一年戦争

2011年6月から約1年前。



我々は一人の英雄を失った。
これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
白青デッキに比べ、我が赤単のデッキパワーは30分の1以下である。
にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!
諸君!我が赤単のデュエル目的が正しいからだ!
一握りの金持ちが1万円にまで膨れ上がった精神ジェイスを買いあさって1年、
赤単を愛する我々がプレインズウォーカーの強化を要求して、
何度WotCに踏みにじられたかを思い起こすがいい。
赤単公国の掲げる、一億総火の玉のための戦いを、神(DCI)は見捨てる訳は無い。
赤のプレインズウォーカー、諸君らが愛してくれたチャンドラは最初から死んでた、何故だ!
(5マナだからさ。)
スタンはやや落ち着いた。
諸君らはこの環境を対岸の火と見過ごしているのではないのか?
しかし、それは重大な過ちである。
白青デッキは聖なる唯一の赤単をいじめて生き残ろうとしている。
我々はその愚かしさを白青デッキのジェイスどもに教えてやらねばならんのだ。
チャンドラは諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、最初から死んでた!
戦いはこれからである。
我々の軍備はますます復興しつつある。
白青デッキとてこのままではあるまい。
諸君のデッキもプレイングも、白青の問答無用な石鍛冶とジェイスの前に死んでいったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない!
それをチャンドラは自らがカスレア扱いを受けて我々に示してくれたのだ!
我々は今、この怒りを結集し、白青デッキに叩きつけて初めて真の勝利を得る事が出来る。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。
赤単よ立て!
悲しみを怒りに変えて、立てよ赤単!
我々は諸君等の力を欲しているのだ。
ジーク・レッド!
————————————-

現在(2011年6月)。




我が忠勇なる赤単軍兵士達よ、
今や白青デッキの半数がルール裁定によって宇宙に消えた。
この裁定こそ我等赤単の正義の証である。
決定的打撃を受けた白青デッキに如何ほどの戦力が残っていようとも、
それは既に形骸である。
敢えて言おう、カスであると!
それら軟弱のデッキがこの赤単を抜くことは出来ないと私は断言する。
人類は我等選ばれた優良種たる赤単大好き民に管理運営されて、
初めて永久に生き延びる事が出来る。
これ以上白青にいい顔をされてはMTGそのものの危機である。
白青の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。
今こそ赤単は明日の未来に向かって立たねばならぬ時であると!








書いてみたかっただけ。
元は親和時代から約6年、
久しぶりにスタンダードで禁止カードが出た事。

精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic

の2枚。2011年7月から禁止だそうな。
理由は言うまでもなく強すぎるため。
2枚ともあと三ヶ月でスタンダード落ちするとはいえ、
大会の上位を白青デッキが占めてしまう事を懸念しての禁止。
逆に、何故ここまで放置されていたのかと言えるくらい。

とくに神ジェイスや真ジェイスや精神ジェイスと呼ばれたジェイスさんのほうは、
とある大会ではデッキ内容は違うのに、
4《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
4《思案/Ponder
だけはTop8全員が入れていたというほどの凶悪っぷり。
また、スタンダードだけではなく、レガシー、ヴィンテージでも猛威を振るう。
もちろんEDHでも。
実際、自分の経験では、EDHでこのジェイスを置いて負けた事はただの1度も無い。
置いたが最後、必ず全員倒している。
今までにこのジェイスを置いた回数がEDHだけで100回以上あるというのに。
他のプレインズウォーカーでここまで強いカードは無いし、
置いて負けた事が1度も無いなんてカードは滅多な事じゃありえない。
1種だけが飛び抜けているのがよくわかる。
ヴィンテージでは、《求道者テゼレット/Tezzelet the Seeker》だけが、
唯一ヴィンテージで採用されるプレインズウォーカーと思われていたが、
デッキによっては、
4《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
1《求道者テゼレット/Tezzelet the Seeker
なんてこともある。ジェイス3、テゼレット2という場合も。
こういった所でもどれだけこのカードが強いかを物語る。

それにしても、公式回答も中々ひどい事を書いている。
以下の二行は公式の文章。

>ゼンディカーのプレインズウォーカーは3種類ともあまりにも弱かったと気づいていました。
>そこで、《精神を刻む者、ジェイス》で一発逆転を狙ったのです。

一発逆転した程強かったが、今度は強すぎたと公式が認めてしまっている。
なんにしても、
ソリンさん、燃えチャンドラさん、ニッサさんは、
公式で「あまりにも弱い」と認定されたわけです。
なんだか可哀想です。
チャンドラさんはオリジナルである5マナのほうも強くないので、
目もあてられない状態。
ソリンさんは「弱い」と言い切られているにも関わらず、
どういうわけか2011年7月発売予定のMagic2012で再録決定。
さてさて、今後はどうなっちゃうんでしょうか。

ではまた。



記事作成日:2011/06/29



記事のカテゴリー

他の「その他のこらむ」記事