お泊りまじっく2015夏-後編

8月8日(土)
午前中はお泊まりまじっくの恒例イベントのレアドラフト。
店主はこれには参加せず、
1日目の片付けとお掃除。
3度のメシよりドラフトが好きな自分としては、
レアドラフトには参加したかったが、
仕事ゆえ、ここは諦めるしかない。

片付けを終えて、
午後になってからの
「1対1EDH戦」
に参加。
ルールは基本的に全部EDHで、ただ1対1でやるだけのトーナメント。
デュエルコマンダーではない。
デュエルコマンダーは誰が考えだしたか知らないが、
もう誰もやってないんじゃないかと思うくらいだ。
少なくともCardshop Serraの店舗に来るお客様で、
デュエルコマンダーで対戦している人など見たこともない。
Cardshop Serraには毎月何件かのEDHデッキ注文や、
デッキ相談が来るものだが、
デュエルコマンダーだけはデッキ注文も話題も皆無だ。

「1対1EDH戦」は、
いつものようにライフ40点、
ジェネラルダメージ21点で敗北の基本的なEDHルール。
ただ、1対1なので誰とも交渉も出来ないだけだ。
目の前の対戦相手を倒す事だけが目的だ。
それ以外は一本勝負というだけ。

・トーナメントである。
・大会賞品が出る。
・自分のデッキの中で一番強いデッキを試すチャンス。

と条件が揃えば、
お泊まりまじっく参加者の多くが本気のデッキを用意してくる。
持っている中でも最も強いと思われる1デッキを選択する人が多いだろう。
自分も例に漏れずムーミンこと《三日月の神》で挑む。
やはりお気に入りのジェネラルで遊びたい。

全4回戦、当たった相手は以下の通り。

1戦目:《屑鉄の学者、ダレッティ/Daretti, Scrap Savant
2戦目:《浄火の戦術家、デリーヴィー/Derevi, Empyrial Tactician
3戦目:《ニコル・ボーラス/Nicol Bolas
4戦目:《数多のラフィーク/Rafiq of the Many

2戦目で全く土地を引かずに負けたが、
残りは全て勝って、トータル3勝1敗。

決勝戦は

oona-vs-yisan
妖精の女王、ウーナ/Oona, Queen of the Fae
VS
放浪の吟遊詩人、イーサーン/Yisan, the Wanderer Bard

の戦いで《妖精の女王、ウーナ》の勝ち。
放浪の吟遊詩人、イーサーン》の使用者は、
先日のEDHデッキ紹介に登場したいっちゃんだ。
あれからあのデッキの中のコストの重いカードを軽いカードに替え、
より速度アップしたデッキで見事準優勝。
上位卓の多くは、
「1~2ターン差で勝負が決まる。」
という戦いが多く、
参加者のレベルがなかなかに高い事を感じさせる。
決勝戦も紙一重の差という感じだった。

上位には
浄火の戦術家、デリーヴィー
三日月の神
数多のラフィーク
など、青や緑のジェネラルが並んでいた。
やはりEDHの中では青と緑は人気カラーという事がうかがえる。
次点人気は赤で、
群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Boss
屑鉄の学者、ダレッティ/Daretti, Scrap Savant
の2つが上位で見られた。
不人気は白単。
全参加者のデッキを見ても、
青単、緑単、赤単、黒単は確認出来たが、
白単だけは全くいなかった。

そして、この1対1EDH戦が終わった後はフリー。
同卓していない人たちと対戦。
破竹の5連勝をしたところで夕方になり、お風呂と夕食へ。
この日の夕食はトマトチキンカレー。
昨日のものとは全く別のカレーを用意。
味が違うとはいえ、2日連続カレーでは、
誰かしら「飽きた」と言ってくると思っていたのだが、
そんな事は誰も言わないどころか、
「カレールーだけおかわり可能。
 ごはんは人数分しかないんだ、ゴメンね。」
と伝えたら、
「よし、んじゃ今からパンとごはんだけ買いに行く!」
と数人が声をあげ、
別の数人が
「じゃあ俺たちもお金払うから買ってきてくれ!」
と、
誰1人としてカレーに飽きた様子無し。
「これ、お酒のおつまみ代わりでもいける。」
と食べている人もいた。
みんなカレー大好きでこちらもとても助かる。

夕食がひとしきり終了したところで昨日と同じく乾杯。
あとは各々好きなことをしながら、
寝たくなったら寝、
飲みたければおかわりを。

今回は変わったお酒を1つ用意していた。
変わったお酒であり、美味いとは言っていない。
美味い保証は無いと言ってから飲ませたお酒が下の写真のものだ。
y-umeshu
このヨーグルト梅酒、
名前だけ聞いたら悪くなさそうだし、
ヨーグルトの酸味と梅の酸味ならばいける味ではないかと思う。
ところがどっこい、
ヨーグルトというよりも牛乳が腐った感じだ。
全くと言っていいほど梅酒らしさが無い。
賞味期限切れの牛乳と、
作るのに失敗したヨーグルトと、
質の悪い日本酒という3種の悪いところだけ抽出したような、
邪悪そのものといった味であった。
試しに、と飲んだほぼ全員が「むり。」と言っていた。
普段は寡黙で、
自分からは要求などしない性格のスタッフが、
「すいません、口直しにトマトチキンカレー下さい。」
と言い出していた。
よほど強烈だったのだろう。
ただの笑いのネタになっただけのお酒だった。
言うまでもないが、誰一人としておかわりした猛者はいなかった。

このお酒だけ話題にしていると、
「お泊まりまじっくではとんでもないお酒を出されるのか?」
と誤解されそうだが、
他のお酒はまともなものを出している。
可能な限りお客様の好みの味で店主がカクテルを提供しているのでご安心を。
強いのがお好みの方には高級なウィスキーや日本酒も。

適度にお酒を出し終わり、
(お酒よりも先に氷が全てなくなった。)
日が変わって少ししたあたりで就寝。

8月9日(日)
朝、比較的早めに目を覚まし、
お客様が寝ているほうへ行ってみる。

徹夜でEDHしている人たちがいた。

眠くないんだろうか、この人たちは。
毎年ではないが、
徹夜でMTGしている人を見る事があるが、
体力がよく続くなぁと感心する。
自分はせめて4時間くらいは寝たい。
徹夜する人やかなりの夜更かしをする人に言わせると、
「こういう機会は滅多に無いから徹底的に遊ぶ。」
「地方なのでMTGをやる機会が少ないから。」
「普段対戦出来ない人と遊べる数少ない機会はフルに使う。」
といった理由だそうだ。

お泊まりまじっくは正午で終了。
この日はCardshop Serraでゲームデー開催だったので、
何人かの人はそのままゲームデーに参加し、
何人かの人は店主と一緒にドラフトをして終了。
夕方まで残ってずっとEDHをしている人もいた。

今年もお泊まりまじっくに参加してくれた方々、
お疲れ様でした&ありがとうございました。
今回は自然の家を使わずという、初の試みでした。
知る限りでは全てのお客様が不満が無かったようでした。
「夜にエアコンの効いた部屋でお酒の飲みながらMTG出来るのが最高!」
「思った以上に居心地が良くて自然の家よりこっちのほうが良いです!」
という声をいただけました。
次の冬のお泊まりも暖房の効いたお部屋でのお泊まりまじっく、
多くの方の参加をお待ちしております!

また、今回も参加者の方から、
お酒やお菓子、食べ物をいただきました。
ありがとうございます。
こういった心遣い、とても嬉しく感じます。

ではまた。



記事作成日:2015/08/23