Stream of Life/命の川

今回のお題は
永田和也さんからのリクエストカード。

Stream of Life/命の川
コスト:X緑
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはX点のライフを得る。
コモン

有史以来ずっとコモンだったのだが、
何故か第8版でアンコモンに昇格。
誰も喜ばない。

Stream of Life》と英語で言われると日本人では誰もわからないかもしれないこのカード。
知り合いは「ライフリバー」などと間違った名前で英語名を言ってしまうこのカード。
初心者時代に多くの人が最強カードじゃないかと一瞬は思ってしまうこのカード。
β版時代から第8版まで全てに再録されているこのカード。
オラクルのテキストも昔から何も変わらないこのカード。
2005年の最初のコラムがよりにもよってこのカード。

この再録率100%の基本セットファイター、
命の川》に今日はスポットライトを当ててみよう。
警察の取調べのライトじゃありません。
うだつのあがらないカードにもたまには目を向けるの大事なんです。
ええ。

2004年を揺るがした最強デッキ、Affinity(親和)。
それに対抗しうるために現在(2005年1月現在)最も活躍するデッキの1つ、《歯と爪/Tooth and Nail》デッキ。
このデッキの多くは緑単色で作られている。
ウルザ地形3種を並べ、多量のマナの出る《歯と爪》デッキ、
まずはこのカードプールに《命の川》を入れてみようというのが、今日のお題だ。
ウルザ地形から出る多くのマナが、
多大なるライフアドバンテージをプレイヤーに与えてくれるに違いない。
ウルザシリーズが揃えば最低でもX=7の《命の川》が炸裂するのである。
2005年のメタは《命の川》から始まる。

さて構築。

精神隷属器/Mindslaver》や《忘却石/Oblivion Stone》、
ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》などのスペースを削り、
ここをあえて《命の川》に!!

そこ、ブラウザを閉じないように。

デッキレシピ。
-メイン-

3《命の川》!!!!!!
4《永遠の証人/Eternal Witness
4《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
3《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
1《トリスケリオン/Triskelion
1《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
1《隔離するタイタン/Sundering Titan
1《映し身人形/Duplicant
1《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus
1《メフィドロスの吸血鬼/Mephidross Vampire
4《歯と爪/Tooth and Nail
4《森の占術/Sylvan Scrying
3《酸化/Oxidize
3《刈り取りと種まき/Reap and Sow
3《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
10《森/Forest
4《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant
4《ウルザの塔/Urza’s Tower
4《ウルザの鉱山/Urza’s Mine
1《先祖の院、翁神社/Okina,Temple to the Grandfathers

-サイド-
1《命の川》!!!!!
2《帰化/Naturalize
2《精神隷属器/Mindslaver
2《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
1《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
1《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All
1《隔離するタイタン/Sundering Titan
1《白金の天使/Platinum Angel
1《映し身人形/Duplicant
1《刈り取りと種まき/Reap and Sow
1《酸化/Oxidize
1《レオニンの高僧/Leonin Abunas

さあデッキの完成だ。
読んでいる人も使ってみたくなったに違いない。(そう思いたい)
デュエル開始といこうじゃないか。

以下の記録は本当にデュエルした結果です。
対戦相手はAffinity(親和)。

1ターン目:《》セット、エンド。
2ターン目:《ウルザの塔》セット、《桜族の長老》出してエンド。
(相手のエンドに《桜族の長老》生贄で《》を出す)
3ターン目:《ウルザの鉱山》セット、《森の占術》で《ウルザの魔力炉》持ってきてエンド。
4ターン目:《歯と爪》撃って勝ち。
(手札に《命の川》は1枚)

・・・・あれ?おかしいな。
もう1回もう1回。

1ターン目:《》セット、相手のアーティファクトに《酸化》。
2ターン目:《ウルザの鉱山》セット、《師範の占い独楽》エンド。
3ターン目:《》セット、《永遠の証人》出して《酸化》回収。
4ターン目:《真面目な身代わり》。
5ターン目:《師範の占い独楽》起動ドロー、《ウルザの塔》セット。《酸化》×2。
6ターン目:《映し身人形》。
7ターン目:《》セット、《師範の占い独楽》起動ドロー、《永遠の証人》出して《酸化》回収(残ライフ13)
8ターン目:《ウルザの鉱山》セット、《師範の占い独楽》置いてエンド。
9ターン目:《歯と爪》撃って勝ち。
9ターン目のドローは8ターン目のエンドに《師範の占い独楽》で見て、
ライブラリーの上3枚は《命の川》、《ウルザの塔》、《》の3枚。
・・・・あれれ?おかしいな。
ワンモアたいむ。
・・
・・・
・・・・4ターン目自分死亡(《命の川》は手札にあったが撃つヒマなし)
わんもあタイム。
・・
・・・
・・・・6ターン目《歯と爪》撃って勝ち。(5ターン目のドローは《命の川》)
ワンモアたいむ。
・・
・・・
・・・・5ターン目《歯と爪》撃って勝ち。(《命の川》は1ターン目から手札に)

これにてスタンダードのメタ講座を終了・・・
え?《命の川》?
なんですかそれは。
そんなカードはデッキに入れてませんよ。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事