Survival of the Fittest/適者生存

今回のお題は、
お客様であり、友人でもある、
鎌田真司さんからのリクエストカード。

Survival of the Fittest/適者生存
コスト:1緑
エンチャント
(緑),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探す。そのカードを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
レア

エクソダスのトップレアとして君臨したこのカード。
俗世の教示者/Worldly Tutor》というカードを台無しにしたカード。

なに?《俗世の教示者》を知らない?

Worldly Tutor/俗世の教示者
コスト:緑
インスタント
あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、そのカードを公開する。あなたのライブラリーを切り直す。その後そのカードをその一番上に置く。
アンコモン

というミラージュのアンコモン。
過去、この《俗世の教示者》がトーナメントデッキに投入された回数は、
限りなく0に近いと言っていい。(筆者が知る限りでは0だ)
一方《適者生存》は、スタンダード、エクステンデッドはおろか、
Type1(ヴィンテージ)の世界にさえも登場してしまうエリートカード。
「何度も使える」「即座に手札に入る」という単純な理由だけで(単純なだけに)、
トーナメント・カードの称号か、カス・カードの称号かが大きく変わっている。

俗世の教示者》の立場はひとかけらも無い。
適者生存》が失敗作(強すぎるという意味で)なのか、
俗世の教示者》が大大大大失敗作なのか、
カードデザイナーを小一時間問い詰めてみたい。
適者生存》は出た当初から、
適者生存》→クリーチャーを捨てる→
状況に合ったクリーチャーを出す→《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare》で落としたクリーチャーを釣る。

という使い方でトーナメントを席巻。(デッキ名:NWO)
当時のプロツアーや世界選手権を制覇したキーカード的存在。
その後、《繰り返す悪夢》はデッキから抜けるも、 《適者生存》はそのまま残り、
エクステンデッドでも上位に食い込むデッキ(NWO)や、
アカデミーの学長/Academy Rector》等を使用するコンボデッキのキーパーツとして使われ、
最後にはエクステンデッドで使用禁止になってしまうほど。
やはり何度も使う事が出来るチューター(教示者)はダメという事だろう。

適者生存》は、古参のプレイヤーならばともかく、
マジック歴0~4年のスタンダード・プレイヤーでは、知らない人もいることだろう。
今(2004年)でも入手はあまり難しくないこのカード、
もはや使える環境は

Type1(ヴィンテージ)、Type1,5(レガシー)

の2種でしかないが、その2種のレギュレーションでも活躍は可能なカードである。
日本ではType1(ヴィンテージ)やType1,5(レガシー)の大会は少ないが、
フリーで遊んでみたりしてみてはどうだろう?
なお筆者はヴィンテージもレガシーも大好きである。
普段と違ったマジックも面白いだろうし、昔のカードには昔のカードなりの良さがある。
適者生存》はそんな昔のカードとしての良さを、最高級に持っている1枚と評価してもいい。

今のスタンダードのカードと、過去の《適者生存》を組み合わせ、
新しいデッキを組んでみれば、新しく発見出来るものは数多くある。
この文を読んで「ちょっとやってみたい」と思えたのなら、
今でなくても、いつか《適者生存》を使ってみてほしい。
そう言ってしまえるほど魅力的なカードだ。

余談だが、この《適者生存》がこの世に出た頃、
マジックにはFOILカードが存在していなかったのだが、
適者生存》のFOILは何故か存在する。
見たことのある金額では30万円を超えていた。
黒枠部分が銀枠のような感じになっており、
アングルードやアンヒンジドのFOILのような印刷になっている。
テスト印刷カードと言われて発行枚数などは一切不明。
ただしテスト印刷カードはそう多い枚数を刷らないはずなので、
この世に存在する枚数は非常に少ないと思われる。

変なカードを沢山コレクションする筆者でも
適者生存》のFOILは持ってません。
欲しいか?と言われたら欲しいのですが、
さすがに手が出ない金額です。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「カードこらむ」記事