EDHデッキ紹介その67(Atarka, World Render/世界を溶かすもの、アタルカ)

今回のEDHデッキ紹介はタルキールブロックの龍王様。
龍王の称号を冠しているのはタルキール龍紀伝のほうだが、
今回の採用は運命再編のほう。
赤緑のデッキで、
自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed
歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels
以外に戦えるジェネラルを探してみよう!
という事で、
スタッフSが頑張ってみたデッキを紹介。

Atarka, World Render
Atarka, World Render/世界を溶かすもの、アタルカ
コスト:5赤緑
伝説のクリーチャー ドラゴン(Dragon)
飛行、トランプル
あなたがコントロールするドラゴン(Dragon)が1体攻撃するたび、
ターン終了時までそれは二段攻撃を得る。
6/4
レア

単純明快。
自身の能力で自身を強化可能なので、
実質のパワーが12。
2回殴ればジェネラルダメージ21点が成立する。
タフネスが4と若干心もとないが、
攻撃力は文句なしの数値。
7マナという重さから
1度でも除去されると次のプレイが難しいところが痛い。

飛行+トランプルなので二段攻撃も活かしやすく、
コストを除けば優秀な生物である。

デッキは以下。

ジェネラル:《世界を溶かすもの、アタルカ/Atarka, World Render

-クリーチャー40枚-
極楽鳥/Birds of Paradise
東屋のエルフ/Arbor Elf
エルフの神秘家/Elvish Mystic
Fyndhorn Elves
ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
ボリアルのドルイド/Boreal Druid
発生器の召使い/Generator Servant
献身のドルイド/Devoted Druid
ティタニアの僧侶/Priest of Titania
森のレインジャー/Sylvan Ranger
獣相のシャーマン/Fauna Shaman
根の壁/Wall of Roots
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
激情の共感者/Fierce Empath
ウッド・エルフ/Wood Elves
再利用の賢者/Reclamation Sage
ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter
ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
Elvish Spirit Guide
ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage
永遠の証人/Eternal Witness
失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways
巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer
憤怒/Anger
炎のインプ/Fire Imp
背信のオーガ/Treasonous Ogre
ザル=ターの豚/Zhur-Taa Swine
歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels
森林の怒声吠え/Woodland Bellower
玉座の災い魔/Scourge of the Throne
進歩の災い/Bane of Progress
業火のタイタン/Inferno Titan
自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed
ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar
威厳の魔力/Regal Force
龍王アタルカ/Dragonlord Atarka
孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth

-インスタント5枚-
輪作/Crop Rotation
自然の要求/Nature’s Claim
俗世の教示者/Worldly Tutor
岩石樹の祈り/Stonewood Invocation
紅蓮操作/Pyrokinesis

-ソーサリー5枚-
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
Wheel of Fortune
調和/Harmonize
自然の秩序/Natural Order
歯と爪/Tooth and Nail

-エンチャント6枚-
楽園の拡散/Utopia Sprawl
繁茂/Wild Growth
適者生存/Survival of the Fittest
森の知恵/Sylvan Library
熱情/Fervor
ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya

-アーティファクト6枚-
金属モックス/Chrome Mox
Mana Crypt
モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
魔力の櫃/Mana Vault
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
太陽の指輪/Sol Ring

-プレインズウォーカー3枚-
野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler
サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol

-土地34枚-
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
古えの墳墓/Ancient Tomb
乾燥台地/Arid Mesa
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
魂の洞窟/Cavern of Souls
真鍮の都/City of Brass
統率の塔/Command Tower
カープルーザンの森/Karplusan Forest
ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run
マナの合流点/Mana Confluence
霧深い雨林/Misty Rainforest
モスファイアの谷/Mossfire Valley
根縛りの岩山/Rootbound Crag
沸騰する小湖/Scalding Tarn
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
踏み鳴らされる地/Stomping Ground
Taiga
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
4《山/Mountain
8《森/Forest


——————————
説明はほとんど不要だろう。
何がなんでもジェネラルをプレイして殴れという構成。
8割方ジェネラル以外で勝ちに行くのが難しいくらいの構成。

瞬殺手段は、《世界を溶かすもの、アタルカ》がいる状況で、
歓楽の神、ゼナゴス》(パワー倍加+速攻)
岩石樹の祈り》(刹那で+5/+5と被覆)
玉座の災い魔》(追加戦闘フェイズ)
ザル=ターの豚》(+5/+4)
のどれか1枚があり、
攻撃が通れば、
ジェネラルダメージで1人確実に沈む。
大変なのは1人沈めても対戦相手はまだ残ること。
一番危険な相手or攻撃が通る相手を沈めても、
そこから火力不足に悩まされる事もしばしば。
岩石樹の祈り》以外では単体除去に弱いのも厳しい。

連続突撃/Relentless Assault
今を生きる/Seize the Day
などの追加戦闘系も考慮したそうだが、
最終段階で抜いたと聞いている。
ジェネラルの重さ故に後手に回った時に厳しいとも。
また、ジェネラルのタフネスが4しかないため、
燎原の火/Wildfire
破壊的な力/Destructive Force
のようなリセットが採用出来なかった。
「土地3枚生け贄&全クリーチャーに3ダメージ」
というソーサリーでもあればよかったのだが。

ジェネラルがプレイ出来ない場合や
ジェネラルが除去されてしまうと、
途端に柔軟性の無い赤緑のデッキになってしまう。
運が良く《失われた業の巫師》を起動出来たら御の字。
話は逸れるが、
失われた業の巫師》というカードの通称名は、
Cardshop Serraのスタッフ間では、
失われた業→失業
と略し、
巫師→わかりにくいから巫女
と換えて、

「失業巫女」

という名で定着している。
職をなくしたように見えるが気のせいだ。
このクリーチャーはマナは出せるが、
このクリーチャーが死んでも失業保険は出ない。
昨今のEDHの緑デッキならば、
高確率で採用しているエース級の生物。
ソンバーワルドの賢者》と能力が似ているが、
失業巫女のほうは好きな色の組み合わせのマナ2点という柔軟性と、
圧倒能力の強さがEDHではポイントが高い。
タフネスの3の高さも、
Pyroclasm/紅蓮地獄》を耐え切るため、
地味に強い部分だ。
タルキール龍紀伝では最初ガッカリ神話レアなお値段で、
まさに失業状態だったが、
ここ最近ではかなり認められて、
シングル価格も上がり、社会復帰出来ている。
クリーチャータイプが人間(Human)ではなくエルフ(Elf)だったら、
完全に文句なしの生物だっただろう。

人間やめちゃえばいいのに。

デッキについてのお話に戻ろう。
このデッキを作ったスタッフSは、
「社長(店主のこと)の作った
帰還した探検者、セルヴァラ/Selvala, Explorer Returned
三日月の神/Kami of the Crescent Moon
 には絶対勝てないっす。
 1対1ならともかく多人数戦では、
 《歓楽の神、ゼナゴス》や
 《自由なる者ルーリク・サー
 のほうが真っ当に戦えます。」
と最終的にコメント。
実際に大艦巨砲主義デッキであり、
赤緑としてはコンボ潰し可能な《自由なる者ルーリク・サー》や、
破壊不能持ちで安定力の高い《歓楽の神、ゼナゴス》に比べて、
一撃の重さは大きいものの、柔軟性に乏しい。
デッキ紹介をしておいて何だが、
スタッフSと店主の共通見解は、
「うん、赤緑の筆頭ジェネラルには成れない気がするね。」
だった。
やはり7マナという重さが厳しい。
強ジェネラルと呼ばれる生物たちは、
コストが安い生物が多い。
そういったデッキに対抗するには7マナは少々厳しい。
しかし、《世界を溶かすもの、アタルカ》の持つ火力の高さは、
大艦巨砲主義が大好きな方々には大喜びだろう。
使えないジェネラルと烙印を押す事なく、
この龍王様を使ってみていただきたい。

ではまた。



記事作成日:2015/10/01



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事