ヴィンテージ禁止改訂2017年4月

2017年4月24日付けで、
ヴィンテージで2枚のカードが制限リスト入りした。

GitaP-gush
ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》制限
噴出/Gush》制限
青いこの2枚のカードがデッキに1枚の制限となった。

一言で片付けると、

「メンターは死ね。」

である。
この2つをフルで活用するデッキと言えば、
僧院の導師/Monastery Mentor》を軸とするデッキが主流だった。
メンターデッキのフィニッシュ手段は《僧院の導師》4枚のみで、
他は一切勝ち手段無しというタイプさえある程、
このカードの攻撃力はヴィンテージでは高く、
かなりの評価を得ていた。

ただし、日本のMTG Wikiの《僧院の導師》のページにある一文
「ほぞと相性が良く、特にSoloMoxenが使えるヴィンテージでは
 1ターン目からトークンを並べ始めることも容易である。」
だけはお馬鹿さんが書いた一言である。
1ターン目に《僧院の導師》を置くには当然「2白」の3マナがかかる。
Black Lotus》なら一発で解決だが、
それ以外では
・土地+《太陽の指輪/Sol Ring》+モックスのどれか。
・白マナが出る土地+《魔力の墓所/Mana Crypt
などの2枚以上のカードを要求される。
初期手札7枚(または後手で8枚)から、
僧院の導師/Monastery Mentor》を出し、
そのまま0マナや1マナのカードを出す事は、
少なくとも「容易」ではない。
確率的に「容易」に出来るようなものではない事は、
ヴィンテージをプレイした事のあるプレイヤーならわかる事である。
ヴィンテージの世界を甘く見ているのか、
それともプレイした事がないのかはわからないが、
あまりにも知らない人間の一言である。
ヴィンテージは1ターン目に殺される世界だとか、
デタラメな偏見が横行している事が多いが、
こういう一文でもその偏見がうかがえる。
ヴィンテージで1ターン目に勝負が決まる事など稀である。
ヴィンテージの世界であろうとレガシーやスタンダード同様、
2~3ターン目で勝負の大勢が見える事はあり、
10ターン経っても勝負が決まらない事もある。
同じMTGである。
プレイをしないうちから偏見を持たれるのは非常に残念だ。

MTG Wikiの事はさておき、
制限された2枚のカードはこのメンターデッキに採用され、
かなりの活躍をした事で制限カードに入る事になった。
メンターデッキの弱体化は避けられないし、
新セットのカードや他のデッキの台頭次第ではメタの圏外にまで落ちる可能性もある。

噴出》は
2003年7月1日にヴィンテージ制限。
2007年6月20日に制限解除。
2008年6月20にまたしてもヴィンテージ制限。
2010年10月1日に制限解除。
そして、
2017年4月24日、3度目のヴィンテージ制限である。

こんなにも同レギュレーションで制限と解除を繰り返したカードは珍しい。
3度も制限をかけた以上、
今後制限を解除する事はもう無いと思うのだが、
未来の事はわからない。
またいつか解除する日が来ないとも限らない。

ギタクシア派の調査》は
ヴィンテージで初制限。
メンター以外ではストーム系のデッキでもよく採用されていた。
2017年1月20日の時点でモダンで禁止されている。
既に三ヶ月前の時点でモダンではアウトになっていたという事。

思案/Ponder
渦まく知識/Brainstorm
に続き、
「レガシーで4枚使えるヴィンテージ制限された1マナの青のドローカード。」
に名を連ねた。
この3種のドローカードはモダンでも使えない。
渦まく知識》はそもそもレギュレーションに無し。
思案》と《ギタクシア派の調査》は禁止である。
青の1マナドローのカードは軒並み嫌われているようだ。

レガシーではヴィンテージで制限されている一部のカードが4枚使える。
時々
「レガシーは実はとてもバランスが悪いのでは?」
と思わせるほど制限されていないものがある。

それにしても、

レガシー:《精神的つまづき/Mental Misstep》禁止
ヴィンテージ:《ギタクシア派の調査》制限

とファイレクシアマナの青いカードが問題を起こしている。
やはりファイレクシアマナは成功とは言えなかったのだろう。
今後二度と出ないかもしれないが、
個人的にはファイレクシアマナのカードは今後も出てほしい。

ヴィンテージはここ数年の間で、

知識の渇望/Thirst for Knowledge》解除
けちな贈り物/Gifts Ungiven》解除

時を越えた探索/Dig Through Time》制限
虚空の杯/Chalice of the Void》制限
磁石のゴーレム/Lodestone Golem》制限
宝船の巡航/Treasure Cruise》制限

と、いくつもの変化があった。
茶単のデッキに制限がかかってしまったのは、
アーティファクト大好きな自分には残念ではあったが、
それも含めてヴィンテージを楽しんでいる。
今回の2枚でまたヴィンテージに変化が出る事を純粋に楽しみたい。

ではまた。