EDHデッキ紹介その55(Ezuri, Renegade Leader/背教の主導者、エズーリ)

今回のEDHデッキ紹介はあんまりデッキの参考にならない可能性あり。
先日のルール改正で、
ラノワールの使者ロフェロス/Rofellos, Llanowar Emissary》が禁止になり、
自分のEDHデッキを1つ壊す事にしたので、
そのデッキ内容を記録しておこうというだけのもの。

参考にする方は、
ラノワールの使者ロフェロス》を抜いて、
別のエルフを1枚放り込めばOK。
クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》も悪くない。
軽さ重視ならば、
樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》がオススメ。
対応力重視ならば、《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》。


Ezuri, Renegade Leader/背教の主導者、エズーリ
コスト:1緑緑
伝説のクリーチャー エルフ(Elf) 戦士(Warrior)
緑:他のエルフ(Elf)1体を対象とし、それを再生する。
2緑緑緑:あなたがコントロールするエルフ・クリーチャーは、
ターン終了時まで+3/+3の修整を受けるとともにトランプルを得る。
2/2
レア

ラノワールの使者ロフェロス》がジェネラル禁止になり、
後釜として君臨しているエルフ大王。
ラノワールの使者ロフェロス》が完全禁止になった今、
EDH緑単エルフデッキではこれ以上のジェネラルは存在しないだろう。

デッキは以下。

ジェネラル:《背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader

クリーチャー47枚
ラノワールの使者ロフェロス/Rofellos, Llanowar Emissary
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
エルフの神秘家/Elvish Mystic
Fyndhorn Elves
東屋のエルフ/Arbor Elf
ボリアルのドルイド/Boreal Druid》 
クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
遺産のドルイド/Heritage Druid
ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Ranger》 
エルフの開拓者/Elvish Pioneer》 
緑探し/Greenseeker
銅角笛の斥候/Copperhorn Scout》 
ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf
ラノワールの助言者/Llanowar Mentor》 
エルフの潰し屋/Elvish Scrapper
ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
血統のシャーマン/Bloodline Shaman
ティタニアの僧侶/Priest of Titania
獣相のシャーマン/Fauna Shaman
森のレインジャー/Sylvan Ranger》 
ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald》 
エルフの幻想家/Elvish Visionary》 
献身のドルイド/Devoted Druid》 
天光を求める者/Seeker of Skybreak
傲慢な完全者/Imperious Perfect
エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》 
エルフのチャンピオン/Elvish Champion》 
Elvish Spirit Guide》 
再利用の賢者/Reclamation Sage》 
ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》 
ウッド・エルフ/Wood Elves
激情の共感者/Fierce Empath
森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》 
ヴィリジアンの社交家/Viridian Joiner》 
永遠の証人/Eternal Witness
アルゴスの古老/Argothian Elder
ケイラメトラの侍祭/Karametra’s Acolyte》 
森の伝書使/Sylvan Messenger
ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》 
ワイアウッドの媒介者/Wirewood Channeler》 
清廉潔白な判事/Immaculate Magistrate
始原の賢者/Primordial Sage
収穫の魂/Soul of the Harvest
威厳の魔力/Regal Force
真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre

インスタント3枚
召喚士の契約/Summoner’s Pact
輪作/Crop Rotation
自然の要求/Nature’s Claim

ソーサリー7枚
垣間見る自然/Glimpse of Nature》 
森の占術/Sylvan Scrying》 
Regrowth
自然の秩序/Natural Order
大軍の功績/Triumph of the Hordes》 
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
起源の波/Genesis Wave

エンチャント3枚
調和の中心/Concordant Crossroads
適者生存/Survival of the Fittest
エルフの案内/Elvish Guidance

アーティファクト8枚
Mana Crypt
太陽の指輪/Sol Ring
頭蓋骨絞め/Skullclamp
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
冬の宝珠/Winter Orb
暗黒のマントル/Umbral Mantle
千年霊薬/Thousand-Year Elixir
雲石の工芸品/Cloudstone Curio

土地29枚
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
ワイアウッドの番小屋/Wirewood Lodge》 
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
樹木茂る山麓/Wooded Foothills

吹きさらしの荒野/Windswept Heath
霧深い雨林/Misty Rainforest
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
21《森/Forest


——————————
デッキの説明などほとんど不要だろう。
動きについても以前のエズーリとそれほど変わらない。
ケイラメトラの侍祭》や《ニクスの祭殿、ニクソス》が採用された程度。
どちらも相当な数のマナを出せるカードである事は間違いないが。

ラノワールの使者ロフェロス》の禁止については

EDH最初期に完全禁止。
その後、突然の解禁。
あまりにも猛威をふるったので、
ジェネラルでのみ禁止。
デッキ内に入れる分にはOKとなったが、
そこから数年した2014年、またも完全禁止。

これだけ禁止や解禁を変遷したカードはEDHでは珍しい。
そして、二度とこのカードは解禁されないような気がする。

また、自分の周囲の意見で、
「《原始のタイタン/Primeval Titan》を禁止され、
 《森林の始源体/Sylvan Primordial》を禁止され、
 《ラノワールの使者ロフェロス》も禁止。
 何故こんなにも緑のカードばかりが潰されていくのか。
 EDHはこんなにも青いのに。」
という意見を多く聞いた。
他にも、
「近くのカードショップでは
 《トレストの密偵長、エドリック/Edric, Spymaster of Trest
 《結界師ズアー/Zur the Enchanter
 《むかつき/Ad Nauseam
 《隠遁ドルイド/Hermit Druid
 の4枚を禁止しています。」
という意見も。
禁止理由はどれも同じで、
「これを使われるとゲームが面白くない。」
というもの。
EDHはカジュアルな一面があるので、
こういった姿もありなのかもしれない。

ラノワールの使者ロフェロス》の禁止は致し方ないかもしれないが、
EDHプレイヤーが禁止を望むカードは他のカードだという事だろう。

さて、今後禁止になるカードや解禁されるカードはどうなっていくのだろう。
現在EDHで禁止されているカードは解禁の見込みが薄いものが多いので、
もうこれ以上解禁はされない可能性は高い。

解禁してもあんまり使いそうにないカードは、
生命の律動/Biorhythm》だろう。
それほど危険性がないと言えなくもない。
最も、全員がクリーチャー0の状態で撃つと、
いきなり引き分けになってしまうので、
それを防止するための禁止だというのなら、
このカードも解禁されないだろう。

天秤/Balance》は解禁されると面白そうなのだが、
白青や白青黒あたりが邪悪になるだけで、
ゲームが面白くなるわけではないというオチが見えているので、
これまた解禁の見込みは薄そうだ。
個人的にはとても好きなカードなだけに撃てないのが残念な1枚だ。

やはり一番可能性があるのは《合同勝利/Coalition Victory》かもしれない。
これが解禁されたらこれで勝ちに行くデッキを組みたい。

ではまた。



記事作成日:2014/09/23



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事