ハワイ旅行記その2。

前述のとおりマジックの話題は非常に少なく、
ほとんどただの旅行記なので、
興味のない人はブラウザの戻るボタンを。

4/10
朝。
ハワイにしかないという朝マックメニューを食べに行こうと徒歩15分のマクドナルドへ。
ハワイに着く前から行くと決めていた場所の1つ。
出てきたのはこんな感じ。

・日本米ではない白米
・できそこないのスクランブルエッグ
・スパムorサラミ2切れ。(コースによって変化)
・ばかでかいドリンク。
・それと追加でバーガー1つ。
これで合計$20というボッタクリメニュー。
あれ?日本の朝マックって$10程払ったら2セット買えたような…。
ばかでかいドリンク以外はそれでも食べ切り。
ついでに言うておくと、
日本に普通にある朝マックとは、
比べ物にならない残念味。
白米は全然美味しくなく、
できそこないのスクランブルエッグも卵の味がどうもよろしくない。
スパムorサラミについては脂っこい感じは当然だが、
やっぱり肉質がそこまでよくない。
日本ではそれほどポピュラーではないスパム。
ソーセージやハムのような食べ物。
味も似ている。
Spiced Hamが元々の名で、
略してSPAMらしいがこのスパムを作った会社は何故か否定している。

日本の朝マックのソーセージエッグマフィンのほうが何倍もマシ。
しかも高いというのだからたまらない。

朝マックに敗北後、
カードショップ目指して徒歩でショッピングモールへ。
やっとの事で見つけたカードショップ。
階段を上がった二階には広々としたデュエルスペース。
が、
非常に陰気だ。
開店時間から間もないこの時間で、
9/9くらいのパワーとタフネスを持っていそうな人が、
座ったら壊れちゃうんじゃないかと思う程小さな椅子に座り、
どういうわけかPCでゲームに興じている。
少しの時間が経過したのち、
やはり入ってきた人もPCでゲームをしている。
ここはカードショップのはず。
一体なんなんだろうか。
お店は全体的に暗く、もちろん日本語も通じない。
カードを買っていこうかとも思ったが、
あまりの陰気さに耐えられなくなり退店。
あれで経営成り立つのかなぁ…?

その後、ワイキキビーチの方面を散策。

「Koube」と書かれたステーキハウスや、
漢字で「紅花」と書いてある和食屋などを見つける。
Koubeに本当に神戸牛があるのかだろうか。
絶対に無い気がする。
事実、実際の神戸のステーキハウスより安い。
Koubeって名乗っておいてただの国産牛クラス出すんだろうなぁと、
勝手な事を考えながら通り過ぎた。

その後はショッピングモールまで歩き、
多少のお買い物。
お買い物と言ってもほとんど食べ物。
マカダミアナッツチョコという、
アメリカのどこに行っても買えるものは無視して、
ただのマカダミアナッツ購入。
これは値段は安くないけど結構いける。
お酒のおつまみとしては最適。

昼食はとらずに、
そのまま夕食タイム。
どこに行こうかと
街中を歩いていたら、
日本人のガイドがいたので話をした。
ガイド「ハワイは初めて?」
Serra「はい。」
ガイド「社員旅行かなにか?」
Serra「そういっても差し支えないかな?たった2人だけど。」
ガイド「お2人ともおいくつですか?」
Serra「彼、いくつに見えますか?」
とゆーだいを指す。
ガイド「30過ぎくらいですか?」
Serra「じゃあ自分は?」
ガイド「26~27?」
またも年上に見られるゆーだい。
ゆーだい、安定の老け顔。
Serra、安定の若作り。
Serra「いいえ、俺のが年上ですよ(笑) 」
ガイド「ええっ?!失礼しました。では貴方が社長さん?」
Serra「個人事業主だけど、一応そんな感じです。」
ガイドの方、
こちらが個人事業主と知ったら、
突然会話が変わった。
面白い話があるから明日聞いてみてくれと。
タダで飯食えるし、$100報酬出るからと。
よくわからないまま承諾。
その後は、その方のお薦めイタリアンに行った。
なかなかの味でここは問題なし。
ロブスターのパスタ美味しかった。


その後、晩酌しつつEDHしていたが、
ゆーだいは体力尽きて先に寝てしまったので、
(やはり彼のほうがオジサンなので体力がないのだろう。)
一人で夜の街に。
たまたま見つけたBARに入る。
さっぱり日本語が通じないが、注文くらいはどうとでもなる。
飲むだけ飲んで、明け方3時過ぎにそこを出た。
意外にもハワイにも夜中にやってるお店があるんだなと思った。
帰り、道端の露店でホットドッグを買って、セブンイレブンに寄った。
ハワイのセブンイレブンは日本と同じ24時間営業らしい。
アメリカ本土では24時間営業のセブンイレブンなんて普通は無い。

4/11
昼バイキング。
昨日の話しかけられた人から
「話を聞いてみてくれ。面白い話だろうから。」
と言われた場所に行ってみる。
タダで昼ごはんが食べられた。
なかなか悪くない。
その後は、そのバイキングの場所で変わったお話。
本当に話を聞いただけで$100もらえた。
別に決して怪しい話では無かった。
ただし、話の内容が金持ち向けだっただけの事。
おそらく、ガイドの人は、
俺が個人事業主だと言ったから、
もしかしたらこいつなら…と思ったのだろう。
予定より話が長引き、夕方に。

今から支度して海に行くのもなんなので、
軽くホテルのプールで身体を焼いて、
夕食のために外へ。
隣で胃もたれ気味な男がいるので、
通りがかりで見つけた寿司屋に行く事にした。
寿司屋とは名ばかりで、
だいたいの外国の寿司屋なんてものは、
まず日本で食べられる寿司を食えると思ってはいけない。
そもそも普通のメニューではないものが並んでいる事が多い。
最初から地雷を踏む覚悟で行くようなものである。

そして、この行った寿司屋がとてもひどい。
見た目はアジア人な寿司屋のおやじ。
何処へ行っても結構日本語の通じるこのハワイにおいて、
まず日本語は通じない。
見た目はアジア人なのに。
座っても水も出てこない。
ゆーだいが「お茶かなんか出ないの?」と英語で言うと、
「緑茶か?5.5ドルで出すぞ。うまいぞ。」
と回答が。
高っ。
緑茶が5.5ドル?(だいたい450円)
どんな緑茶だよ。
「お茶とみかんの王国民(静岡県民)なめんな。」
と言いたくなったが、
黙って水だけ頼む。
すると、水道の蛇口から出てきた水をコップに入れてドン!
氷も入ってない。
ハワイは常夏。
このぬるいお水飲めというのか。
全くきついアメリカンジョークだ。
(この時点で出れば良かった。)

そして寿司のメニューからかなり奇抜なものを選ぶ我ら。
注文した品は、
・かき揚げ丼
・サーモン天ぷら寿司
・スパムエッグ巻
・ダイナマイト
間違いなく寿司屋のメニューに思えない。
かき揚げ丼はゆーだいが食べたいと言ったので止めなかった。
胃もたれしているんじゃなかったんだろうか。
そもそも寿司屋にかき揚げ丼なんか普通は無い。
ダイナマイトは名前からして地雷臭がする。
サーモン天ぷら寿司も日本で聞けるメニュー名ではない。
そして先日に引き続きまたもスパムだ。
さて、どこから説明したものか。

まずはかき揚げ丼から行こうか。
一口もらってみた。
かき揚げの味がしない。
というよりこの味、韓国料理のチヂミの味だ。
意味がわからない。
しかも天つゆが運ばれてきたのは、
このかき揚げ丼を半分食べた後だった。
天つゆはありえないくらい濃かった。
多分薄めて使うやつをそのまま出したんだと思う。
薄めて使う天つゆが日本製で、
ここの人はその使用説明が日本語で読めなかったんじゃないだろうか。

次、サーモン天ぷら寿司。

サーモンを天ぷらにしたのかと思ったが、
エビの天ぷらを巻いてから切り、
上にサーモンを乗せただけ。
そもそも天ぷらを巻くという時点で、
日本の寿司にはまず無いメニューだが。
味は・・・食えなくは無かった。
なお、シャリは日本米じゃないと思う。

次、スパムエッグ巻。

スクランブルエッグとソーセージのような味のスパムと海苔と酢飯だ。
どういうわけかスパムはソースで味付けしてある。
猟奇的な取り合わせである。
作ろうと思った奴の気が知れない。
この日頼んだメニューの中で最も不味い食べ物だった。

ラスト、ダイナマイト。

まず、名前がやばい。
日本のどの寿司屋に行っても、
出される事がないであろうメニュー名。
アルフレッド・ノーベルが存命であっても寿司の名にはダイナマイトとは付けないだろう。
が、何よりもまずは口にしてみる我ら。
辛い。
わさびではない。
この辛さは唐辛子系の辛さだ。
寿司から唐辛子の辛さが発せられた。
このメニューはおそらくだが、
海苔の上にシャリを置き、小さなカニの天ぷらを入れて巻き、
それを切った後、唐辛子系の香辛料とマヨネーズとツナを混ぜたものを乗せたもの。
どうしてこんなものを作ろうと思ったのか。
だが、それでもスパムエッグ巻とかき揚げ丼よりまともに食べられるメニューだった。

なお、このお店のメニューには、
レッド・ドラゴン
フィラデルフィア
などのよくわからないメニューがあった。
ダイナマイトは注文したが、
なんとなくフィラデルフィアが一番やばそうだった。
ここはハワイなのに、
何故アメリカの右端の地名がついているのか。
まさかレッド・ドラゴンって人肉を使ってるんじゃ…?
(映画レッド・ドラゴンを知っている人じゃないとわからない話。)
そんな事を考えながらこの店を出た。

そして、この寿司屋のようなお店、
どうしてか知らないが、ディスプレイからは韓国ドラマが放送されていた。
この寿司屋のおやじ・・・韓国人だったんだろうか。
確かに韓国人だとすれば合点が行く。
日本語が通じない事も、よくわからない寿司が出る事も、
お茶がボッタクリな値段である事も。
そんな事を考えつつ、
「二度とこの寿司屋には行かない。」
と心に決め、この店をあとにした。
もう一度ハワイには行きたいが、
このお店には行かない。

隣では胃もたれしていた男が、
かき揚げ丼を食べて胃もたれを起こしていた。


おまけ。
この寿司屋に置かれていた謎の人形。

顔がやばい。確実に呪いかけてくる顔してる。
そうでないならオクチュリに手を出している顔だ。
アップキープにコントローラーに2点ダメージ与えてくるに違いない。

つづく。



記事作成日:2012/05/07



記事のカテゴリー

他の「店主の日常」記事