EDHデッキ紹介その100(Sliver Overlord/スリヴァーの首領)

今回のデッキ紹介はスリヴァー。

100回もEDHデッキ紹介をしておきながら、
スリヴァーがまともに入っているデッキを紹介するのは、
これが初めてだ。
「世の中にはスリヴァーの大好きなお方はいっぱいいるというのに、
 ずっとEDHデッキ紹介してませんね。」
とスタッフに言われて、
せっかくの100回目に書く事に。

Sliver Overlord
Sliver Overlord/スリヴァーの首領
コスト:白青黒赤緑
伝説のクリーチャー スリヴァー(Sliver) ミュータント(Mutant)
(3):あなたのライブラリーからスリヴァー(Sliver)・カードを1枚探し、
それを公開した上であなたの手札に加える。
その後あなたのライブラリーを切り直す。
(3):スリヴァー1つを対象とし、そのコントロールを得る。(この効果は永続する。)
7/7
レア

スリヴァーのサーチとコントロールが出来る5マナ7/7。
アドバンテージも得られるし、ジェネラルダメージ21点も狙える優秀生物。
能力の起動もタップいらずなので、
連続起動出来るうえに召喚酔いも関係なし。
スリヴァーの女王/Sliver Queen》と並ぶ最高クラスの性能。
人気では《スリヴァーの女王》にはかなわないが、
性能では一切負けていない。
起動コストと横に並ぶ性能で《スリヴァーの女王》が勝るが、
柔軟性は《スリヴァーの首領》が上。
EDHのようなハイランダールールでは《スリヴァーの首領》の能力はかなり強い。
今回は魅力では《スリヴァーの女王》だが、
柔軟性重視で《スリヴァーの首領》をジェネラルに選定。

デッキは以下。

ジェネラル:《スリヴァーの首領/Sliver Overlord

-クリーチャー32枚-
極楽鳥/Birds of Paradise
東屋のエルフ/Arbor Elf
深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
貴族の教主/Noble Hierarch
アヴァシンの巡礼者/Avacyn’s Pilgrim
鱗粉の変わり身/Mothdust Changeling
風乗りスリヴァー/Galerider Sliver
心鞭スリヴァー/Mindlash Sliver
板金スリヴァー/Plated Sliver
奇声スリヴァー/Screeching Sliver
横這スリヴァー/Sidewinder Sliver
先制スリヴァー/Striking Sliver
悪性スリヴァー/Virulent Sliver
花を手入れする者/Bloom Tender
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
酸性スリヴァー/Acidic Sliver
水晶スリヴァー/Crystalline Sliver
宝革スリヴァー/Gemhide Sliver
ハートのスリヴァー/Heart Sliver
冬眠スリヴァー/Hibernation Sliver
マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver
活性スリヴァー/Quick Sliver
アメーバの変わり身/Amoeboid Changeling
失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways
基底スリヴァー/Basal Sliver
火跡スリヴァー/Firewake Sliver
調和スリヴァー/Harmonic Sliver
樹根スリヴァー/Root Sliver
種子生まれの詩神/Seedborn Muse
スリヴァーの女王/Sliver Queen

-インスタント12枚-
否定の契約/Pact of Negation
渦まく知識/Brainstorm
輪作/Crop Rotation
悟りの教示者/Enlightened Tutor
神秘の教示者/Mystical Tutor
白鳥の歌/Swan Song
吸血の教示者/Vampiric Tutor
俗世の教示者/Worldly Tutor
秘儀の否定/Arcane Denial
サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
エラダムリーの呼び声/Eladamri’s Call
召喚の調べ/Chord of Calling

-ソーサリー11枚-
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
伝国の玉璽/Imperial Seal
Demonic Tutor
異界の進化/Eldritch Evolution
無垢への回帰/Seeds of Innocence
Timetwister
戦争門/Wargate
Wheel of Fortune
白日の下に/Bring to Light
生ける屍/Living Death
時のらせん/Time Spiral

-エンチャント8枚-
訓練場/Training Grounds
楽園の拡散/Utopia Sprawl
繁茂/Wild Growth
石のような静寂/Stony Silence
森の知恵/Sylvan Library
肥沃な大地/Fertile Ground
侵入警報/Intruder Alarm
オーラの破片/Aura Shards

-アーティファクト4枚-
魔力の墓所/Mana Crypt
太陽の指輪/Sol Ring
無のロッド/Null Rod
パラドックス装置/Paradox Engine

-土地32枚-
Badlands
Bayou
Plateau
Savannah
Scrubland
Taiga
Tropical Island
Tundra
Underground Sea
Volcanic Island
繁殖池/Breeding Pool
草むした墓/Overgrown Tomb
踏み鳴らされる地/Stomping Ground
乾燥台地/Arid Mesa
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
溢れかえる岸辺/Flooded Strand
湿地の干潟/Marsh Flats
霧深い雨林/Misty Rainforest
汚染された三角州/Polluted Delta
沸騰する小湖/Scalding Tarn
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
古えの墳墓/Ancient Tomb
魂の洞窟/Cavern of Souls
真鍮の都/City of Brass
統率の塔/Command Tower
マナの合流点/Mana Confluence
反射池/Reflecting Pool
色あせた城塞/Tarnished Citadel
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
ドライアドの東屋/Dryad Arbor


——————————
基本の無限コンボは、

スリヴァーの女王
宝革スリヴァー》or《マナ編みスリヴァー
ハートのスリヴァー》or《火跡スリヴァー
基底スリヴァー
で無限マナ&無限トークン。
そのまま総攻撃か《酸性スリヴァー》で、
無限に出せるスリヴァートークンを投げつけて無限ダメージ。

一応解説を書いておくと、

宝革スリヴァー》or《マナ編みスリヴァー》で、
全スリヴァーに「T:好きなマナを1つマナプールに加える」を付与。

ハートのスリヴァー》or《火跡スリヴァー》で、
全スリヴァーに速攻付与。

基底スリヴァー》で、
全スリヴァーに「自身生贄:マナプールに黒黒を加える」を付与。

この条件が揃ったら、
(ジェネラルの能力を起動すると簡単に揃う。)
スリヴァーの女王》の能力でスリヴァートークンを出す。
そのスリヴァートークンをタップしてマナを出し、
さらにそのスリヴァートークンを生贄で黒黒も出す。
合計で3マナが出ているところから、
スリヴァーの女王》の能力でスリヴァートークンを出す。
1マナ余った状態で上記を繰り返すと、
当然1マナずつ余るので無限マナに。
無限マナになっていれば、
スリヴァーの首領》から全スリヴァーを出す事も出来るし、
酸性スリヴァー》でスリヴァートークンを生贄に捧げて無限ダメージも出来る。

侵入警報
パラドックス装置
訓練場

のどれか1枚でもあると無限条件が変わるため、
かなりの速度で決まる。
または《種子生まれの詩神》があれば、
各対戦相手のアンタップステップに自分のすべてのパーマネントがアンタップするので、
先に《活性スリヴァー》をサーチ&プレイすることで、
素早いコンボの開始が可能。

地味と言えば地味だが、
ジェネラルと《アメーバの変わり身》で生物を奪う事も出来る。

Amoeboid Changeling
Amoeboid Changeling/アメーバの変わり身
コスト:1青
クリーチャー 多相の戦士(Shapeshifter)
多相(このカードは、すべてのクリーチャー・タイプである)
(T):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まですべてのクリーチャー・タイプを得る。
(T):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まですべてのクリーチャー・タイプを失う。
1/1
コモン

この1つ目の能力で対戦相手の生物をすべてのクリーチャー・タイプに変える。
すべてのクリーチャー・タイプを持つということは、
それはスリヴァーでもあるということなので、
ジェネラルの能力でコントロールを奪える。
アメーバさんの能力はターン終了時までだが、
ジェネラルの能力は永続的にコントロールを得るので、
スリヴァーでなくなってもコントロールは得たままとなる。
ジェネラルとジェネラルからサーチ可能なアメーバさんなので、
それほど決める事は難しくない組み合わせ。
覚えておいて損無し。

デッキの変更点としては、
スリヴァーの各種で色々な調整が可能だ。

巣主スリヴァー/Sliver Hivelord
スリヴァー軍団/Sliver Legion
念動スリヴァー/Telekinetic Sliver
休眠スリヴァー/Dormant Sliver
変容スリヴァー/Shifting Sliver

この5種は入れてみるとかなりデッキの動きも変わって面白い。
特に《念動スリヴァー》はコントロール要素が加わるので、
デッキの質もかなり変化する。

スリヴァー軍団/Sliver Legion
変容スリヴァー/Shifting Sliver
の2種を採用すると、
殴る力が大幅にアップ。
ブロックする事も難しくなり、
パワーやタフネスは大幅に上がる。
この2枚と多少のスリヴァーが並んだら、
即座にゲームが決まるほどの打点が出せる。
こちらも使ってみる価値のあるスリヴァーだ。

このデッキはそれなりに高額カードも使用し、
チューターするカードもある程度採用している。
けれども、
EDHのスリヴァーデッキというものはそれほど難しく考えなくても楽しめる。

ジェネラルは
スリヴァーの首領
スリヴァーの女王
巣主スリヴァー
スリヴァー軍団
この4種から選ぶしか出来ないが、
他のカードについては、

・適当に持っているスリヴァーを片っ端から採用。
・とりあえず10種の印鑑入れる。
・多少緑に偏らせて《繁茂》《肥沃な大地》《遥か見/Farseek》など採用。
・時には多相持ちもスリヴァーなので採用する。

この4点をおさえておくだけでデッキになる。
困ったら寄せ集めするだけでデッキになるうえに、
それで結構なほど戦えるデッキになるのがスリヴァーの魅力。
そして、
スリヴァーシリーズはテンペストで初出して以来、
新しいスリヴァーが何度も登場しているところからも、
これからも多少は出てくれるものと予想出来る。
そのため、新しいスリヴァーが出るごとに選択肢も増える。
ゆっくり楽しめる良い生物だ。

EDHをやり込んでいる人から、
初心者の人まで、
幅広く楽しめるうえに、
練り込むだけの価値もある。
スリヴァーを使った事がない人は是非一度。

ではまた。




記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事