ヴィンテージデッキ紹介その10。

今回のヴィンテージデッキ紹介は、
「今月のK」シリーズでおなじみのKのデッキ。
先日のCardshop Serraのヴィンテージ大会で使っていたデッキだ。
時期的に、灯争大戦とモダンホライゾンの両方とも採用可能。

デッキは青黒緑。
俗に言うBUGと呼ばれるデッキ。

-クリーチャー9枚-
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
2《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest
1《三角エイの捕食者/Trygon Predator
2《闇の腹心/Dark Confidant

-インスタント10枚-
4《意志の力/Force of Will
1《渦まく知識/Brainstorm
1《Ancestral Recall
3《突然の衰微/Abrupt Decay
1《吸血の教示者/Vampiric Tutor

-ソーサリー11枚-
1《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe
1《思案/Ponder
1《Time Walk
4《一日のやり直し/Day’s Undoing
1《悪魔の教示者/Demonic Tutor
1《Timetwister
2《思考囲い/Thoughtseize

-アーティファクト6枚-
1《Mox Jet
1《Mox Emerald
1《Mox Ruby
1《Mox Sapphire
1《Mox Pearl
1《Black Lotus

-プレインズウォーカー6枚-
4《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils
1《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

-土地18枚-
1《Library of Alexandria
2《Tropical Island
3《Underground Sea
1《Bayou
2《汚染された三角州/Polluted Delta
2《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
2《霧深い雨林/Misty Rainforest
4《不毛の大地/Wasteland
1《露天鉱床/Strip Mine

-サイドボード15枚-
4《虚空の力線/Leyline of the Void
3《花の絨毯/Carpet of Flowers
1《突然の衰微/Abrupt Decay
1《真髄の針/Pithing Needle
2《強迫/Duress
1《再利用の賢者/Reclamation Sage
2《精神的つまづき/Mental Misstep
1《自然の要求/Nature’s Claim


————————

特筆すべきは《覆いを割く者、ナーセット》をメインに4積み。

Narset, Parter of Veils
Narset, Parter of Veils/覆いを割く者、ナーセット
コスト:1青青
伝説のプレインズウォーカー ナーセット(Narset)
各ターン、対戦相手はそれぞれ、カードを2枚以上引くことができない。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。
あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。
残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
初期忠誠度5
アンコモン

灯争大戦の数あるプレインズウォーカーの中でも、
特に影響力の強いものの1つ。
スタンダードより他の環境にかなりの環境変化をもたらしている。

ヴィンテージならではの凶悪カードや、
2枚目の《覆いを割く者、ナーセット》にアクセスできる忠誠度能力も強力だが、
常在型能力の「追加ドロー禁止」が飛び抜けて強い。

レガシーやヴィンテージではこれが面白いように刺さる。
刺さらない相手と言えばMUDと呼ばれるアーティファクト単(茶単)くらいか。
レガシーでは《思案/Ponder》《渦まく知識/Brainstorm》《定業/Preordain》などの、
青の軽いドロー加速系に刺さる。
言うまでもないが、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》にも。
ところがヴィンテージだと《思案/Ponder》と《渦まく知識/Brainstorm》は1枚制限。
代わりに同じく1枚制限だが、
Ancestral Recall
ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe
宝船の巡航/Treasure Cruise
などに刺さる。
また、ヴィンテージでは4枚使えて、レガシーでは禁止のカード、
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
Bazaar of Baghdad
など、環境を左右するようなカードにも恐ろしく効く。

特に《Bazaar of Baghdad》は、
「引いたカードも手札も全部捨てて墓地を肥やす事」
が目的なので、
根本的にドローを止められるとかなり遅れる。

このデッキではそれを面白い形でさらに強く作っている。
覆いを割く者、ナーセット》同様に追加ドローを止める《トレストの使者、レオヴォルド》の採用。
そして、パワー9の一角《Timetwister》。
その《Timetwister》の亜種、《一日のやり直し》を4積み。
これが組み合わさると、

覆いを割く者、ナーセット》か《トレストの使者、レオヴォルド》で追加ドロー禁止。
その後《Timetwister》か《一日のやり直し》で7枚引き直し。
しかし、対戦相手は追加ドロー禁止なので、

自分:手札7枚。
相手:手札1枚。


となる。

場の状況で相当に押されているならともかく、
そうでない状況で手札で6枚差を付けられるのは厳しい。

これをレガシー禁止の《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》、
そしてパワー9のMoxシリーズや《Black Lotus》などを駆使して、
2~3ターンで狙いに行くデッキ。

そういえば《一日のやり直し》って何?という人もいそうなので説明を。

Day's Undoing
Day’s Undoing/一日のやり直し
コスト:2青
ソーサリー
各プレイヤーはそれぞれ、自分の手札と墓地を自分のライブラリーに加えて切り直し、その後カードを7枚引く。
あなたのターンであるなら、ターンを終了する。
(このカードを含め、スタック領域にある呪文や能力をすべて追放する。
 あなたの手札の最大枚数になるまで手札を捨てる。
 ダメージは消え、「このターン」と「ターン終了時まで」の効果は終わる。)
神話レア

Timetwister》との違いは、

・自分のターンなら強制的にターン終了。
・撃ったら《一日のやり直し》は追放。


の2点。
コストは《Timetwister》と同じなので、非常に手軽だ。
その手軽さで《覆いを割く者、ナーセット》と組み合わせて、
「手札破壊」と「手札補充」を同時に仕掛けてくる。
これに加えて、
Bazaar of Baghdad》を使うデッキのように、
墓地を利用するデッキがヴィンテージには多く、
Timetwister》か《一日のやり直し》で墓地を空っぽにされるのは痛い。
こういった組み合わせがとても理にかなっている。

いつもなら

「どこの何からその電波受信したの?」

と言いたくなる今月のKの行動と言動だが、
このデッキは面白い。

先日のヴィンテージには店主も参加して、
このデッキに当たったのだが、
綺麗に《一日のやり直し》+《覆いを割く者、ナーセット》を決められ、
一本はそのまま投了した。

そして、このデッキで彼は2位だった。
本人曰く、
「ぶっつけ本番で作ったから調整が出来ておらず、
 サイドボードは相当練り直す必要がある。」
とのこと。
そうは言っても大会成績は良く、
動きも面白いデッキだったので、
これは紹介したいと思い、
デッキリストをいただいた。

灯争大戦とモダンホライゾンはなんだか、
「レガシー大戦」
「レガシーホライゾン」
と言いたくなりそうな程、
レガシーの環境に変化を与えてくれている。
ヴィンテージやレガシー等、
昔のカードから今のカードまで使える環境では、
最新カードが環境を変化させる事がそれほど多くないので、
こういう変化は非常に面白い。
昔のカードと最新カードの両方を使える環境ならではの楽しみだ。
同じ事はEDHにも言えるが、
やはりヴィンテージにまで影響が出るというカードは本当に面白い。

またKより、

「レガシーの時も言った気がするけれども、
 ヴィンテージを1度やってみて欲しい。
 パワー9等、ヴィンテージ特有の超高額カードの有無でデッキの強さが大きく違ってきちゃうのは否めない。
 でも逆にあまりの理不尽さに笑えてくるし、
 いつかは自分で打つ側に回ったときに再度笑えるから。
 そして、デュアルランドと同じくほぼほぼ値下がりしないカードだから、
 買ってから使わなくなっても2~3年後には、
 買った時の値段以上で売れるから大損するって事もないと思う。」


というコメントをいただいた。

店主個人としてはKがこういう事を言う立場になってくれてとても嬉しい。
ただし、彼は相変わらず自分の持っていない強いカードは、

「そのカードはチートだから禁止すべき。」

と常に言っている(笑)

ではまた。



記事作成日:2019/07/03