EDHデッキ紹介その104(Kydele, Chosen of Kruphix/クルフィックスに選ばれし者、キデール)

今回のデッキ紹介は、
クルフィックスに選ばれし者、キデール/Kydele, Chosen of Kruphix
統率者2016に入っている共闘持ちの生物。
統率者2016が出てから、
Cardshop Serraで一度も共闘持ちのデッキ紹介をしていなかったので、
一度くらいはデッキ紹介しましょうとスタッフと話してこのデッキを作成。

共闘とは、

両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。

という効果を持つ。
詳しく説明すると、

・ジェネラルは2枚、デッキは98枚。
・ゲーム開始時に全員に公開するジェネラルも当然2枚。
・どちらもジェネラル領域(統率者領域)に置いて開始。
・ジェネラルダメージを与える場合、別々にカウントする。
・ジェネラルの領域移動でジェネラル領域に置いて再度プレイする場合も別々に追加2マナがかかる。
・共闘という能力を持っているのであれば、色がずれているジェネラルを選んでもよい。

ジェネラル2枚でデッキが98枚というところが、
一番ルールを破壊していると言える。
今回の紹介では、
クルフィックスに選ばれし者、キデール》と書いている理由は、
もう片方はほとんどただのカラーマーカーだからだ。
一応それでも両方のジェネラルを紹介。

Kydele, Chosen of Kruphix
Kydele, Chosen of Kruphix/クルフィックスに選ばれし者、キデール
コスト:2緑青
伝説のクリーチャー 人間(Human) ウィザード(Wizard)
(T):このターンにあなたが引いていたカード1枚につき、あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)
2/3
神話レア

他に類を見ないマナの出し方をする生物。
ドロー呪文を使わなくとも、
自分のターンであればドロー・ステップがあるので、
最低でも1マナは出せる。
その場合は4マナで1マナ出せるだけの生物だが、
それでも使えなくはない。
対戦相手のターンはマナが出せない事も多々ある。

セブンドロー系カードを1枚でも使うと、
とんでもない数のマナが出るインチキ生物。
渦まく知識/Brainstorm》を撃つと出せるマナが3マナ増える。
「コンボやってください。」
と書いてあるようなものである。
この生物が攻撃する事などまず無いと言っていい。
攻撃していたらある意味負けである。


もう片方のジェネラル。
Vial Smasher the Fierce
Vial Smasher the Fierce/激情の薬瓶砕き
コスト:1黒赤
伝説のクリーチャー ゴブリン(Goblin) 狂戦士(Berserker)
あなたが各ターンのあなたの1つ目の呪文を唱えるたび、
激情の薬瓶砕きは無作為に選んだ対戦相手1人に
その呪文の点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)
2/3
神話レア

基本的には
「デッキに赤と黒のカードを入れるため。」
という役割なので、
既に役目が終わっている。
デッキ構成上まずプレイしないが、
たまに2/3で着地してブロッカーになる程度の仕事はする。

能力は多人数戦では誰にダメージが当たるかを指定出来ないが、
プレイした呪文次第ではかなりのダメージが期待出来る。
もちろん対戦相手が1人であればその人にしか当たらないため、
このカードはレガシーで活躍する事がある。
このカードを置いて、《火炎破/Fireblast》で合計10点ダメージを狙える。
なかなかに面白い使い方も出来る1枚。
だが、このデッキではカラーマーカー。

ジェネラル:2種
共闘《クルフィックスに選ばれし者、キデール/Kydele, Chosen of Kruphix
共闘《激情の薬瓶砕き/Vial Smasher the Fierce

-クリーチャー9枚-
歩行バリスタ/Walking Ballista
金粉のドレイク/Gilded Drake
バザールの大魔術師/Magus of the Bazaar
キオーラの追随者/Kiora’s Follower
研究室の偏執狂/Laboratory Maniac
粗石の魔道士/Trinket Mage
概念泥棒/Notion Thief
命運縫い/Fatestitcher
ルーン角のヘルカイト/Runehorn Hellkite

-インスタント17枚-
否定の契約/Pact of Negation
渦まく知識/Brainstorm
輪作/Crop Rotation
神秘の教示者/Mystical Tutor
自然の要求/Nature’s Claim
白鳥の歌/Swan Song
吸血の教示者/Vampiric Tutor
秘儀の否定/Arcane Denial
サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
劇的な逆転/Dramatic Reversal
リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul’s Vault
Mana Drain
汚れた契約/Tainted Pact
大あわての捜索/Frantic Search
意志の力/Force of Will
知性の捧げ物/Intellectual Offering
誤った指図/Misdirection

-ソーサリー15枚-
信仰無き物あさり/Faithless Looting
伝国の玉璽/Imperial Seal
親身の教示者/Personal Tutor
Demonic Tutor
作り直し/Reshape
森の占術/Sylvan Scrying
Transmute Artifact
加工/Fabricate
Timetwister
毒の濁流/Toxic Deluge
Wheel of Fortune
意外な授かり物/Windfall
綿密な分析/Deep Analysis
時のらせん/Time Spiral
宝船の巡航/Treasure Cruise

-エンチャント2枚-
森の知恵/Sylvan Library
調律/Attunement

-アーティファクト22枚-
金属モックス/Chrome Mox
水蓮の花びら/Lotus Petal
魔力の墓所/Mana Crypt
モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
オパールのモックス/Mox Opal
Candelabra of Tawnos
探検の地図/Expedition Map
魔力の櫃/Mana Vault
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
太陽の指輪/Sol Ring
ディミーアの印鑑/Dimir Signet
友なる石/Fellwar Stone
厳かなモノリス/Grim Monolith
イゼットの印鑑/Izzet Signet
精神石/Mind Stone
虹色のレンズ/Prismatic Lens
シミックの印鑑/Simic Signet
威圧のタリスマン/Talisman of Dominance
威圧の杖/Staff of Domination
金粉の水蓮/Gilded Lotus
記憶の壺/Memory Jar
アルハマレットの書庫/Alhammarret’s Archive

-プレインズウォーカー1枚-
求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker

-土地32枚-
Badlands
Bayou
Taiga
Tropical Island
Underground Sea
Volcanic Island
繁殖池/Breeding Pool
蒸気孔/Steam Vents
湿った墓/Watery Grave
教議会の座席/Seat of the Synod
古えの墳墓/Ancient Tomb
乾燥台地/Arid Mesa
Bazaar of Baghdad
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum
真鍮の都/City of Brass
統率の塔/Command Tower
溢れかえる岸辺/Flooded Strand
発明博覧会/Inventors’ Fair
マナの合流点/Mana Confluence
湿地の干潟/Marsh Flats
霧深い雨林/Misty Rainforest
汚染された三角州/Polluted Delta
沸騰する小湖/Scalding Tarn
シヴの浅瀬/Shivan Reef
産業の塔/Spire of Industry
色あせた城塞/Tarnished Citadel
地底の大河/Underground River
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast


——————————
基本の勝ち手段は

クルフィックスに選ばれし者、キデール
威圧の杖

の2枚での無限ライフ、無限マナ、無限ドロー。
条件はシンプルで、
1ターンにカードを5枚以上引き、
クルフィックスに選ばれし者、キデール》で5マナ以上が出て、
威圧の杖》を置いてあれば成立。

具体的に書くと、
クルフィックスに選ばれし者、キデール》で5マナを出す。
威圧の杖》の3マナ起動で《クルフィックスに選ばれし者、キデール》をアンタップ。
威圧の杖》の1マナ起動で《威圧の杖》をアンタップ。
これで1マナが余るので、
以下繰り返しで無色の無限マナ。
無限マナが出るので、《威圧の杖》を使い放題になり、
無限ライフ、無限ドローへ。
最終的には《歩行バリスタ》を引いて無限ダメージか、
研究室の偏執狂》での勝利。


ジェネラルを使用しない勝ち方として
研究室の偏執狂
汚れた契約
の2枚だけでも勝利可能。

一応《汚れた契約》の効果を書いておこう。

Tainted Pact
Tainted Pact/汚れた契約
コスト:1黒
インスタント
あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。
このカードが、これにより追放された他のカードと同じ名前を持たないかぎり、
あなたはこのカードを自分の手札に加えてもよい。
あなたがカードを手札に加えるか、同じ名前のカードを2枚追放するかするまで、この手順を繰り返す。
レア

ライブラリーのトップ次第だが、
勝ちに行くカードを入手するためのチューターにもなるカード。
なお、紹介のデッキは基本土地さえ入れていないので、
同名のカードを2枚追放する事はない。
つまり、状況次第とはいえ、
・勝ちに行くための1枚
・追放されたらまずいカード
のどちらかを手札に入れる事になるのが基本。

ジェネラルを使用しない勝ち方のほうは単純明快で、
研究室の偏執狂》を置いて、
何らかの手段のドロー、またはドロー・ステップの手前で、
汚れた契約》を撃てばOK。
これで全部ライブラリーを追放してしまえば、
ドロー出来なくなり《研究室の偏執狂》で勝利出来る。
ドローする前に《研究室の偏執狂》を除去されると敗北してしまう点には注意。
ちなみにライブラリーを全追放するだけなら、
Demonic Consultation》という1マナのインスタントもある。
(このデッキには採用していない。)
これを撃って、
デッキに入っていない適当なカードを宣言すればライブラリーは0枚である。

プレイの基本というべきか、
このデッキの重要カードは《Bazaar of Baghdad》。
起動すると基本的にはアドバンテージを失うが、
ジェネラルが出せるマナは2増える。
デッキに数枚とはいえ、
フラッシュバックや探査カードもあるので、
必ずしもアドバンテージを失うとも限らない。

Bazaar of Baghdad》はコンボ成立への一歩としては重要な前進になるので、
輪作
森の占術
探検の地図
の3種は《Bazaar of Baghdad》をサーチするために入っている。
Bazaar of Baghdad》はとても高価なカードで、
持っていない人も多いであろうカードだが、
使ってみると癖になってしまうほど面白く、
是非一度プレイしてみて欲しいカードである。
少なくとも店主の友人達で、
店主がお薦めしてこの《Bazaar of Baghdad》を購入して後悔した人は0だ。

なお、デッキリストを眺めてもらえばわかるとおり、
激情の薬瓶砕き》は本当にカラーマーカー。

信仰無き物あさり
Wheel of Fortune
Demonic Tutor
汚れた契約

などの赤と黒のカードのために共闘ジェネラルとして選ばれている。
クルフィックスに選ばれし者、キデール
と相性が良いわけでもないので、
9割方プレイされる事はないだろう。
激情の薬瓶砕き》をプレイしなければならない状況=ほぼ負け
と言っても差し支えは無いほど。

2017年も半分が過ぎ、
そろそろ次の統率者デッキセットも発売しそうな時期だが、
共闘のEDHデッキに興味を持った方は組んでみてはいかがだろう。

そういえば、
今後、共闘という能力を持った生物は出るのだろうか?
1回限りでない事を望みたいものである。
あ、WotCさん、お願いだから両面はやめてくださいねー。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事