MTG のシングル通販・買取ならCardshop Serra-カードショップ セラ

3,000円以上で送料無料!

こらむ

再録禁止について2020年版その2。

再録禁止について2020年版。のお話の続き。

そもそも、
再録禁止が云々という話を大きく話題にしている人達が気づいてない事や、
違う視点がある。
今回はそこからお話をしていこうと思う。

再録禁止リストにばかり目が行ってしまう昨今、
それだけが全てではないという事にも目を向けてもらいたい。

最初の発行以来一度も再録されていないカードがある。
例えば

Reset

というカードがある。

こんなカードだ。

Reset
コスト:青青
インスタント
この呪文は対戦相手1人のターンの間で、そのプレイヤーのアップキープ・ステップの後にのみ唱えられる。
あなたがコントロールするすべての土地をアンタップする。
アンコモン1

このカードはレアリティがアンコモン1で、
レジェンドのカードだ。
レジェンドのカードはとてもややこしく、
アンコモン1は
「出にくいアンコモンだがレアではない。」
という立ち位置。
「レアリティにレアが無いセットは
 アンコモン枠の最高レアリティをレアとして扱い、
 再録禁止リストに選出される可能性がある。」

というものからも外れる。

一度はトーナメントカードになった事もあり、
それなりの値もつくカードだ。

このカードがいつ再発行されるか。
それはWotC社の方針次第。

再録する気が無い、
またはいつまでも単純に再録されないのであれば、
それは再録禁止カードと大差はない。

現状、WotC社は
「再録禁止リストのカードは再録しない。」
という事を守っている。
けれども、
再録禁止リストに無いカード達を、
必ずしも再録するわけではない。
一度の再録もされておらず、
なおかつ再録を希望されるカードは、
確かに再録の確率は0%ではない。

こんな言い方をしたら、
くだらない陰謀論めいたものになってしまうが、
もし、
「裏・再録禁止リスト」
のような、
表に出しているものとは別の、
再録する気がないカードリストがあったら、
そのカードはずっと再録される事がない。
もっとも、「裏・再録禁止リスト」がもし存在する場合、
いつの間にか内容が更新されていても、
ユーザーが知る事も無い。

こんな馬鹿げた話はともかくとして、
現状の結果、または未来において、
一切再録される事がないカードは、
再録禁止カードとの差異はほとんど無いのだ。
0%と1%未満では意味は大きく違うけれども。

前述の《Reset》は2020年の時点で、
再録禁止リストに入っていないが、
一度も再録されていないカードである事は間違いなく、
現状として、
いつか必ずの再録を約束されているわけでもない。

こういうカードは他にもいくつかある。
中には
「うん、いつか再録されるかも。」
と思うものもある。

例えば、そこそこの値段がついているものでは、

Elvish Spirit Guide
雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds
親身の教示者/Personal Tutor

このあたり。
Elvish Spirit Guide》はいつかどこかで、
「エルフの指導霊」
なんて名前で日本語版が出てもおかしくなさそうだ。

親身の教示者》は同セットにある緑の教示者カード、
森の教示者/Sylvan Tutor》がジャッジ褒賞になっているため、
これまた十分に再録の可能性がある。

何が言いたいのかというと、
「再録禁止リストは確かに表向きまず再録されないけれども、
 もしかしたらそれだけが再録されないカードとは限らないですよ。」

という事。

とは言うものの、
昨今のWotC社は市場の人気カードを再録する事や、
特定の限定商品を出す事により、
「集金活動ばかりしている。」
と言われてしまっている。
どこかの海外の方は、
「今のMTGの新商品に金を出す価値などない。」
とまで言ってしまった程だ。

そこで次のお話だ。

次のお話はオールドスクール。

ちょっとこの文章の先を読む前に、
ある質問を書くので、
考えてみてもらえないだろうか。

「何故オールドスクールという遊び方は生まれたのか?」

という質問。
誰が作ったのかも気になるところだが、
今回のこらむで重要なものは、
「何故生まれたのか」
のほうだ。
もう少し言い方を変えたほうが、
持論が伝わりやすい。
「何故オールドスクールという遊び方を作ろうと思ったのか?」
という言い方。

これは確かめる術はないのだが、
こうなのではないか?
と思うものがある。

その理由に再録禁止リストが絡んでくる。

オールドスクールは地方ルールなどが少々あるが、
基本的に使えるセットは、

アルファ
ベータ
アンリミテッド

アラビアンナイト
アンティキティ
レジェンド
ザ・ダーク
フォールン・エンパイア
1994年までに出たプロモカード

だけだ。
時々
コレクターズ・エディション(CE)
インターナショナル・エディション(IE)

もOKにするなんて話もある。
実際にCE、IEを解禁したところで、
環境が変わるわけでもないので問題無さそうな感じだ。

このオールドスクールという遊び方の純正ルールは、

・再録版は一切認めない。
Revisedのデュアルランドだろうが、
Summerのデュアルランドだろうがダメ。

・英語版以外は一切認めない。
レジェンド、ザ・ダークにはイタリア語版があるが当然ダメ。
Revisedはフランス語版、ドイツ語版、イタリア語版があるが、
そもそも前述の「再録版は認めない。」のルールにも抵触するのでダメ。

つまり、純正のオールドスクールは、
「基本セットはアンリミテッドまでしか認めない。
 言語は英語版だけで再録も一切認めない。
 基本土地ですら、最低でもアンリミテッド版を使え」
というルール。
一般的なマジックプレイヤーにはとても厳しい。

「オールドスクールを純正で1デッキでいいから組める人?」

と質問して、手を挙げられる人は果たしてどれだけいるだろうか。
おそらく全体の1%もいないだろう。

普通に考えたらこの純正オールドスクールは流行るとは思えない。
実際に日本のようにコレクターがそれなりにいる市場であっても、
純正オールドスクールはちょいと厳しい。
そんな遊び方が何故生まれたのか。

それは、

WotC社が信用出来ないと思ったコレクターが考えたのでは?

と考えている。
どういう事なのかと言うと、
WotC社を信用しないコレクターは、
「いつかWotC社は再録禁止を撤廃するかもしれない。
 もし経営者が変わったら、会社がピンチになったら、
 それ以外の様々な理由の何か1つでもあったら、
 再録禁止を平然と撤廃して、
 《Black Lotus》やそれ以外の高額カードを再録するかもしれない。
 いくらデータとはいえ、
 Magic Onlineでもヴィンテージマスターズなんて作ったくらいだ。
 何をするかわからない。」
といった不安があった。

そして、
「ならば、再録されたとしても、
 再録されたカードでは遊べない遊び方にしてしまったらどうだろう?」

という考えに至ったのではないだろうか。
もちろんのこと、
「MTGの最も古い時代の世界を今の人達も含めて楽しもう!」
は主な目的である事は間違い無いと思うけれども、
オールドスクールを考えた人(人達?)は、
こういう再録禁止関連の思いもあったのではないかと思う。

実際のところ、
オールドスクールというものが認識されるようになってから、
「オールドスクールでしか活躍しないカード」
の値段は著しく変化し、
同時に、
「純正オールドスクール用カード」
は再録されたカードに対して格差がつくようになった。
わかりやすいカードではデュアルランド。


(左側がアンリミテッド版、右側がRevised版)

かなり前の話になるけれども、
店主が個人的にRevised版のデュアルランドを海外から買った事があった。
Revised版を注文したのに、
ちょくちょくアンリミテッド版が入っていた。
当時の自分も、
「ま、いっか。どっちでも変わらないし。」
と思っていた。
値段も大きく変わる程のものでも無かった。

2020年の今、
どこのカードショップでもそんなザルな事はしてくれない。
「Revised版が無かったからアンリミテッド版入れておくね。」
なんて事をサービスでやらないだろう。
そのくらいに値段の格差は開いた。
オールドスクールは
「オールドスクール需要」
という言葉が出来るくらいにはカードの価格に影響を与えた。

「古いカードしか認めない」
という姿勢の遊び方が定着すれば、
WotC社がいくら再販版を作ろうともそれらは認められない。
そうなれば昔のカードの価格の下落は防ぐ事が出来る。
そして実際にそうなった。
現状オールドスクールのルールは少々緩和されており、
一番定着しているルールでは、

・旧枠かつイラストが同じであれば再録版もOK
・Foilは旧枠でもダメ
・他言語版も上記2つの条件を満たしていればOK

といった形式になっているが、
定着したルールであればこそ、
純正でありたいと思うプレイヤーは出てくるものだ。
もしオールドスクールを作った人が、
この話のように
「WotC社を信用しておらず、
 古き良きカード達の価格の下落を防ぎたい。」

という気持ちも込めてオールドスクールを作ったのなら、
その目論見は成功したと言える。

今回のお話は何が言いたいかというのをまとめると、
1つは「再録されなきゃ再録禁止されているのと変わらない事もあるよ」というお話。
もう1つは《Reset》のように再録の可能性があれども、
オールドスクールのような遊び方が出来た事で、
WotC社の信用が落ちたとしても、
仮に再録されたとしても、
「古いカードはユーザーが独自ルールを作る事で、
それらの立場を確保されているよ」
というお話。

そういえば一度も大会すら実行されなかったという、
ナイトメア’99(リンク先は店主のnote)という遊び方も、
古いカードのみ使える遊び方の1つだった。
さすがにあれは定着しそうにないが。
ともかく、
多くのユーザーがWotC社に不安を覚えている事は間違いないだろう。
再録禁止の撤廃はおそらくしないと思うけれども、
それでも100%信用しきれないからこそ、
多くの人々が話し合い、新しい遊び方を考え、
四苦八苦して今のオールドスクールの環境を作ったように思える。

カードショップを経営する者という立場を抜きにして、
1人のMTGプレイヤーとして、
WotC社には失っている信用の回復に努めてほしい。

ではまた。

ご利用案内

配送方法と送料について

・普通郵便:全国一律150円

通常1日~5日程度で到着します。
日曜日や祝日には配送されません。

・レターパックライト:全国一律370円

通常1日~3日程度で到着します。

・ゆうパック:600円~ ※配送地域により異なります

通常1日~2日程度で到着します。
郵送事故が発生した場合の賠償額は、30万円を限度とする実損額となります。
ゆうパックの送料一覧はこちらをご確認ください。

・店頭受け取り:無料 

※「店頭受け取り」の場合、ご注文日より7日以内にお受け取りください。
7日以上が経ちますと、注文をキャンセルさせていただく場合がございますので、「その他お問い合わせ」欄にてご相談ください。

送料無料条件

3,000円以上お買い上げ⇒普通郵便送料無料

25,000円以上お買い上げ⇒ゆうパック送料無料

同梱について

注文対応における速度重視の為、ご注文商品の同梱対応は基本的にできません。
ご注文ごとに対応させていただきますので、送料等は都度発生いたします。予めご了承ください。

ご不明な点がございましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

お支払い方法

店頭支払い、代金引換、銀行振込(郵便振替を含む)、
クレジットカード支払い、ポイント支払い(会員限定)、
Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)、キャリア決済(携帯)
からご選択いただけます。

代金引換の場合350円の手数料がかかります。

Paidyについて詳しくはこちらをご確認ください。
Paidyに関するご説明
Paidy公式サイト

発送日について

原則、注文日より3営業日以内に発送いたします。

ゆうパックはお届け希望時間帯を指定することもできますので、ご注文の際にお届け希望時間帯を入力してください。

※商品の在庫状況によって、お客様の指定時間帯にお届けをできない場合がございます。
※繁忙期などの理由で、上記より遅れが発生する可能性はあります。

返品交換について

傷・破損等、商品に不良品があった場合やご注文と異なる商品が届いた場合は、7日以内に当店にご連絡頂ければ、返品交換いたします。
その際の送料は当店の負担とさせて頂きます。

その他、一度ご使用になられた商品や、お客様のもとで傷・破損等が生じた商品の返品・交換はお受け出来ませんのでご了承下さい。

買取について

在庫状況・相場の変動等により買取価格の差異が生じる場合がございます。予めご了承のほど宜しくお願い致します。

査定したカードのご返送をご希望の場合は、着払いにて送付させていただきます。

買取に関しての詳細はこちらをご確認ください。

お振込先

[ゆうちょ銀行]
【店名】二三八
【預金種目】普通
【口座番号】2789962
【口座名義】カ)エイホウ

[郵便貯金]
【記号】12390
【番号】27899621
【口座名義】カ)エイホウ

[三菱東京UFJ銀行]
【支店】沼津支店
【預金種目】普通
【口座番号】0124667
【口座名義】カ)エイホウ

[ジャパンネット銀行]
【支店】すずめ支店
【預金種目】普通
【口座番号】2066043
【口座名義】カ)エイホウ

[みずほ銀行]
【支店】三島支店
【預金種目】普通
【口座番号】3019426
【口座名義】カ)エイホウ

[三井住友銀行]
【支店】静岡支店
【預金種目】普通
【口座番号】4043756
【口座名義】カ)エイホウ

[楽天銀行]
【支店】第二営業支店
【預金種目】普通
【口座番号】7967727
【口座名義】カ)エイホウ

Copyright (C) 2019 Cardshop Serra All Rights Reserved.

カテゴリから探す

大カテゴリー

大カテゴリー

大カテゴリー