コレクター道13

最近ふと思い出した事が1つ。
今からもう10年以上も前に自分が考えた事。
それは、
「自分はパワー9を全部β版で揃えた時、
 MTGに飽きてしまったりしないだろうか?」
という不安だった。

結果から先に言えばこれは杞憂だった。
とはいえ、よくある話というもので、
共感出来る人にしか共感出来ないものだが、
「RPGで、ラスボス前に飽きる。」
「ラスボス倒した途端にやる気が0まで一気に落ちる。」
というものと同じだ。
ご多分に漏れず自分はこういう感覚の持ち主で、
ラスボス寸前まで行ってプレイをやめてしまい、
数年経ってからクリアしたRPGがあった。
このようにMTGも飽きてしまうのではないか?と考えていた。
最高のアイテムである《Black Lotus》を入手出来た時に、
MTGに対する気持ちが萎えてしまわないだろうか?
と考えていた。
幸せな事にそんな事にはならなかった。
β版NMの《Black Lotus》を手に入れ、
さらに残りのパワー9も全てβ版NMで手に入れたが、
むしろそこからがさらなるスタートだったのかもしれない。
MTGのコレクションの奥の深さは、まさに底知らずだった。
集めれば集めるほど、
知れば知るほど、
「まだ自分よりも上がいる!」
「まだ集めるべきものがある!」
と思わせてくれる。
まだまだラスボスに辿り着けそうにない。
ラスボスは一体なんだろう?
β版の《Black Lotus》PSA10だろうか。
それとも値段だけならそれの上を行く、
α版の《Black Lotus》PSA10だろうか。
いくらかかるんだ?というくらいのハードルの高さなら、
α版、β版、Unlimited版のパワー9を全てNMで4枚ずつだろうか。
少なくともこんな事を考えている今、
当分やめられそうにはない。
まだまだ自分の「ぼうけんのしょ」は書く事が多そうだ。
ただし、このMTGというゲームは
・イージーモード
・ノーマルモード
・ハードモード
・ナイトメアモード
をなどの難易度設定を選べる事はなく、

自動的にナイトメアモードらしい。

そのあまりの難易度設定ゆえか、
アイテムコンプリートをしたユーザーもいないという話。
店主も10年以上冒険しているのに、
いまだに半分も進んだ気がしない。
結構な数のレアアイテムも手に入れた気がするのだがなぁ。

実はこのゲーム、バランス悪いんじゃないのか?

おかしいなぁ、普通の人よりも廃人プレイをしているはずなのだが。
休載ばかりして原稿を描かない漫画家くらい廃人にならなければいけないのだろうか。

今回はそんな難易度ナイトメアモードのゲームの
超レアアイテムと形容出来る逸品を入手。
前回のコレクター道12に続き、
この世界最強クラスのアイテムである。
Pearl-PSA10
β《Mox Pearl》PSA10

世の中に8枚しかないレアアイテム。

参考までに書いておくと、
2016年の今、
β《Mox Pearl》のPSA8以上は

PSA10 :8枚
PSA9 :25枚
PSA8.5:2枚
PSA8 :30枚

となっている。
コレクター道6のこらむを書いた時よりも、
PSA9とPSA8.5が1枚ずつ増えている。
Mox Emerald》同様、
希少度に大きな変化はしていない。

自分でもよく手に入ったなと思える1つ。
PSA10の鑑定された枚数からすれば、
Time Walk》が一番入手しやすそうに思えるのだが、
なかなかこのカードのPSA10には出会えない。
人気と価格で最も難易度が高いのは言うまでもなく《Black Lotus》。
ただし、希少度では《Timetwister》。
こちらはPSA10が5枚しか鑑定されていない。

ついでにこんなデータも載せておこう。

β版のパワー9の鑑定された状況。
(2016年3月のデータ。)

Black Lotus》合計鑑定枚数154枚
PSA10 7枚

Mox Pearl》合計鑑定枚数93枚
PSA10 8枚

Mox Sapphire》合計鑑定枚数104枚
PSA10 8枚

Mox Jet》合計鑑定枚数102枚
PSA10 12枚

Mox Ruby》合計鑑定枚数88枚
PSA10 7枚

Mox Emerald》合計鑑定枚数101枚
PSA10 8枚

Ancestral Recall》合計鑑定枚数107枚
PSA10 7枚

Time Walk》合計鑑定枚数109枚
PSA10 16枚

Timetwister》合計鑑定枚数84枚
PSA10 5枚

多少はカードの人気差が出ている部分もあるが、
どのカードも合計鑑定枚数は80枚超え。
PSA8以上の入手の難しさではどれもあまり変わらないと言っても過言ではないだろう。
というよりも、
これほどのランクの品ともなると、
「一体誰が手放してくれるのだろうか?」
と思うような品なので、
お目にかかれる事は滅多にない。
去年1年間でこのクラスのレアアイテムに出会えた回数は片手では足りないが、
二桁回数にはならない。
Cardshop Serraでこのクラスのレアアイテムを購入した方は、
「多分手放す事はないと思う。」
と言っている人ばかりだ。
これからも入手も拝見する機会も少なくなっていく事だろう。
果たして自分は残りのパワー9をPSA10で入手出来るだろうか。
とても難しそうなクエストである。
そして、この《Mox Pearl》を入手したところで、
MTGに飽きが来るとは思えない。
とても幸せな事である。

これを読んでいる人が、
もしレアアイテムを手放したいと思ったとき、
もしレアアイテムを欲した時、
まずはCardshop Serraにご相談を。
他よりも良い回答が得られる可能性はありますよ!

ではまた。



記事作成日:2016/03/22



記事のカテゴリー

他の「ヴィンテージ」記事

他の「コレクターな話」記事