クリーチャー版パワー9

ツイッター質問箱でこのような質問をいただいた。

———————

クリーチャー版のパワー9も是非。

———————

クリーチャー版パワー9、
人それぞれ基準や意見はあれども、

・パワー9と呼ぶからには可能な限りレガシーの活躍よりヴィンテージを主軸に。
・アドバンテージをしっかりと取れるかどうか。

の2つに重点を置いて選定。

まずはストレートに9枚回答。

引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn
グリセルブランド/Griselbrand
死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman

瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
僧院の導師/Monastery Mentor
磁石のゴーレム/Lodestone Golem

闇の腹心/Dark Confidant
トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest
石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic

9枚選ぶならこんな感じだろうか。
(誰が一番などは無く順不同。)

タルモゴイフ/Tarmogoyf
秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets
真の名の宿敵/True-Name Nemesis

の御三方は強いのだけれども、
上記の者達と違ってアドバンテージは得られない。
単一除去呪文を相手の手札で腐らせる《真の名の宿敵》は、
全くアドバンテージを得られないとは言わないのだが。

この御三方を落とした理由はこれで、
逆に9名がランクインする理由はやはりなんらかのアドバンテージ。

・《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn
Emrakul, the Aeons Torn

マナを払って登場しない生物ランキング殿堂入り。
ドルイドの誓い/Oath of Druids
実物提示教育/Show and Tell
全知/Omniscience
などでコストを踏み倒して出てくる事ばかり。
特に《全知》からの追加ターン+滅殺6は鬼神の如き強さ。
EDHでも禁止されるだけのことはある。

・《グリセルブランド/Griselbrand
Griselbrand

マナを払って登場しない生物ランキング殿堂入り2号。
環境的には《引き裂かれし永劫、エムラクール》のお友達。
こいつも前述のようなコスト踏み倒し装置で出てくる事ばかり。
そしてこいつもEDHで禁止。
7ライフ支払い7ドロー、絆魂持ちと完全に自己完結。

・《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
Deathrite Shaman

レガシーの世界で暴れまわり、というよりも暴れ過ぎて、
ついには禁止されてヴィンテージ以外に生きる世界を失った生物。
1マナの生物とは思えない異常な性能。
3つの能力の高さだけでも強いのに、
何故かタフネスが2ある。
バランスブレイカーと言われるだけのことはある。

・《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
Snapcaster Mage

登場以来、レガシー、ヴィンテージのどちらでも活躍する青の最高級ウィザード。
墓地からカウンターや《Time Walk》《Ancestral Recall》を撃たれると絶望的。
2マナ2/1とアタッカーとしても及第点であり、
柔軟性を考慮すると青最強のクリーチャーと言っても過言ではないほど。
青そのものが柔軟性を持っている色である所に、
さらにかゆい所に手を届かせる優秀な子。

・《僧院の導師/Monastery Mentor
Monastery Mentor

ヴィンテージで1枚制限をくらった珍しい生物。
「置けば人が死ぬ。」と言われるほどの凄まじい制圧力を誇る。
レガシーでも活躍の場はあるのだが、
ヴィンテージの活躍は桁違い。
モックスシリーズをはじめとする低コストカードでの能力誘発が大きい。
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》が2枚あると、
マナの数だけ能力誘発という恐ろしい事ができる。

ちなみに、
「《僧院の導師》置いときゃ勝てるだろ。」
と安易に2ターン目に《悪魔の教示者/Demonic Tutor》から持ってきて、
Black Lotus》からプレイしてみたら、
本当にそのまま押し切ってしまった事がある。

・《磁石のゴーレム/Lodestone Golem
Lodestone Golem

長いMTGの歴史の中で、
一番最初にヴィンテージで1枚制限された生物。
巨大戦車/Juggernaut》の上位互換と呼ぶにはあまりにも強い。

アーティファクト大好きな店主はこのカードを最初に見た時、
「なんでこのカードは《巨大戦車》に《Time Walk》がついてるんだ?」
と言った。
ワールドウェイクが出た途端に4枚集める事を決意したレアだった。
4枚使えた頃には、
1ターン目に《磁石のゴーレム》プレイ。
2ターン目に2体目の《磁石のゴーレム》プレイ。
とプレイするだけで、
対戦相手が1枚の呪文もプレイ出来ずにゲームが終わってしまう事もあった。

・《闇の腹心/Dark Confidant
Dark Confidant

使い方を間違えると自爆スイッチになるが、
アドバンテージをくれる黒の最高級ウィザード。
コストが低いカードを大量に詰め込むレガシーやヴィンテージでは、
このカードのアドバンテージ力は他のレギュレーション以上。

ちなみに公式大会で対戦相手がこのカードを使い、
アップキープに《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》がめくれ、
こちらは何もしていないのに対戦相手が一瞬で死んだ事がある。

・《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest
Leovold, Emissary of Trest

コンスピラシー2のセット名の俗称を「レオヴォルドくじ」にしてしまう程の1枚。
指定コスト3の3色カードなので、使うデッキは限られてくるが、
能力の範囲が広く、能力が刺さらない相手のほうが少ない。
置かれるとアドバンテージを1つくらいは持って行かれる。
EDHでは禁止されている。

・《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic
Stoneforge Mystic

ヴィンテージではあまり見ないがレガシーでは大活躍。
装備品が多種多様に増えれば増えるほど強くなる1枚。
特に
殴打頭蓋/Batterskull
梅澤の十手/Umezawa’s Jitte
の存在が大きい。
そして、能力でコストを踏み倒し、
カウンターもさせずに場に出せる事も強み。

主観ではあるものの、
この中で最強は何?
と聞かれたら、
迷わず《磁石のゴーレム》を選択。
このカードについては、
「よくこのカードのデザインにGOサインが出たなぁ。」
と見た途端に思った程。
ちなみにワールドウェイクの発売日は2010年2月5日。
このカードがヴィンテージで制限された日は2016年4月8日。
6年は放置されていたというか、
6年間4枚フル投入でお世話になりました。
「1マリガンくらいなら、
 1ターン目にこれ置けばすぐ取り戻せる。」
と思えるくらいの強さだった。
1枚制限された時は、
「なんでクリーチャーが1枚制限くらうの?!」
と思いつつも、
「いや、このカードなら仕方ないか。」
と思った。

こういうお話も楽しいので、
またいつかヴィンテージやレガシーの世界をひっくり返すような生物が出た頃に書き直してみたい。

余談だけれども、
よく冗談の話題で
「パワーが9のクリーチャーを9種でパワー9!」
というものが出る。
ちなみにパワー9、タフネス9の生物だけでも9種以上ある。
ピッタリ全部9種だったら面白かったのだが。

ではまた。



記事作成日:2019/02/10



記事のカテゴリー

他の「その他のこらむ」記事

他の「質問箱」記事