CardShop Serraの店主と行く台湾旅行記その1

この度、台湾旅行記の記事を書かせて頂くことになりましたウィンターと申します。

簡単に自己紹介させて頂きますと、
CardShop Serra様でよく遊んでおりまして、
その際にセラさんに仲良くして頂いています。
台湾旅行記のこらむも欠かさず読んでおり、
次に行く機会があれば呼んで欲しいとセラさんにお願いしたところ、
今回の台湾旅行に同行することになりました。
その際に今回の旅行記を書いてみないかという形でお誘いを受けたので、
こちらのこらむを記載することとなりました。

このような形で記事を書いた事がないため、
読みづらい部分もあるかと思いますがよろしくお願い致します。

4月17日(水)

10時50分東京駅に集合で無事にセラさん達に合流。
今回の旅行のメンバーはセラさん、チャーハン大好きSさん、台湾旅行常連の七式さん、大塚さん、
そして自分の5人。
しかし、集合時間になっても七式さんが現れず少し遅れて合流。
詳しく聞いてみると七式さんは腰を少しやってしまったとの事。
セラさんも前日に足をやってるしSさんも体調があまり良くないという状況。
パーティメンバーの半分がやられてるって大丈夫なのか?
と不安がよぎります。

集合の後に早めのお昼を食べにXEX Tokyoに。
ここはセラさんの台湾旅行記にも出てくる場所で、
夜来るとお財布に優しくない額のメニューですが、
ランチタイムならリーズナブルな値段で食べられるところです。
しかしいざ到着してみるとなんと予約で満席。
平日の11時で予約満席って流石だなぁと思いつつ併設されているサルヴァトーレでランチ。
ビュッフェ形式でデザートまでしっかり食べて、いざ成田に。

成田では特に問題もなくスムーズに出国手続き。
出国までの間をラウンジで過ごして台湾に向かって出発。
この時、パスポートをかざして顔認証で通過出来るというシステムを初体験して驚きました。

台湾に到着してまず思ったのは、とにかく暑い!
4月なのに日本の初夏と同じくらいの暑さで半袖で問題ないレベルでした。
さらに室内は空調ガンガンで寒い!
寒暖差が厳しい国だなぁという第一印象でした。
空港からホテルまではバスで送迎。

20190417_211722
今回のホテルはグリーンワールドホテル松山。
フロントの方は大体日本語が分かり、部屋も広く過ごしやすいホテルでした。
ホテルに到着後、荷物を部屋に置いて早速移動。

セラさんのご友人のパクさんと一緒にご飯。
人生初現地の台湾料理という事でテンション上げ気味で食事。
大根餅、ピータン粥など現地の料理を沢山食べましたが1番美味しかったのは海老のそぼろ。
セラさん激推しのこの料理、自分もその美味しさを実感出来ました。

ご飯の後はアカデミーレガシーゲームズさんでセラさん、七式さん、大塚さん、自分でEDH。
海外のカードショップには数回行った経験がありますが、
どこの国でもカードショップは大体同じような店構えになるんだなぁという印象でした。
セラさんが今回持ち込んだのは《まどろむ島、アリクスメテス》。
面白いジェネラル使ってるなぁと思ってたら唐突に追加ターンで1人死んだり、
無限マナ入ったりとボコボコにされました。
これで一晩で脳内組みって言うんだから驚き。
そして何故か毎回アリクスメテスに最初に吹き飛ばされる七式さん。

そんな感じでEDHをしてホテルに戻るともう深夜3時。
適当に次の日の起きる時間を決めて就寝。

4月18日(木)

昨晩の寝た時間が遅かったので昼間までぐっすり。
ようやく起きてさあ動き出そうというところで少し強めの地震。
震度3か4くらいだね?と同室の七式さんやSさんと話してましたが、
台湾市内の報道には国家的な地震との報道。
結構大ごとだったみたいで色んな方から連絡を貰いました。
連絡頂きました方々この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございます。

一段落ついたところでお土産を買いにサニーヒルズというところにタクシーで移動。
台湾のタクシーの初乗りが70元(1元=3.5円なので大体245円くらい)で滅茶苦茶安くて驚きました。
サニーヒルズはパイナップルケーキで有名なお店。

20190418_133924
販売されているパイナップルケーキは試食が出来るとの事で食べてみましたが、
生地がしっかりしていて中のジャムも濃厚で次も買って食べたくなる代物でした。
このサニーヒルズのパイナップルケーキは10個で420元、
一個あたり42元で現地の方からすると非常に高級品とのこと。
実際に食べてみるとそれも頷ける美味しさでした。

この台湾名物のパイナップルケーキ、
実は現地のスーパーなどでも一般家庭のおやつ用で販売されており、
1箱8個入り60元というお手頃価格のものが売られています。
味の違いに驚くから後で食べようとセラさんから一言。
「普通は美味しくないものを先に食べて、
 後から美味しいものを食べる順番じゃないか?」

というツッコミを押し殺して後で買うことに。

サニーヒルズを出た後は一度ホテルに戻り近くのスーパーで買い出し。
ウェルカムという名前で台湾ではそこら辺にたくさんあるスーパーです。
ホテルでみんなで飲む用のおつまみとお土産を探し、
無事に先ほどのパイナップルケーキを発見(8個入り60元のもの)して購入決定。
別の意味でお楽しみにしつつも買い物を続行。
ちなみに台湾では日本語表記のものがチラホラと売られていますが
絶妙に日本語が間違っているケースが。

20190418_145927 20190418_145919
台湾に行かれた方は一度探して見ても面白いと思います。

買い出しが終わるとファンタジーさんというお店に向かい、
こちらでもやっぱりEDH・・・
の前に、実はパイナップルケーキ以外に何も食べていなかったので流石に腹ごしらえ。
ファンタジーさんに荷物を置き、周辺のお店を散策しました。
自分が購入したのがタピオカミルクティー。
日本でも買えるやろとか言うツッコミは置いといて、
タピオカミルクティーは台湾発祥のもので七式さんの勧めもあり購入。
日本に比べてタピオカの量もサイズも大きく非常に飲みごたえがありました。
ちなみに七式さんは初めて台湾でタピオカミルクティーを飲んだとのこと。
七式さん、セラさんの台湾旅行に大体いるのに初めてだったんですね・・・。

また大塚さんが購入したのは現地のケンタッキーで購入した「大阪焼目鶏」。

IMG_2430
これどんな物か説明すると、フライドチキンに鰹節とお好み焼きソースがかかっているというもの。
たまたま通りがかったケンタッキーで日本フェアの様なものをやっていて、
怖いもの見たさに大塚さんが購入。
食べてみると何故かチキンがピリ辛の味付けになっていて違和感がたまらなかったです。

最後にSさんへのお土産に屋台でチャーハンを2つ購入。
このチャーハン注文から出てくるまでに3分かからず、
しかも2つ出来上がっているという早さ。
値段も1個85元という安さ。
サニーヒルズのケーキって1個42元だったよな?
台湾のチャーハンのコスパ凄いなと思いながらファンタジーさんに引き返しました。

ファンタジーさんでは買ってきたものを食べながらお店の中を物色。
カードがエキスパンション毎にファイルで整理されていました。
ファイルの表紙には中国語でエキスパンション名が記載。
この中国語のエキスパンション名は個性があって面白かったです。

個人的なお気に入りは「二十五周年大師」と「火花之戦」
「二十五周年大師」はマスターズ25thのこと。
マスターズ=大師という訳になっている様で完全に記念日の使者みたいになっていました。
「火花之戦」は最新セットである灯争大戦のこと。
これは現地にポスターがあったのですが、
ポスターデザインがプレインズウォーカーな為、
どう見てもB級映画な見た目になっていました。
他にも一部セットは当て字だったり、言葉の意味そのままだったりと
個性があったので興味のある方は他にも調べてみてはどうでしょう?

腹ごしらえをして、物色し終わったところでセラさんのご友人アルフさんと合流。
今までの経緯を説明したところやっぱり突っ込まれる「大阪焼目鶏」くん。
現地の人でも食べないそうで、
観光客が面白がって買うから良くないと言うアルフさん。
新商品を買った結果、現地の方に日本語でツッコミを受ける日本人という不思議な図。

アルフさんと合流後、メンツを変えながらみんなでEDH。
アルフさんのジェネラルは《永遠王、ブレイゴ》。
普通にガチジェネラルでしたが危ない動きを見せた瞬間、
妨害されてアリクスメテスが吹き飛ばすという謎のテンプレが出来てました。

一通り遊んだ後、今度はファンタジーさんのオーナーさん達に連れられて火鍋のお店へ。

IMG_2444
これまた人生初火鍋でワクワクしながら食べてみると身体の中から来る辛さと美味しさで非常に良かったです。
特に鴨血(ヤーシェ)を初めて食べたのですが
プルプルのレバーみたいな味で個人的には食べやすかったです。

火鍋を楽しんでいる中、隣の火鍋をみると辛い出汁を足してスープを真っ赤にしているSさんと七式さんの姿が。
セラさんは平然としていて、
「これより太和殿のスープのほうが辛い。」
と言っていました。
相変わらずだなぁと思いつつ怖いもの見たさに食べてみましたが、
目が覚めたのと後日お尻が痛かったのを覚えています(笑)

火鍋を食べ終わってホテルに戻り、5人でドラフト。
使ったのはラヴニカの献身2パックとラヴニカのギルド1パック。
通常やるときはこの様に混ぜないのですが、
セラさんがどちらのパックも剥いた事がないという事でこの構成に。
剥く順番は献身、献身、ギルドの順。

順調にピックを進めていき、
ラヴニカのギルドでのピックを始め出すと、
セラさんから「色が合わん」と一言。
そりゃそうだと全員からツッコミを受けるセラさん。
自分は剥いたカードがあまり強くなく、
遊びに振り切ったネタ構築にしたところボコボコにされました。

ドラフトが終わったところで深夜3時に。そのままベットでばたんきゅー。

次回に続きます。



記事作成日:2019/05/18



記事のカテゴリー

他の「その他のこらむ」記事