今月のKその20

ツイッター質問箱でこのような質問をいただいた。
———————
K-20用
K「え?俺みたいな一般人と違う、ちょっとおかしい人だと思ってるけど。」
この発言、ものすごく同意できるんですけど。 K氏の方がまともだと思いますよ。
胸に手を当ててみましょう。
きっと思い当たることが走馬灯のように・・・

と、時候のあいさつはそれくらいにして、 かなり忙しそうだけど、
倒れん程度にがんばってくださいな。

————————

この質問に対して、

————————

胸に手を当ててみると思い当たるフシがある事は否定出来ませんでした。
が、質問者様は本当のKをご存知でない。 彼はすごいですよ、色々な意味で。
倒れん程度に頑張ります。お気遣いありがとうございます。
一般人よりちょっとおかしい店主でした。

————————

自分はこの質問にこう回答している。

そしてこれに回答したあと、
回答を見たKから連絡が。

店主「なにかね?」
K「世の中の人がちゃんと解っているということだ。」
店主「言うと思った台詞そのまんま言うんじゃねえ!
 ひねってこい!やり直しだ!」
K「だって、これが真実なんだし。」
店主「名探偵が言っていようとも、
 真実はいつも1つとは限らんのだよ、Kくん。」
K「あと、先週の月曜からずっと風邪気味なんで、
 ひねりを入れる頭が回らない。」
K「ジッチャンのナニ賭けて、真実はいつも1つ。」
店主「奇遇だな、俺も友人も風邪。
 ただし、貴公の頭が回らないのはいつものことだ。」

店主「あと、勝手にジッチャンのナニ賭けてんじゃねえよ!

 犯人間違ったらジッチャンがバッチャンに!」


K「やつはギャンブラーだから、
 他人の同意無しに勝手に賭けるからなぁ。」
店主「いつ金田一少年はギャンブラーにデビューしたんだよ。」
K「宿敵がマジシャンだし、マジシャンVSギャンブラーでバトル物にすればOK。」
店主「回答になってないだろ(笑)
 金田一がいつからギャンブラーになったのかって話はどこ行った?
 さすが回ってない頭は一味ちがうな。」
K「ギャンブラー、つまり、何年も賭博行為を行ってるということ。
 しかも一回も負けてないぞ」
店主「なにがどう『つまり』なのかわからない・・・。」
K「勝手にナニを賭け続けてる賭博常習犯。」
K「ジョジョにもギャンブルシーンあるし、普段と違う戦いもありじゃね?」
店主「『普段と違う戦い』以前に、
 そもそも金田一少年の事件簿はいつからバトル漫画になったんだ。」

こんな会話からしてもKのどこが一般人なのだろうか。

さらに直近ではこんなエピソードもある。

K「この、リンゴと三角の違いって何?」
と彼から画像を見せられた。
9155
Google Playカードと
iTunesカードだ。
Kはスマホやタブレットの課金コンテンツの何かを買いたいのだろう。

店主「林檎はアップル社のもので、iPadやiPhone用。
 三角はGoogle Playのカードで、Android用。
 KはAndroidを使っているから、
 三角のほうを買えばOKだよ。」

K「ありがとう、行ってくる!
 課金王に俺はなる!」
課金王

K「ついにやってしまったわ…」
9169

?!

wakaranai

課金をする前に 言っておくッ!
おれは今 Kのスタンドを ほんのちょっぴりだが 体験した

い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 奴にGoogle PlayカードとiTunesカードの説明をし終わって、
KはGoogle Playカードを買うと思ったら、林檎を手にしていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが

おれも Kが何をしたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 説明不足だとか超カンチガイだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

ポルナレフ

店主「そっちじゃない、そっちを買ったらあかんて(笑)」

彼は確かに嘘は言っていない。

やってしまった。

という事に関しては。

即、電話をしてあげて、
店主「それ、返品&交換出来るかも。レシート見せて、
 交換だったら行けるかもしれない。
 ダメもとで言ってみたら?」
とアドバイスし、
結果的にはダメだった。

店主「仕方ないな。
 それはiPhoneユーザーのワタクシが使ってあげようじゃないか。」

K「丁重にお断りする。あ、でも減額されてもいいから買い取って(笑)」

店主「わかったわかった(笑)」

K「買い直してくる。二度と間違えねェから!!!!」
間違えない

さすがはK。
年の瀬であろうと平常運転でネタをくれる。
まさかきっちり説明した後に間違ったほうを買うとは思わなかった。
しかもそれで発言が「課金王になる!」である。
一応、間違ってiTunesカードをいくら分買ったのか聞いてみた。
K「1680円。」
と回答された。
随分と控えめな課金王だ。

店主「とりあえず罰として1万円分でGO。」
K「えー。」
店主「課金王、控えめ過ぎだろ。」
K「何事もほどほどが一番だろ。」
店主「課金王、人生が全然ほどほどじゃないだろ。」
K「普通だよ。」

と、いつもの不毛な会話に発展したところで、
今年の最後のこらむとしたいと思います。
来年もKの行動と言動に期待しましょう。
彼はきっと期待を裏切らないはず。

来年もCardshop Serraとこらむをよろしくお願いします。
1年間ありがとうございました。

ではまた。



記事作成日:2018/12/31



記事のカテゴリー

他の「店主の日常」記事

他の「質問箱」記事