EDHデッキ紹介その73(Noyan Dar, Roil Shaper/乱動を刻む者、ノヤン・ダール)

今回のEDHデッキ紹介は
乱動を刻む者、ノヤン・ダール/Noyan Dar, Roil Shaper》。
戦乱のゼンディカーで登場したガッカリレアマーフォーク。
イラスト含めて全然人気がないので、
どんなに頑張っても50円レアを脱却する事は無さそうな、
うだつのあがらない可哀想な生物だ。
そんなリストラ寸前の会社員みたいな生物でも、
スポットライトが当たる事があるのがEDHの良いところ。

Noyan Dar, Roil Shaper
Noyan Dar, Roil Shaper/乱動を刻む者、ノヤン・ダール
コスト:3白青
伝説のクリーチャー マーフォーク(Merfolk) 同盟者(Ally)
あなたがインスタント呪文1つかソーサリー呪文を1つ唱えるたび、
あなたがコントロールする土地1つを対象とする。
あなたはそれの上に+1/+1カウンターを3個置いてもよい。
そうしたなら、その土地は速攻を持つ0/0のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。
それは土地でもある。
4/4
レア

5マナで4/4。
決して弱いわけではないが、
「だからどうした。」
と言われたら終わりのパワーとタフネス。
能力は全てインスタントとソーサリーに覚醒3のオマケがつく。
覚醒コスト0で覚醒3なのだから、
能力はとても強い。
本体が5マナで少々重たいのが50円を超えられない理由だろう。
MTGのカードには
「あと1コスト軽ければ強いのに。」
と言われるカードが結構な数存在する。
これもその1つと言えばそうかもしれない。
あとは対象にとれる土地が対戦相手の土地でもOKだったら、
面白味が増していただろう。
ちょっと残念だ。

5マナでパワー4という、普通と言われて仕方のない数字ゆえに、
それほどジェネラルダメージ21点を狙える生物ではない。
ジェネラルの能力を活かしつつ、
素直に40点ライフを殴りきる、
白青らしからぬアクションを求められる。

デッキは以下。

ジェネラル:《乱動を刻む者、ノヤン・ダール/Noyan Dar, Roil Shaper

クリーチャー4枚
粗石の魔道士/Trinket Mage
陽景学院の使い魔/Sunscape Familiar
瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
アウグスティン四世大判事/Grand Arbiter Augustin IV

インスタント20枚
神秘の教示者/Mystical Tutor
Force of Will
差し戻し/Remand
Arcane Denial
サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
渦まく知識/Brainstorm
呪文貫き/Spell Pierce
精神的つまづき/Mental Misstep
遅延/Delay
水没/Submerge
白鳥の歌/Swan Song
誤った指図/Misdirection
大あわての捜索/Frantic Search
断絶/Snap
頑固な否認/Stubborn Denial
時を越えた探索/Dig Through Time
Mana Drain
応じ返し/Snapback
剣を鍬に/Swords to Plowshares
流刑への道/Path to Exile

ソーサリー21枚
時のらせん/Time Spiral
意外な授かり物/Windfall
Timetwister
時間のねじれ/Time Warp
時間操作/Temporal Manipulation
荊州占拠/Capture of Jingzhou
時間の伸長/Time Stretch
時間の熟達/Temporal Mastery
永劫での歩み/Walk the Aeons
水の帳の分離/Part the Waterveil
呪文ねじり/Spelltwine
一日のやり直し/Day’s Undoing
デジャ・ヴュ/Deja Vu
壊滅的大潮/Devastation Tide
思い起こし/Call to Mind
見えざる糸/Hidden Strings
悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance
宝船の巡航/Treasure Cruise
思案/Ponder
ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe
定業/Preordain

エンチャント1枚
通商停止/Embargo

アーティファクト20枚
Mana Crypt
精神石/Mindstone
通電式キー/Voltaic Key
アゾリウスの印鑑/Azorius Signet
スランの発電機/Thran Dynamo
金粉の水蓮/Gilded Lotus
発展のタリスマン/Talisman of Progress
虹色のレンズ/Prismatic Lens》  
魔力の櫃/Mana Vault
厳かなモノリス/Grim Monolith
モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
オパールのモックス/Mox Opal
金属モックス/Chrome Mox
連合の秘宝/Coalition Relic
友なる石/Fellwar Stone
太陽の指輪/Sol Ring
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
Jeweled Amulet
サファイアの大メダル/Sapphire Medallion
水蓮の花びら/Lotus Petal

プレインズウォーカー3枚
精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
卓絶のナーセット/Narset Transcendent
ジェイス・ベレレン/Jace Beleren

土地30枚
Tundra
神聖なる泉/Hallowed Fountain
統率の塔/Command Tower
溢れかえる岸辺/Flooded Strand
霧深い雨林/Misty Rainforest
汚染された三角州/Polluted Delta
沸騰する小湖/Scalding Tarn
乾燥台地/Arid Mesa
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
秘教の門/Mystic Gate
広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse
アダーカー荒原/Adarkar Wastes
氷河の城砦/Glacial Fortress
古えの居住地/Ancient Den
教義会の座席/Seat of the Synod
ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel
大草原の川/Prairie Stream
古えの墳墓/Ancient Tomb
ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus
墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus
ミシュラの工廠/Mishra’s Factory
8《島/Island
1《平地/Plains


——————————
無限コンボ等は一切無し。
記憶の壁/Mnemonic Wall
古術師/Archaeomancer
を入れて、
滞留者ヴェンセール/Venser, the Sojourner
を入れれば、
無限ターンを狙うかたちは簡単に作れる。
これはこれで決まると、
追加ターン呪文を撃つたびにジェネラル能力誘発で、
攻撃力が上がっていく面白さがある。

このデッキは基本としては、
ジェネラルの能力が全て。
ジェネラルを着地させたら全力でジェネラルを守るくらいの気持ち。
相手の呪文をカウンターしたり、
追加ターン呪文を撃つだけで、
こちらのアタッカーが増えるor強化される。
大量破壊呪文を潰せなかった場合にピンチに陥る危険性を考慮すると、
土地1枚をひたすら強化する一点突破型にプレイするのが安全。
3/3生物を大量生産する方法も出来るが、
間違って《ハルマゲドン/Armageddon》や《神の怒り/Wrath of God》を食らうと、
自分だけが絶望的な状況になるのでオススメしない。
状況にもよるが、
ちらつき蛾の生息地
墨蛾の生息地
ミシュラの工廠
ダークスティールの城塞
の4種のランドにジェネラル能力を使っていくのが面白い。
墨蛾の生息地》を起動+ジェネラル能力3回で一撃で毒10が狙える。

ドロー系のカードも多いので、
呪文を10発撃つくらいはあっさり可能で、
30/30くらいの生物に育つ事は珍しくない。
このデッキを見ていた人に、
30/30を超えた生物に、
「サイコロお化け」
という名前をもらったほどだ。
(土地の上にダイスを大量に置いていたから。)

追加ターンで小突くだけでバタバタと人が倒れる、
白青らしからぬ大艦巨砲主義である。
ただ、ブロッカーを立てられてしまうと、
なかなか削り切れない状況になってしまうので、
滞留者ヴェンセール》の採用から、
ブロック不可にして殴るのも1つの手段だ。

このデッキを使う際の注意すべきカードがいくつかあるので、
挙げておこう。

卓絶のナーセット
呪文ねじり
見えざる糸

の3つだ。

卓絶のナーセット》はマイナス能力の反復。
反復は、
「この呪文があなたの手札から唱えられたなら、
 これの解決に際し、これを追放する。
 あなたの次のアップキープの開始時に、
 あなたはこのカードを追放領域から
 これのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。」

「唱える。」と書いてあるのでジェネラル能力が誘発する。
卓絶のナーセット》の能力で追加ターン呪文を撃って、
ジェネラル能力が誘発するだけで相当な攻撃力になる。

呪文ねじり》は
あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚と、
対戦相手1人の墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とし、
それらを追放する。それらのカードをコピーする。
可能ならばそれらのコピーをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。
呪文ねじりを追放する。

と書いてある。
こちらも「唱える。」なので、ジェネラル能力が誘発する。
つまり、《呪文ねじり》を含めて、
最大3回ジェネラル能力が誘発するため、
呪文ねじり》1発で、
突然9/9のクリーチャーが出て来る事がある。

見えざる糸》は暗号の能力。
暗号は
「あなたはあなたがコントロールするクリーチャー1体に暗号化した状態で、
 この呪文カードを追放してもよい。
 そのクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、
 それのコントローラーはその暗号化したカードのコピーを、
 それのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。」

これも、「唱える。」なのでジェネラル能力が誘発。
見えざる糸》が誘発するたびに攻撃力が+3されていく。

この3種のカードでのジェネラル能力の誘発を忘れてしまうだけで、
かなりの攻撃力ダウンとなってしまうので、
必ず覚えておきたい。

デッキの変更候補としては、

精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon
全ては塵/All Is Dust

の2枚がオススメ。
どちらのリセット能力も、
クリーチャー化した土地には影響しない。
似たタイプのリセットカードで
次元の浄化/Planar Cleansing
があるが、
指定コストが白白白ときついので、不採用。

神の怒り》系の呪文は、
呪文をプレイ→ジェネラル能力誘発→クリーチャー全滅
となるので、相性が良くない。

また、
面白いカードでは、
永遠の土/Terra Eternal
というカード。
Terra Eternal
Terra Eternal/永遠の土
コスト:2白
エンチャント
すべての土地は破壊不能を持つ。
レア

何を考えて作ったのかサッパリわからないカードだが、
このデッキに限り一応使いものになる50円レア。
クリーチャー化した土地カードが全て破壊不能持ちになるので、
防御的ではあるが、それなりには強い。
このカードが出てさえいれば、
神の怒り》や《ハルマゲドン》が効かないのも面白い。

このうだつのあがらない50円ジェネラルだが、
使ってみると思っている以上に面白いデッキに仕上がった。
興味を持ったら是非使っていただきたいデッキだ。

ではまた。



記事作成日:2016/01/20



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事