EDHデッキ紹介その65(Yisan, the Wanderer Bard/放浪の吟遊詩人、イーサーン)

今回のデッキ紹介は
放浪の吟遊詩人、イーサーン/Yisan, the Wanderer Bard》。
このデッキは自作のものではなく、
店主の友人、いっちゃんの作成したデッキ。
彼のHNはイーサン。
このカードが出た時に、
「このジェネラルでEDH作ろう!」
と決意したそうだ。
彼はCardshop SerraのこらむからEDHを始めた1人でもある。
「Serraさんのこらむ無かったらEDHやってませんでした。
 すごく感謝してます。」
と言ってもらえた事もある。
とても嬉しい一言だった。
彼は店舗にもよく来てくれて仲良くなったMTG仲間の1人だ。
彼は《放浪の吟遊詩人、イーサーン》FOIL-PSA10までウチで購入している。
かなりの気合の入りようだ。
なお、《放浪の吟遊詩人、イーサーン》FOIL-PSA10はこの世に1枚。
(2015年7月時点)

Yisan, the Wanderer Bard
Yisan, the Wanderer Bard/放浪の吟遊詩人、イーサーン
コスト:2緑
伝説のクリーチャー 人間(Human) ならず者(Rogue)

(2)(緑),(T),放浪の吟遊詩人、イーサーンの上に詩句(verse)カウンターを1個置く:
あなたのライブラリーから、放浪の吟遊詩人、イーサーンの上に置かれている
詩句カウンターの総数に等しい点数で見たマナ・コストを持つクリーチャー・カードを1枚探し、
それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。
2/3
レア

———-
クリーチャータイプにエルフと書いてあれば値段が変わったかもしれない。
パワータフネスは3マナで2/3と普通と評される程度。
可も無く不可も無く。
EDHでは殴るに向かない数字とも言える。
能力はサーチアンドインプレイな能力なので、
決して弱くはない。
起動コストが重めだが、能力は強い。
連続起動してこそ真価を発揮する生物。

パワーとその能力ゆえに、
ジェネラルダメージは一切狙わないと言っていい。
そんな暇があったら能力起動をしているほうが、
アドバンテージを得られる。
仮にジェネラルダメージ21点を狙うのなら、
強化無しで11回パンチ×3人分も必要なのだ。
単純計算で33ターンもかかる行動をするくらいなら、
能力起動から巨大生物をサーチするほうが良い。
よほどやる事が無い時やマナが無い時以外は、
殴ることも無い生物だろう。
殴らないという姿勢もカード名の通り、
吟遊詩人らしいと言えば吟遊詩人らしい。

一応の注意点としては、
・ジェネラルの起動能力の起動コストで詩句カウンターを置くため、
起動型能力を打ち消されても詩句カウンターは乗る。

・能力の解決時にジェネラルが場を離れていた場合、
詩句カウンターの数は最後の情報を参照する。

という2点。

デッキは以下。

ジェネラル:《放浪の吟遊詩人、イーサーン/Yisan, the Wanderer Bard

-クリーチャー37枚-
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
エルフの神秘家/Elvish Mystic
Fyndhorn Elves
東屋のエルフ/Arbor Elf
ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Ranger
ボリアルのドルイド/Boreal Druid》 
クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote
エルフの幻想家/Elvish Visionary》 
桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
ティタニアの僧侶/Priest of Titania
森のレインジャー/Sylvan Ranger
水蓮のコブラ/Lotus Cobra
スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
天光を求める者/Seeker of Skybreak
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
再利用の賢者/Reclamation Sage
激情の共感者/Fierce Empath
Elvish Spirit Guide
ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways
彼方地のエルフ/Farhaven Elf
ウッド・エルフ/Wood Elves
永遠の証人/Eternal Witness
ケイラメトラの侍祭/Karametra’s Acolyte》 
ティムールの剣歯虎/Temur Sabertooth
アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argoth
進歩の災い/Bane of Progress
映し身人形/Duplicant
ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar
威厳の魔力/Regal Force
孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth
真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre
荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus

-インスタント6枚-
内にいる獣/Beast Within
召喚の調べ/Chord of Calling
輪作/Crop Rotation
自然の要求/Nature’s Claim
みなぎる活力/Vitalize
召喚士の契約/Summoner’s Pact

-ソーサリー9枚-
新たな芽吹き/Regrowth
緊急時/Time of Need
森の占術/Sylvan Scrying
自然の知識/Nature’s Lore
無垢への回帰/Seeds of Innocence
大軍の功績/Triumph of the Hordes
調和/Harmonize
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
歯と爪/Tooth and Nail

-エンチャント7枚-
踏査/Exploration
花の絨毯/Carpet of Flowers
調和の中心/Concordant Crossroads
繁茂/Wild Growth
楽園の拡散/Utopia Sprawl
森の知恵/Sylvan Library
開拓地の包囲/Frontier Siege

-アーティファクト9枚-
Mana Crypt
太陽の指輪/Sol Ring
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
速足のブーツ/Swiftfoot Boots
教術師の石/Magewright’s Stone
千年霊薬/Thousand-Year Elixir
威圧の杖/Staff of Domination
暗黒のマントル/Umbral Mantle

-プレインズウォーカー1枚-
野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker

-土地30枚-
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
ワイアウッドの番小屋/Wirewood Lodge》 
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
霧深い雨林/Misty Rainforest
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
魂の洞窟/Cavern of Souls
古えの墳墓/Ancient Tomb
露天鉱床/Strip Mine
さびれた寺院/Deserted Temple
先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
17《森/Forest


——————————
基本の戦略はジェネラルありき。
出来る限り1ターン目はマナクリーチャー等で加速し、
2ターン目にはジェネラルを着地させたい。

基本的な使い方の1つとして、
召喚酔いが解けた《放浪の吟遊詩人、イーサーン》と6マナが出る状態で、
(最低でもエルフ1体は出ているとして。)
対戦相手のターン終了時にジェネラルの能力を1回起動して、
クウィリーオン・レインジャー》を出す。
その後《クウィリーオン・レインジャー》の能力でジェネラルをアンタップし、
再びジェネラルの能力を起動。
今度は《ティタニアの僧侶》を出して自分のターンに入る。
自分のターン中にジェネラルの能力を起動するとカウンターが3つ乗った状態になるので、
激情の共感者》を出せる。
激情の共感者》の能力で手札にエルドラージ等の巨大生物を加える事が出来る。
クウィリーオン・レインジャー
ティタニアの僧侶
激情の共感者
は全てエルフなので、
ティタニアの僧侶》からはこの段階で最低4マナ以上は確保出来る。
(先に出しておいたエルフ1体を含めて。)
クウィリーオン・レインジャー》でアンタップすればそれが2倍。
動き出す前に用意したマナと合わせれば、
手札に加えた巨大生物までつながる。

基本の動きは上記ではあるが、
再利用の賢者》や《進歩の災い》や《映し身人形》をサーチするなど、
柔軟性高い面もあり、
十分にコントロール要素もあるため、
臨機応変なプレイが望まれる。

コンボ要素については、
他の緑単色のジェネラルとほぼ変わらないものなので割愛。
わからない場合は、他の緑単色のEDHデッキ紹介を参照。

EDHデッキ紹介その62(Omnath, Locus of Mana/マナの座、オムナス)
EDHデッキ紹介その57(Titania, Protector of Argoth/アルゴスの庇護者、ティタニア)
EDHデッキ紹介その55(Ezuri, Renegade Leader/背教の主導者、エズーリ)
EDHデッキ紹介その12(Sachi, Daughter of Seshiro/せし郎の娘、さ千)
EDHデッキ紹介その7(Sasaya, Orochi Ascendant/上位の大蛇、ささ弥)

このデッキや他の最近の緑のEDHデッキでの特筆すべき1枚は《失われた業の巫師》。
Shaman of Forgotten Ways
Shaman of Forgotten Ways/失われた業の巫師
コスト:2緑
クリーチャー 人間(Human) シャーマン(Shaman)
(T):あなたのマナ・プールに、好きな色の組み合わせのマナ2点を加える。
このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用できる。
圧倒 (9)(緑)(緑),(T):各プレイヤーのライフの総量は、
そのプレイヤーがコントロールするクリーチャーの総数に等しくなる。
この能力は、あなたがコントロールするクリーチャーのパワーの合計が8以上であるときにのみ起動できる。
2/3
神話レア

タルキール龍紀伝で登場したマナクリーチャー。
ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage》の亜種とでも言おうか。
ソンバーワルドの賢者》より出せるマナが1つ減ったが、
パワータフネスが上がり、圧倒能力も付いている。
ソンバーワルドの賢者》と違ってタフネス3は心強い。
3マナのカードで2マナ加速+別の能力付き。
十分に合格点である。
ジェネラル同様、エルフでないのが残念だが、
圧倒能力の《生命の律動/Biorhythm》が強い。
コントロールしているクリーチャー数が0の人は瞬殺。
生命の律動》はEDHでは現状禁止されている(2015年7月時点)が、
失われた業の巫師》は禁止されていない。
生命の律動》は8マナだが、
この能力の起動には11マナと重たい上に圧倒を達成しなければいけない。
失われた業の巫師》の召喚酔いにも影響される点も含めて、
若干遅めである事は間違いないが、
必要とあれば2度以上撃つ事が出来る点と、
禁止されていない事は大きい。

この能力のおかげで、
緑単デッキで、対戦相手のライフが100超えであっても問題無く削りに行ける。
対戦相手のクリーチャーの数が40超えという事は滅多な事では無いだろう。
(あったとしたら起動しなければいい。)
11マナ出せる頃には、だいたいにおいて、
クリーチャーのパワーの合計は8以上になっている。
11マナ出せて《失われた業の巫師》だけがポツンと場にいる事のほうが少ない。

この1枚は店主が彼にお薦めした1枚だ。
店主も最近の緑のデッキで採用している。
起動後にブロッカーが無いor少ないのであれば、
そのまま殴り倒せる事が多いため、
起動出来たらまず負けない1枚でもある。
とりわけ、このデッキでは、
ジェネラルの能力起動3回目でサーチ可能である事もあり、
あっさりと全員を瞬殺出来る事もある。
ジェネラルの能力で
「クリーチャーのパワー合計8以上」
の条件もクリアしやすい事も大きい。

このデッキの弱点は言うまでもなく全体除去。
この弱点はクリーチャー展開で攻めていくデッキの宿命。
有効的な回避手段は無いに等しい。
ジェネラルの再プレイさえ出来れば、
時間はかかるもののアドバンテージを取り戻す事は出来るだけ、
他の緑単のジェネラルより若干だけ心強い面もある。

なお、このデッキはエルドラージ等の、
一部のカードだけは高額だが、
それ以外は比較的安価。
ジェネラルからして100円しないので、
高額カードに手を出さず、
お手軽に組む事も出来る。
EDHをこれから始めてみる人にも優しいデッキだ。
興味を持った人は作って遊んでみていただきたい。

ではまた。



記事作成日:2015/07/23



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事