は7、
レクシャルのパワータフネスの合計は13。
あまりに差がありすぎる。
レクシャルが能力無しの5/8だったとしても、
Ramirez DePietro》では勝負にならない。
絵柄が気に入った人で無い限り、
Ramirez DePietro》をジェネラルにする事は無いだろう。

Ramirez DePietro》のカード名は固有名詞であるため、
日本人がカタカナ発音する時に差異が生じやすい。
カード検索エンジンのウィズダムギルドでは、
仮訳で「ロミレズ・ドゥ・ピエトロ」としているが、
最初の「Ramirez」は、
野球選手のラミレスと同じつづりなので、
(アレキサンダー・ラモン・ラミレス:Alexander Ramon Ramirez)
ラミレスと読むほうが一般的だろう。
別にロミレズと読んだからと言って間違いではないし、
ラミレッズやラミレッツと読んでも支障は無いだろう。
「Pietro」の部分もピエトロでもピートロでもいい。
ラミレスとピエトロの間の「De」は
ヨーロッパ圏によく見られる。
意味としては「~家」「~出身」といった意味。
ほとんどの場合、Deも含めて姓として扱う。
フランスではDeは貴族出身という意味合いもあるというものの、
全てのDeがつく人が貴族出身であるというわけではないので、
それほど当てになるものではない。
貴族出身でDeのつく有名なフランス人では、
シャルル・ド・ゴール(Charles de Gaulle)がいる。
フランスの空港の名前にまで使われているので、
フランスに旅行した事がある人なら知っているはず。
(空港名:シャルル・ド・ゴール空港)
フランス語の発音としては「ド」に近い。
イタリア語の発音としては「ディ」に近い。
つまり、
Ramirez DePietro》の場合は、
ピエトロ家のラミレスさん
という事。
貴族出身かどうかは不明。
知る限りでこのカードのモデルになった人はいない。
ラミレスやピエトロとついた有名な海賊はいない。

このカードの読みについては、
個人的に推したい読み方はある。
Ramirez DePietro》、
クリーチャータイプは海賊、
しかも伝説のクリーチャーである。
それどころか、
伝説の海賊はこのカードだけである。
つまり、海賊王。
(海賊クリーチャーは2013年3月の時点でたった17枚。)
そのうえ、カードにDの名がついている。
おわかりだろうか?
この名前、
「ラミレス・D・ピエトロ」
と読める。
イタリア語発音なら「ディ」である事からしても、
この呼び名でも間違いはない。
そろそろ説明は不要だろうか。
もう何処からどう見ても某海賊漫画。
Dの意志を継いでいると見ていい。
知り合いにモンキーさんやポートガスさんがいても不思議はない。
フレーバーテキスト見てもそんな雰囲気が出ているのがまた良し。
(なんとなくフレーバーテキスト見るとバギーっぽいのだが。)

本当のフレーバーテキストは下記に違いない。

富、名声、力・・・この世のすべてを手に入れた男・海賊王ラミレス・D・ピエトロ。
彼の死に際に放った一言は、人々をEDHへかり立てた。
「オレのデッキか?欲しけりゃくれてやる。
 探せ!マジックのすべてをそこへ置いてきた!!」
男たちは最強ジェネラルを目指し、夢を追い続ける。
世はまさに、大EDH時代!!

「最強ジェネラルに俺はなる!」ドン!

さあ、
ありったけの夢をかき集め、
捜し物を探しに行きましょう。
ウィーアー!

ではまた。



記事作成日:2013/03/18



記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事