アルファ・フォーティデッキ紹介その1。

今回のデッキ紹介はなんとアルファ・フォーティ。

MTGのルールの中でも狂気の沙汰としか思えない遊び方。

詳しいルールを知りたい方は以下へ。

note:α40(アルファフォーティ)について


店主のデッキを知りたい方は以下へ。

note:アルファ・フォーティをやってみた。


遊び方をシンプルに書くと、

・禁止も枚数制限も無い(4枚制限すらない。)40枚デッキ作れ。
・ただし全部のカードはα版だけだ、それ以外は許さん。


これでおしまい。
MTGプレイヤーの99.9%がやりそうに無い遊び方。

「せっかくの狂気の世界を楽しまない理由はない!」
と考える狂気の店主なので、
周囲の友人にやろうと言ってみたら、


「無理。」


の二文字で帰ってきた。
当たり前だと思ったので、

「俺は全部αで組む。
 みんなはハンディをつける。
 みんなはUnlimited版までOKにしたらどう?」


と言ってみた。
そしたらかなりの人がOKを出してくれた。
気合の入っている人は次の日にはデッキを用意していた。

オールドスクールにCFBルールがあるように、
アルファ・フォーティはCardshop Serraルールという事で、

「アルファ・フォーティのデッキをUnlimited版まで許可。
 当然、α版には存在しない、
 《黒の防御円/Circle of Protection: Black》
 《Volcanic Island》
 の2枚は禁止。」

で大会をやる事にした。
Card Shop Serra
の頭文字をとって「CSSルール」と仮名をつけた。
たぶんこのくらいまで解禁すれば、
MTGプレイヤーの99.9%がやらない遊びから、
99%くらいにはなる・・・はず・・・。
なる・・・といいな・・・。

そして、大会当日。
店主以外でアルファ・フォーティのデッキを、
本当にα版だけで組んできた猛者がいた。
基本土地まで完全純正である。

今回はその人のデッキを紹介したい。

Alpha40_Psychic Venom

-クリーチャー1枚-
1《マハモティ・ジン/Mahamoti Djinn

-インスタント10枚-
2《送還/Unsummon
3《ぐるぐる/Twiddle
4《魔力消沈/Power Sink
1《対抗呪文/Counterspell

-エンチャント9枚-
7《地の毒/Psychic Venom
2《支配魔法/Control Magic

-アーティファクト5枚-
1《太陽の指輪/Sol Ring
4《氷の干渉器/Icy Manipulator

-土地15枚-
15《島/Island

なんと、青単。
デッキも驚きの内容だ。

メインのダメージソースがすごい。
地の毒》だ。
ナニコレ?という人が多そうなので、
説明を入れよう。

Psychic Venom
Psychic Venom/地の毒
コスト:1青
エンチャント オーラ(Aura)
エンチャント(土地)
エンチャントされている土地がタップ状態になるたび、
地の毒はその土地のコントローラーに2点のダメージを与える。
コモン

相手の土地にくっつけて嫌がらせをするカードだ。
基本セットに結構長い間再録されたカードだが、
使われる事はほとんど無かったカード。
それがなんと、
メインに7枚。
40枚中の7枚なので、
期待値で言えば初手に1枚くらい当たり前。

この《地の毒》を相手の土地に何枚もつける。
もちろん同じ土地にだ。
1枚の土地にこのカードを2枚つければ、
当然2回誘発するので4点ダメージ。
3枚つければ6点。
4枚つければ8点。

対戦相手は《地の毒》をつけられた土地をタップしたくない。
それでもカードをプレイしたい時は使うだろうけれども、
なるべくタップせずゲームを進めるだろう。
しかし、
氷の干渉器》でタップして、
無理やりダメージを与える。
さらに、カウンター呪文である、
魔力消沈》も土地を無理やりタップさせるので、
これもダメージを稼ぐ方法になっている。
あとは、タップとアンタップのどちらも出来るので、
ぐるぐる》を使う事も。
一気に勝負を詰める時は、
氷の干渉器》1枚目で土地をタップ。
ぐるぐる》でその土地をアンタップ。
氷の干渉器》2枚目で土地をタップ。
という挙動でダメージを稼ぐ。
仮に《地の毒》がその土地に2枚ついていたら、
これだけで8点ダメージ。
案外と削れるカードだ。
面白い方向に理にかなったデッキだ。

デッキを見た瞬間に、
「そう来たか!」
と思った。
2019年、店主が選ぶデッキ大賞1位決定と言ってもいいくらい。

このデッキの他のダメージソースは、
支配魔法》で奪った生物か、
1枚だけ入っている《マハモティ・ジン》だけ。
これらで勝つよりも、
地の毒》で勝つ事のほうが多いだろう。

皆が気になる、
「これ強いの?」
というところだが、
デッキとしては強くない。
が、
参加者は皆このくらいのデッキばかりだ。
いくら
「Unlimited版まで解禁する。」
と言っても、
わざわざUnlimited版のデュアルランドを買っている人、
β版のデュアルランドを買っている人、
どちらもそうそういない。
Unlimited版までのデュアルランドが無いのなら、
デッキは基本土地しか入らない。
デッキに土地を入れなくても戦える人は、
今大会には一人もいなかった。
いや、日本全国でもそんなデッキを組める人は、
CSSルールでもおそらく一桁のはず。

そういえばこのデッキは、
対戦相手の場に土地が出なかったらまず勝てないデッキになるなぁ。
デッキの7枚が無駄カードになってしまう。

なお、デッキ製作者本人はパワー9はUnlimited版では持っているらしい。
βのカードもいくつかあるらしいが、
アルファ・フォーティをCSSルールではなく、
純正ルールで組んでみたくてそうしたのだそうだ。
その心意気にも驚いたが、
それ以上にデッキの内容に驚かされた。
こんなデッキを見ることができただけでも、
アルファ・フォーティの大会を開催して良かった。
惜しむらくは店主と当たらなかった事。

次にアルファ・フォーティを開催するなら、
また来てくださるような事を言っていたので、
このデッキがどう進化するか、
それとも別のデッキを持ってくるのか、
非常に楽しみだ。

ではまた。



記事作成日:2019/10/28



記事のカテゴリー

他の「古いカード」記事

他の「色々なマジック」記事