ぶらいおん!2

前回のデッキ紹介に引き続き、
豪腕のブライオン/Brion Stoutarm
がこらむのお題に。
カードの説明はもはや不要だろう。


カード名:《ぶらいおん!
コスト:重い。
能力:殴りにいけるアイドル。
4/4
レア

なんか違う気もするが、だいたい合っているはずだ。
MTG界の地下アイドルとして日々活動を続けている。
殴って投げれるアイドルというキャッフレーズもある。
軽音部に所属しているという事実はない。
気に入らないギターを投げつける事はしないが、
気に入らないクリーチャーは投げつける。
そんな放火後ティータイムを過ごしているぶらいおん!である。
そんなぶらいおん!に今日もスポットライトを当ててみよう。


富・名声・ブライオン、
この3つの内、ブライオンだけを1000枚を手に入れた男、カード王・セラ。
彼が苦し紛れに放った一言は人々をブライオンに駆り立てた。



「俺のブライオンか?

 欲しけりゃくれてやる。

 注文しろ!

 この世の不良在庫をそこに置いてきた!」


男達はブライオンを目指し夢を追いつづけない。
世はまさに大ブライオン時代!

ついに来た。
Dの意志…いや、Bの意志を継ぐ者が。
豪腕王の称号を継ぐ者があらわれた。
そう、売れたのだ、あの1000枚が。
「豪腕王に 俺はなるッ!」
と言い出した男があらわれた。


「エドリックやムーミンの言う”追加ターン”ってのはクソだ。
 ブライオンが夢を見る時代が終わるって……!!?
 えェ!!?オイ!!! 
 ゼハハハハハハ!!

 ブライオンの夢は!!! 

 終わらねェ!!!!


 笑われていこうじゃねェか。
 高みを目指せば 出せる呪文の見つからねェ EDHもあるもんだ。
 ゼハハハハハ!」

と言ったかどうかはわからない。

あのこらむを書いた時が2012年の6月。
それから約2年の2014年の5月、ブライオンに注文が。

2014年4月には、
Cardshop Serraの副店長をつとめるゆーだいが、
お客様から《豪腕のブライオン》をいただき、
豪腕のブライオン》EDHデッキを作る事になり、
その翌月にはブライオンが売れた。
全く、今年は何が起きているのだろうか。
ぶらいおん!というタイトルで2つもこらむを書くハメ事になるとは思わなかった。
そして、まさかEDHデッキ紹介に続くかたちになるとも思わなかった。
今年はまさにブライオン年と言って過言ではないだろう。
Cardshop Serraではブライオン祭りを開きたいくらいである。
日本三大祭の1つになぞらえてもいい。
(残り2つは京都の祇園祭りとヤマザキ春のパン祭り)

もちろん、約束の通り、
EDH:《豪腕のブライオン/Brion Stoutarm
大判カード《豪腕のブライオン/Brion Stoutarm》4枚
をつけて発送。
EDHのデッキはしっかりとテストプレイも何度かして、
そこそこまわるデッキになってから発送。

それはさておき、
ぶらいおん!のこらむを読んだ人は、
「1000枚全部買ったら、
 どんなEDHもらえたんだろう?」
と思っている人もいることだろう。

こんなデッキだった。

——————————
ジェネラル:《豪腕のブライオン/Brion Stoutarm

クリーチャー22枚
セラの高位僧/Serra Ascendant
雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer
ゴブリンの溶接工/Goblin Welder
炎のインプ/Fire Imp
火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu
鋳塊かじり/Ingot Chewer
躁の蛮人/Manic Vandal
溶鉄鋼のドラゴン/Moltensteel Dragon
焼身の魂喰い/Immolating Souleater
真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
修復の天使/Restoration Angel
霊体の先達/Karmic Guide
士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts
正義の執政官/Archon of Justice
目覚ましヒバリ/Reveillark
映し身人形/Duplicant
太陽のタイタン/Sun Titan
業火のタイタン/Inferno Titan
害霊/Malignus
セラのアバター/Serra Avatar
ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre

インスタント7枚
赤霊破/Red Elemental Blast
流刑への道/Path to Exile
剣を鍬に/Swords to Plowshares
奉納/Oblation
スマッシュ/Smash
予期せぬ不在/Unexpectedly Absent
煮えたぎる歌/Seething Song

ソーサリー7枚
塵は塵に/Dust to Dust
信仰無き物あさり/Faithless Looting
Wheel of Fortune
汚損破/Vandalblast
生命の息吹/Breath of Life
蘇生/Resurrection
神の怒り/Wrath of God

エンチャント2枚
騙し討ち/Sneak Attack
熱情/Fervor

プレインズウォーカー2枚
燃え立つチャンドラ/Chandra Ablaze
ギデオン・ジュラ/Gideon Jura

アーティファクト24枚
ボロスの印鑑/Boros Signet
乳白色のダイアモンド/Marble Diamond
緋色のダイアモンド/Fire Diamond
友なる石/Fellwar Stone
永遠溢れの杯/Everflowing Chalice
精神石/Mind Stone
速足のブーツ/Swiftfoot Boots
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
冷鉄の心臓/Coldsteel Heart
金粉の水蓮/Gilded Lotus
太陽の指輪/Sol Ring
魔力の櫃/Mana Vault
失われし夢の井戸/Well of Lost Dreams
ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot
虹色のレンズ/Prismatic Lens
ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor
連合の秘宝/Coalition Relic
精神の眼/Mind’s Eye
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
スランの発電機/Thran Dynamo
通電式キー/Voltaic Key
ニンの杖/Staff of Nin
砕けたパワーストーン/Fractured Powerstone
Jeweled Amulet

土地35枚
Plateau
乾燥台地/Arid Mesa
凱旋の神殿/Temple of Triumph
戦場の鍛冶場/Battlefield Forge
処刑者の要塞/Slayers’ Stronghold
聖なる鋳造所/Sacred Foundry
古の円形劇場/Ancient Amphitheater
ミシュラの工廠/Mishra’s Factory
軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion
岩だらけの大草原/Rugged Prairie
真鍮の都/City of Brass
ボロスの駐屯地/Boros Garrison
反射池/Reflecting Pool
断崖の避難所/Clifftop Retreat
統率の塔/Command Tower
10《平地/Plains
10《山/Mountain
——————————
デッキの半分近くはデッキ紹介と同じ構成なので、
デッキの説明については割愛。
それにしても本当にブライオン1000枚に注文が来るとは思わなかった。
普段、ぶらいおん!単品にさえ、ほとんど注文が来ないというのに。
通常版を含めて、まず滅多な事でこのカードに注文は来ない。
どのくらい注文が来ないかと言うと、

という画像を作っちゃうくらい注文が来ない。

今後も多くのカードを買い取っていくであろうCardshop Serraで、
次はどんなカードがこんなふうに話の種になるのか、
非常に楽しみである。

なお、世の中には面白いものがあるもので、
「ホテルブライオン那覇」
というホテルが、沖縄に本当にある。
少なくともこのホテルのオーナーはマジックプレイヤーではないだろう。
マジックプレイヤーがもしホテルのオーナーで、
マジックのカード名をホテル名にするなら、

普通は「ホテル・ニコル・ボーラス」にするはずである。

ではまた。



記事作成日:2014/05/20



記事のカテゴリー

他の「EDHこらむ」記事

他の「その他のこらむ」記事