EDHデッキ紹介その63(Kaalia of the Vast/巨大なるカーリア-天使のみ)

お客様からこのようにリクエストをいただいた。

「edhで美人(主に天使)のみのデッキを組んでみたく思い
こちらのフォームに投稿させていただきました。
統率者はカーリアにしようと思うのですがあまり実用的なデッキではありません。
そこで、そちらのショップが本気を出して美しい天使のカードで
edhのデッキを作ったらどのような構成になるのか、
教えて欲しいのです。」

実用的という単語がありながら、
美を追求しろと言われました。
いきなりデッキ構築難易度アップ。

実用的なら、
ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》は外せないのだが、
美しい天使のカードで組めと言われれば、
ルーン傷の悪魔》はデーモン故にデッキから外れる。
実用的かつ、美しい天使として、
修復の天使/Restoration Angel》があるのだが、
なにせ能力が
「修復の天使が戦場に出たとき、
あなたがコントロールする天使(Angel)でないクリーチャー1体を対象とする。
あなたはそれを追放し、その後そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻してもよい。」
という能力だ。
美しい天使しか入れないデッキなので、
明滅させる対象がジェネラルしか無い。
デッキに入れておくとただの4マナ瞬速飛行3/4でしかない事が多いので、
これもデッキから外れる。

ドラゴンとデーモン禁止のカーリアという謎の構築環境。
前述の《ルーン傷の悪魔》の他にも、
血の贈与の悪魔/Bloodgift Demon
狂気の種父/Sire of Insanity
残虐の達人/Master of Cruelties
ヘルカイトの暴君/Hellkite Tyrant
鋼のヘルカイト/Steel Hellkite
ドラゴン魔道士/Dragon Mage
などの優秀な者たちが採用出来ない。
天使以外のクリーチャーは全力で禁止なので、
他のクリーチャータイプも全部ダメである。
お客様が指定されたジェネラル+天使オンリーで構築しなければ、
要望に応えたとは言えまい。

実用的になるんだろうか?このデッキと疑問を抱きつつ構築。

206
Kaalia of the Vast/巨大なるカーリア
コスト:1白黒赤
伝説のクリーチャー 人間(Human) クレリック(Cleric)
飛行
巨大なるカーリアがいずれかの対戦相手に攻撃するたび、
あなたはあなたの手札にある天使(Angel)1枚かデーモン(Demon)1枚かドラゴン(Dragon)1枚を、
タップ状態で、その対戦相手を攻撃している状態で戦場に出してもよい。
2/2
神話レア

「巨大なる」と書いておきながら本体は2/2。
ジェネラルダメージ21点などまず不可能。
そんな事をする前に天使かデーモンかドラゴンで押し切れと、
カードテキストに書いてあるようなものだ。

クリーチャータイプが人間なのに、
素の状態で飛行を持っているちょっと珍しい生物。

マジックのカードセットが出るたびに、
ドラゴンか天使かデーモンが増える事は多く、
そのたびにデッキをいじる楽しみがあるジェネラルの1つ。

デッキは以下。

ジェネラル:《巨大なるカーリア/Kaalia of the Vast

-クリーチャー21枚-
神盾の天使/Aegis Angel
怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath
憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury
絶望の天使/Angel of Despair
決断の天使/Angel of Finality
静穏の天使/Angel of Serenity
天使の監視者/Angelic Overseer
敵対の大天使/Archangel of Strife
テューンの大天使/Archangel of Thune
戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader
希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope
守護天使アヴァシン/Avacyn, Guardian Angel
悪斬の天使/Baneslayer Angel
まばゆい天使/Blinding Angel
黄金夜の刃、ギセラ/Gisela, Blade of Goldnight
エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
霊体の先達/Karmic Guide
静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence
光明の天使/Luminous Angel
白金の天使/Platinum Angel
魂を数える者、タリエル/Tariel, Reckoner of Souls

-インスタント7枚-
暗黒の儀式/Dark Ritual
悟りの教示者/Enlightened Tutor
流刑への道/Path to Exile
殺し/Snuff Out
剣を鍬に/Swords to Plowshares
摩耗+損耗/Wear+Tear
吸血の教示者/Vampiric Tutor

-ソーサリー9枚-
ハルマゲドン/Armageddon
Demonic Tutor
地震/Earthquake
信仰無き物あさり/Faithless Looting
伝国の玉璽/Imperial Seal
夜の囁き/Night’s Whisper
戦の惨害/Ravages of War
汚損破/Vandalblast
Wheel of Fortune

-エンチャント5枚-
動く死体/Animate Dead
熱情/Fervor
Moat
ネクロマンシー/Necromancy
ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena

-アーティファクト21枚-
ボロスの印鑑/Boros Signet
金属モックス/Chrome Mox
連合の秘宝/Coalition Relic
世界のるつぼ/Crucible of Worlds
友なる石/Fellwar Stone
金粉の水蓮/Gilded Lotus
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
水蓮の花びら/Lotus Petal
Mana Crypt
魔力の櫃/Mana Vault
精神石/Mind Stone
モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
オパールのモックス/Mox Opal
オルゾフの印鑑/Orzhov Signet
虹色のレンズ/Prismatic Lens
ラクドスの印鑑/Rakdos Signet
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
太陽の指輪/Sol Ring
耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence
スランの発電機/Thran Dynamo
冬の宝珠/Winter Orb

-プレインズウォーカー1枚-
ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil

-土地35枚-
Badlands
Plateau
Scrubland
血の墓所/Blood Crypt
神無き祭殿/Godless Shrine
聖なる鋳造所/Sacred Foundry
乾燥台地/Arid Mesa
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
溢れかえる岸辺/Flooded Strand
湿地の干潟/Marsh Flats
汚染された三角州/Polluted Delta
沸騰する小湖/Scalding Tarn
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
吹きさらしの荒野/Windswept Heath
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
古えの墳墓/Ancient Tomb
戦場の鍛冶場/Battlefield Forge
魂の洞窟/Cavern of Souls
コイロスの洞窟/Caves of Koilos
真鍮の都/City of Brass
統率の塔/Command Tower
悪臭の荒野/Fetid Heath
トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair
マナの合流点/Mana Confluence
ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower
岩だらけの大草原/Rugged Prairie
硫黄泉/Sulfurous Springs
ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
ヴォルラスの要塞/Volrath’s Stronghold
3《平地/Plains
2《沼/Swamp
1《山/Mountain


——————————
今回はCardshop Serraのスタッフの中でも、
店主の次にEDHを真剣にやっているS君が協力。
Sは寝ても覚めてもマジックとミルクティーとチャーハンの事くらいしか考えていない。
Cardshop Serraのスタッフ達の間では、

「こいつは死にかけていても

 ミルクティーを点滴したら、

 エリクサー使ったみたいに

 突然全回復するんじゃないか?」


と言われている。
アメリカ人のプレイヤーであり、
店主の大切な友人でもあるSeth Burnからも
「ミスターフライドライス」(チャーハンは英語でフライドライス)
と呼ばれていた。
お店に置いてある自動販売機のミルクティーを1人で売り切れにさせかねない男である。

店主「再録されているカードの場合、再録版がイラスト変更されていると、
 どちらが綺麗な絵になっているかわからない事がある。
 すまないが、S、天使の選定をお願いしたい。」
S「わかりました。ところで《絶望の天使》は美しい天使ですか?」
店主「エイベックスのアーティストにICONIQという人がいる。
 女性だけど丸坊主でデビューしてたよ。」
S「つまりOKという事なんですね。」
店主「ICONIQ売れてなかったけどな。」

絶望の天使》採用。

S「《光明の天使》は絵違いが綺麗です。」
店主「あのカード強かったっけ?なんだかやたら重かっただけのような。」
S「美しい。」
店主「実用ってなんだろうな。」

光明の天使》採用。

店主「《まばゆい天使》って美しいの?」
S「たぶん。アメリカ人の好みとか。」
店主「日本人はだいたい童顔のほうが受けがいいような気がするんだが。」
S「美への要求は人それぞれです。」
店主「なんかいいようにまとめられてるな。」

まばゆい天使》採用。

店主「《白金の天使》って美しいの?」
S「ほとんど顔無いですよね、これ。」
店主「このカード、FOIL版綺麗だったな。」
S「採用で。」

白金の天使》採用。

店主「《怒りの天使アクローマ》ってレギオン版の顔ゴツいだけだよな。」
S「そこでVSデッキ版の出番です。」
店主「そういうものか。」
S「そういうものです。」

怒りの天使アクローマ》採用。

なお、大半の天使カードはSの独断と偏見により選定である。
デッキの構成はSと二人で組んだ。

S「《Demonic Tutor》を絵違い版にすると美しいかも知れません。」
店主「天使関係ないな。」
S「でももともと《Demonic Tutor》って入れますよね?」
店主「抜く理由はないな。」

S「とりあえず天使出して《ハルマゲドン》すればいいですよね?」
店主「決まれば強いからそれで。」
S「ボス、《Moat》が必要ですぜ。」
店主「よし、入れとこう。」

S「《ヴェールのリリアナ》は美しいですよね。」
店主「天使関係ないな。」
S「抜きますか?」
店主「使うだろ。」

店主「《ネクロマンシー》って全然美しくないぞ。」
S「ですが、ボス、これ抜いていいんすかね?」
店主「俺はこのカード大好きだぜ。」
S「入れときましょう。」

このように勢いと思いつきの適当な真面目なディスカッションが行われ、
二人の間でデッキが組まれていったのである。

下記は採用された綺麗どころたちだ。
all
美しいかどうかは人それぞれかもしれませんが、いかがでしょう。
文句がある場合はS君に言いましょう。
間違っても店主を責める事の無いように。

ではまた。



記事作成日:2015/06/30



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事