SDCC2013 Garruk, Caller of Beasts


先日に引き続き、
SDCC版の《獣の統率者、ガラク/Garruk, Caller of Beasts》。
見たいという声があったので。
もともとガラクの見た目はアメリカンコミック風ですが、
このシルエット仕様だとよりアメリカンコミックのキャラクターのようです。
X-MENなどに出てきても不思議が無い感じです。

こう言ってしまうと、
とても愚痴っぽくなってしまうのですが、
せっかくこんな面白いプロモカードを作ったのだから、
何故Magic2014のプレインズウォーカーを一新しなかったのかと。

言うまでもないですが、前回のチャンドラ同様、
プレイした際にわかりにくいのは変わりません。

このシルエット版のラインナップが、
遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant
精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster
野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
の5種だったら最高でした。



記事作成日:2013/09/11