ヴィンテージデッキ紹介その3

前回に引き続き、ヴィンテージの上位デッキの紹介。



今回のデッキはオース。

レガシーでは《ドルイドの誓い/Oath of Druids》が禁止なので、
このデッキはヴィンテージ独特のデッキタイプになっている。

クリーチャー
2《グリセルブランド/Griselbrand
1《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn

インスタント
4《Force of Will
3《突然の衰微/Abrupt Decay
3《精神的つまづき/Mental Misstep
2《呪文嵌め/Spell Snare
1《Ancestral Recall
1《渦まく知識/Brainstorm
1《けちな贈り物/Gifts Ungiven
1《神秘の教示者/Mystical Tutor
1《吸血の教示者/Vampiric Tutor
1《呪文貫き/Spell Pierce
1《対抗呪文/Counterspell
1《Mana Drain

ソーサリー
1《Demonic Tutor
1《Time Walk
1《天秤/Balance
1《ヨーグモスの意志/Yawgmoth’s Will
1《思案/Ponder
1《商人の巻物/Merchant Scroll
1《ガイアの祝福/Gaea’s Blessing

アーティファクト
1《Black Lotus
1《Mana Crypt
1《Mox Emerald
1《Mox Jet
1《Mox Pearl
1《Mox Ruby
1《Mox Sapphire
1《太陽の指輪/Sol Ring

プレインズウォーカー
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

エンチャント
4《ドルイドの誓い/Oath of Druids

土地
4《禁忌の果樹園/Forbidden Orchard
3《Underground Sea
3《Tropical Island
2《霧深い雨林/Misty Rainforest
1《汚染された三角州/Polluted Delta
1《トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy
1《島/Island

サイドボード
4《虚空の力線/Leyline of the Void
2《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
2《狼狽の嵐/Flusterstorm
2《自然の要求/Nature’s Claim
1《白鳥の歌/Swan Song
1《鋼の妨害/Steel Sabotage
1《真髄の針/Pithing Needle
1《Time Vault
1《通電式キー/Voltaic Key
——————————
1つ前のこらむで言っていた邪悪な7種の生物のうち、
コストの高い二人が搭載されている。
オースデッキという名を冠するだけあって、
普通にコストを払って出すような事はまずない。

知らない人のためにもオースというカードの説明をしておこう。

Oath of Druids/ドルイドの誓い
コスト:1緑
エンチャント
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、
自分よりも多くのクリーチャーをコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。
前者のプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを、
クリーチャー・カードが公開されるまで公開してもよい。
そうした場合、そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、
これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。
レア

エクソダスのセットの邪悪なレアカードであり、
一世を風靡した1枚でもある。
なお、エクソダスにはオース(Oath、日本語名:誓い)と名のつくカードが5色ある。
トーナメントカードとして君臨したのは緑のみ。
他のオースは今もガッカリレア、特に白と赤。

ドルイドの誓い》の注意点としては、
このカードはアップキープに対象を選ぶという事。
つまり、
神々の神盾/Aegis of the Gods
真実の信仰者/True Believer
神聖の力線/Leyline of Sanctity
などが置かれていると能力が使えないのである。
同じように対戦相手が呪禁や被覆を持っていると使えない呪文としては、
ヴィンテージ制限の《けちな贈り物/Gifts Ungiven》がある。
これも対象をとる呪文なので注意。
ただし、《嘘か真か/Fact or Fiction》は対象をとらないので、
対戦相手が呪禁や被覆を持っていても関係がない。

このオースデッキのフィニッシャーは見ての通り、
グリセルブランド
引き裂かれし永劫、エムラクール
の2種。
似たようなデッキがレガシーにある。
知っている方も多いであろうスニークショーと呼ばれるデッキだ。
スニークショーというデッキは、
騙し討ち/Sneak Attack
実物提示教育/Show and Tell
の2種で
グリセルブランド
引き裂かれし永劫、エムラクール
を出すレガシーでもトップに勝ち上がってくる事の多いデッキ。
このスニークショーのデッキのコストを踏み倒す手段が、
ヴィンテージになったら《ドルイドの誓い》に変わっただけである。
このデッキでは採用されていないが、
ヴィンテージのオースデッキに《実物提示教育》が採用されている事もある。

このレガシーのスニークショーとの大きな違いは、
ドルイドの誓い》は起動条件を《禁忌の果樹園》で一瞬で満たす事が出来るため、
速度的な違いがある事が点と、
ライブラリーから直接出てくるので、
フィニッシャー2種が必要最低限枚数でOKという点。
とはいえ、1ターン目に《実物提示教育》を撃つ事もあるレガシーも十分に凶悪だ。
ヴィンテージの場合は、
1ターン目にモックスのどれか+《禁忌の果樹園》から、《ドルイドの誓い》エンド。
2ターン目にフィニッシャー降臨。
という流れが理想的展開。

このオースデッキとの戦いで、面白い戦いがあったので、
少しそれを紹介したい。
対戦相手のデッキは青黒赤のウェルダーコントロール。
サイドボードも含めてからの3戦目、
対戦相手は《魂の洞窟/Cavern of Souls》をプレイし、
クリーチャータイプに突然「ドレイク」と宣言。
え?ドレイク?
とオースのプレイヤーは首をかしげる。
その後数ターンしてから《ドルイドの誓い》起動。
グリセルブランド》が降臨。
そのままターンエンドを宣言するオースプレイヤー。
対戦相手は自分のターンに《魂の洞窟》からマナを出して、
金粉のドレイク/Gilded Drake》をプレイ。
Force of Will》を握っていたオースプレイヤー、
さすがにこのプレイに焦る。

金粉のドレイク》とはこんな能力だ。

Gilded Drake/金粉のドレイク
コスト:1青
クリーチャー ドレイク(Drake)
飛行
金粉のドレイクが戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールするクリーチャーを最大1体まで対象とし、
金粉のドレイクとそれのコントロールを交換する。交換できない場合、金粉のドレイクを生け贄に捧げる。
この能力は、呪文や能力以外によっては打ち消されない。(この効果は永続する。)
3/3
レア

この状況でこの交換が成立してしまうと非常に不利だ。
考えるだけ考えたオースプレイヤーは、
グリセルブランド》の能力を起動してカードを7枚引き、
突然の衰微》を《金粉のドレイク》に打ち、コントロール交換不成立に終わらせ勝利した。

金粉のドレイク》をサイドに選択し、
魂の洞窟》でカウンターされる事を防いだプレイも素晴らしいし、
交換不成立にさせるために《突然の衰微》で《金粉のドレイク》を破壊するプレイも素晴らしい。
この攻防はなかなか見られるものでは無かっただろう。
この二人の戦いでは、お互いがカウンターを3発ずつ撃ち合う激しい攻防も見られた。
横で見ていて、非常に良い戦いを見せてもらった。
この攻防はヴィンテージだからこそ見られる魅力的な戦いと言って過言ではない。
互いのカードがどのようにぶつかり合うかで勝負はどちらにも転んだゲームだっただろう。

今回のデッキ紹介でお店主催のヴィンテージでのデッキ紹介はこれで終了だが、
また他の大会で記録を残したデッキがあればこらむで紹介しようと思う。

ではまた。



記事作成日:2014/08/18