コレクター道5

コレクターの道とは修羅の道。

相も変わらずあまり読む価値がありません。
Serraのバカ行為も相変わらずですので、
興味のない人はブラウザを閉じましょう。

今回のコレクター道で話題となるのはミドルエイジ(Middle Ages)。
ここのこらむやカード博物館でも時々出てくる、
幻のエキスパンション。

おさらいするように書いておくと、
1994年にFred Ditzlerという人が作った75種のセット。
発行枚数は合計で約9万枚と言われている。

公式であるWizards of the Coast社が、
「作ってもいーよ。」
と許可しただけで、
Wizards of the Coast社が作ったわけではないセット。
ただ、その後、Wizards of the Coast社は
「やっぱダメ。回収しろ。販売もダメ。」
と意見をひっくり返し、
製作者には回収と破棄が求められた。
最終的にどのくらいの量が市場に出回ったのかは不明。

公式大会でも使えないだけでなく、
ミドルエイジのシングルカードを取り扱うショップさえ皆無に等しい。
太古に作られたセットであるがゆえに、
その多くのクリーチャーカードは、現在のクリーチャーに比べて貧弱。
呪文カードもそれほど強いものはないが、
そんな事は関係なく、ミドルエイジは多くのコレクターを魅了する。
ミドルエイジとは和訳すると中世という意味で、
このセットの世界観がまさに中世。
よくある剣と魔法のファンタジーの王道の舞台である。

剣と魔法のファンタジーの世界のゲームや小説には、
「太古に滅びた文明の遺産」
なんて設定がよく見られる。
こういうものが大好きな人にとって、
ミドルエイジはたまらないコレクターズアイテム。
多分にもれず、Cardshop Serraの店主はこういうものが大好きで、
10年程前にこのミドルエイジを知った頃から、
コレクションを続けている。

「太古に滅びた文明の遺産」であるミドルエイジの中には、
当然、今よりも強いものがある。
それがこのカード、Rare Island。

伝説の土地
T:あなたのマナプールに青青を加える。

テフェリーの島/Teferi’s Isle》がからフェイジングを消して、
タップ状態でなくアンタップ状態で場に出るようになっている。
馬鹿げた強さである。
カードの名前の由来は、
「ベータやアルファを開封するとレアスロットに島が入っている事がある。」
という話を元に、
パロディとしてレア島という名がついた。
なお、ベータやアルファを開けても、
レアスロットに他の基本地形が入っている事はないため、
Rare PlainsやRare Mountainなどは存在しない。
全く、
このRare Islandといい、《トレイリアのアカデミー》といい、
青マナを出すランドだけがありえない優遇のされ方である。
言うまでもない話ではあるが、
このカードがミドルエイジ最強のカードである。

EDHはカジュアルな遊び方なので、友人に許可をとってから、
「ミドルエイジのカード使ってもいい?」
と言ってから使うなら十分にアリだと思うものの、
さすがにこのRare Islandだけは許されないだろう。
仮に入れる事を許されたとしても、
デッキに入れたというだけで、
ヘイト値マックス状態でゲームスタートになる。
だいたい、1ターン目にセットして2マナのマナアーティファクトを置き、
2ターン目にセットランドから《精神を刻む者、ジェイス》を出されたらたまったものではない。
これだけでゲームオーバーの気分だ。

このRare IslslandとNecronomiconに憧れ、
ミドルエイジを集め始めて10年。
2012年5月、ついに全75種をコンプリート。
コンプリートのための最後の1枚はどういうわけかコモンだった。
高額と言われるRare IslandやNecronomiconのほうが先に入手出来るとは。
また、ミドルエイジ75種+未開封パック1つという、
普通では考えられないコンプリート状態。
日本でミドルエイジコンプリートした人なんて、
自分以外にいないかもしれない。
そもそも集める人も少なそうな品だけれども。
なお、外国ではコンプリートしている人が最低一人いるそうな。

しかし、お金を払えば手に入るレベルのカードとは違い、
ミドルエイジはお金を払って手に入るようなシロモノではない。
非売品クラスのコレクションとは、
「出会い」
こそが全てである。
Serra Angelの原画しかり、ベータのボックスしかり。
ベータのボックスなど、確かにお金を払えば手に入らなくもないラインだが、
仮に2012年の今、200万円出すからベータのボックスを買いたいと言っても、
簡単にほいほいと転がっているわけではない。
お金があっても手に入らないレベルの品こそ、
コレクターとしては集めるのが楽しいのである。
ミドルエイジは、
公式で使えないというのはプレイヤーとしては残念ではあるものの、
やはりコレクションとしてこれ程面白いものはない。

残る目標は
・アラビアンナイトブースターボックス
・英語版レジェンドブースターボックス
・アンティキティブースターボックス
・ベータコンプリート
・アルファコンプリート
・アラビアンナイトコンプリート
・パワー9全部PSA10
・ベータのデュアルランド10種全部PSA鑑定済みで4枚。
・《Time Walk》原画

コレクターの道は険しい。

ではまた。



記事作成日:2012/05/10