EDHデッキ紹介その44(Purphoros, God of the Forge/鍛冶の神、パーフォロス)

今回のデッキ紹介は、《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》。
テーロスで出た、赤の神様。
条件を満たさない限りエンチャントのままという、
今までにないシステムであった事もあり、
自分でデッキを組もうと思ったが、
友人で組んでいる人が多く、
今回はその中の1つを紹介。


Purphoros, God of the Forge/鍛冶の神、パーフォロス
コスト:3赤
伝説のエンチャント クリーチャー 神(God)
破壊不能
あなたの赤への信心が5未満であるかぎり、鍛冶の神、パーフォロスはクリーチャーではない。
(あなたの赤への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(赤)の数に等しい。)
他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、
鍛冶の神、パーフォロスは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
(2)(赤):あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
6/5
神話レア
——————————
信心が達成していなくても、
ダメージソースになる優秀なカード。
しかも、この
「他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、
 鍛冶の神、パーフォロスは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。 」
という能力は、
「各対戦相手に2点ダメージ」なので、
対象も指定しておらず、
しかもEDHでは対戦相手が複数という事もあり、
この能力は非常に優秀。
状況とデッキに積んだカード次第で最大火力ともなりえる。

信心が達成出来たらパワー6のアタッカー。
自身の能力でパワーを上げられるので3回パンチで、
ジェネラルダメージ21点も狙える。
加えて破壊不能能力持ちなので、
一度出してしまえば、
特定のカード以外では除去もされない。
ジェネラルとして申し分ない能力だ。

除去方法は、
手札に戻す、追放する、-5の修整を与える(信心5以上の時限定)
の3つくらいなので、
デッキによっては出されたが最後、
一切除去出来なくなることもある。
とくに信心が4以下のエンチャント状態の場合、
クリーチャー除去呪文が効かない。
この場合、殴られずに済むが、
能力は起動ないしは誘発するので、
十分に危険な置物になる。

デッキは以下。

ジェネラル:《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge

クリーチャー23枚
ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman
二の足踏みのノリン/Norin the Wary
炎のインプ/Fire Imp
ゴブリンの女看守/Goblin Matron
躁の蛮人/Manic Vandal
猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
戦争の精霊/War Elemental
真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
タクタクの潰し屋/Tuktuk Scrapper
オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter
火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu
甲虫背の酋長/Beetleback Chief
オーガの戦駆り/Ogre Battledriver
群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Boss
グリセルブランドの猟犬/Hound of Griselbrand
鋳塊かじり/Ingot Chewer
士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts
エムラクールの孵化者/Emrakul’s Hatcher
包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander
雷叫び/Thunderblust
鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord
業火のタイタン/Inferno Titan

インスタント4枚
赤霊破/Red Elemental Blast
紅蓮破/Pyroblast
スマッシュ/Smash
紅蓮操作/Pyrokinesis

ソーサリー4枚
信仰無き物あさり/Faithless Looting
汚損破/Vandalblast
Wheel of Fortune
抹消/Obliterate

エンチャント9枚
炎の編み込み/Braid of Fir
血染めの月/Blood Moon
熱情/Fervor
硫黄の渦/Sulfuric Vortex
突撃の地鳴り/Seismic Assault
騙し討ち/Sneak Attack
締め付け/Stranglehold
ラースの灼熱洞/Furnace of Rath

パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros

アーティファクト22枚
通電式キー/Voltaic Key
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
火と氷の剣/Sword of Fire and Ice
殴打頭蓋/Batterskull
世界のるつぼ/Crucible of Worlds
Mana Crypt
モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
金属モックス/Chrome Mox
オパールのモックス/Mox Opal
永遠溢れの杯/Everflowing Chalice
魔力の櫃/Mana Vault
太陽の指輪/Sol Ring
虹色のレンズ/Prismatic Lens
精神石/Mind Stone
厳かなモノリス/Grim Monolith
緋色のダイアモンド/Fire Diamond
玄武岩のモノリス/Basalt Monolith
ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot
連合の秘宝/Coalition Relic
スランの発電機/Thran Dynamo
金粉の水蓮/Gilded Lotus

プレインズウォーカー3枚
紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster
槌のコス/Koth of the Hammer
燃え立つチャンドラ/Chandra Ablaze

土地34枚
古えの墳墓/Ancient Tomb
露天鉱床/Strip Mine
不毛の大地/Wasteland
カー砦/Kher Keep
ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel
魂の洞窟/Cavern of Souls
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
乾燥台地/Arid Mesa
沸騰する小湖/Scalding Tarn
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
大焼炉/Great Furnace
23《山/Mountain


——————————
鍛冶の神、パーフォロス》について、
よくありそうな質問に回答しておこう。

Q:《鍛冶の神、パーフォロス》の信心のカウントは、自身の1つを含む?
A:含みます。
 つまり基本的には、《鍛冶の神、パーフォロス》が出ていればあと4つ。

Q:《鍛冶の神、パーフォロス》はエンチャントなのにジェネラルに出来る?
A:出来ます。

Q:《鍛冶の神、パーフォロス》は《本質の散乱/Essence Scatter》でカウンター出来る?
A:出来ます。
 プレイした時はクリーチャー呪文であり、エンチャント呪文。
 戦場に出たら、信心が達成していない場合、
 ただの伝説のエンチャントになるだけ。

Q:《鍛冶の神、パーフォロス》は《白鳥の歌/Swan Song》でカウンター出来る?
A:出来ます。
 理由は上に同じ。
 《除外/Exclude》や《無効/Annul》でももちろんカウンター可能。

Q:《魂の洞窟/Cavern of Souls》でクリーチャータイプ神を指定した状態で、
 《鍛冶の神、パーフォロス》をプレイするとカウンター不可ですか?
A:カウンター不可です。
 これも理由は上に同じで、《鍛冶の神、パーフォロス》は、
 エンチャント呪文であり、クリーチャー呪文なので。

このくらいだろうか。

まず、このデッキの特筆すべきカードが2つ。
二の足踏みのノリン/Norin the Wary
戦争の精霊/War Elemental
の2枚だ。
1つずつ書いていこう。


Norin the Wary/二の足踏みのノリン
コスト:赤
伝説のクリーチャー 人間(Human) 戦士(Warrior)
プレイヤー1人が呪文を唱えるか、クリーチャー1体が攻撃したとき、
二の足踏みのノリンを追放する。
次の終了ステップの開始時に、それをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
2/1
レア

時のらせんのハイパーガッカリレア。
あまりにガッカリ過ぎて逆に有名になってしまった程のガッカリレア。
(最近ではモダンで採用されている事もあるようだが、基本能力はガッカリ。)
何を目的に作られ、どうしてレアとして登場させたのかも謎なカードだが、
これが、《鍛冶の神、パーフォロス》の能力とはいい感じに噛み合う。
自分のターンだろうが、相手のターンだろうが、
二の足踏みのノリン》が追放→戻るをするたびに、
鍛冶の神、パーフォロス》が2点ダメージをばら撒いてくれる。
4人戦でターンが一周すると各対戦相手に8点ダメージずつ与えていることもある。


戦争の精霊》にいたっては、
「なにそれ?」
と言う人がほとんどだろう。
こんなカードだ。


War Elemental/戦争の精霊
コスト:赤赤赤
クリーチャー エレメンタル(Elemental)
戦争の精霊が戦場に出たとき、
このターンにダメージを受けた対戦相手がいないかぎり、
それを生け贄に捧げる。
対戦相手1人がダメージを与えられるたび、
戦争の精霊の上に同数の+1/+1カウンターを置く。
1/1
レア

おわかりだろうか。
ガッカリレアである。
まごうことなきガッカリレアである。
ミラディンという強力なカードが多いセットの中で、
1、2を争えるガッカリレアである。
こちらの場合は、《鍛冶の神、パーフォロス》が出ていれば、
戦争の精霊》が戦場に出たときに、
鍛冶の神、パーフォロス》の能力で2点ダメージが飛んでいく。
仮に対戦相手が3人いた場合、
戦争の精霊》の上に+1/+1カウンターが6個乗る。
いきなり7/7のクリーチャーになるということ。
その後は《鍛冶の神、パーフォロス》の能力が誘発するごとに、
+1/+1カウンターが6個乗る。
もちろん殴って攻撃が通れば単純に倍になる。
簡単に20/20を超える生物の出来上がりだ。
鍛冶の神、パーフォロス》が出ていなければ無駄カードだが、
たった3マナでこれだけのパワーは非常に面白い。
熱情
パーフォロスの槌
のようなヘイスト装置があれば、
ブロッカーのいない対戦相手の隙を突ける事もある。

極端な例だが、

3ターン目に《パーフォロスの槌》プレイ。
4ターン目に《鍛冶の神、パーフォロス》プレイ。
5ターン目に《戦争の精霊》プレイして、《鍛冶の神、パーフォロス》能力誘発。
 2点ダメージが各対戦相手(3人)に飛び、
 《戦争の精霊》が7/7で着地。
 《戦争の精霊》が攻撃して通ったら14/14に成長。
 この時に《鍛冶の神、パーフォロス》が信心達成しているので、
 《鍛冶の神、パーフォロス》も殴っていた場合は20/20に成長。
6ターン目に《包囲攻撃の司令官》プレイして、《鍛冶の神、パーフォロス》能力誘発。
 ゴブリン・トークンが3体が出て、
 8点ダメージが各対戦相手に飛び、合計で24点ダメージ。
 《戦争の精霊》に+1/+1カウンターが24個乗り、38/38の生物に。
 《戦争の精霊》が攻撃して通ったら高確率で一人死亡。
 そして、76/76のクリーチャーに成長。
 前ターンの時に《鍛冶の神、パーフォロス》が殴っていた場合は、
 44/44のクリーチャーが殴って一人倒し、
 さらに《鍛冶の神、パーフォロス》が殴っているので、
 44/44→88/88のクリーチャーになり、さらに94/94になる。
 夢の100/100クリーチャーまであと少しである。

という事も起き得る。
トランプルが無いのが少々残念だが、
愉快な数字のパワーとタフネスの生物になるまでに、
それほど大した時間はかからないという事がおわかりだろうか。
ロマン溢れる漢のカードと言っていいだろう。
前述の《二の足踏みのノリン》があると、、
ターンが一周して20/20以上になる確率はさらに上がる。
ライフ40点あってもあっさり削り切る攻撃力だ。
ここまでの攻撃力と面白さは、
鍛冶の神、パーフォロス》のEDHデッキには必須と言っても過言ではない。
今まで見向きもされないカードが、
こういう形で見直される事があるので、
EDHはやめられない。

それから、《鍛冶の神、パーフォロス》についてもう1つ。
このジェネラルがいると、
プレインズウォーカーには生存権がほとんど無い。
鍛冶の神、パーフォロス》が置かれていて、
クリーチャーを出しさえすればプレイヤーへダメージが飛んでいくので、
「プレインズウォーカーへダメージ与えます。」
の宣言1つでプレインズウォーカーが簡単に沈んでいく。

「見せてあげよう、鍛冶の神の雷を」

「見ろ!プレインズウォーカーがゴミのようだ!」

と何処かで聞いたような台詞が出てきそうなほど、
プレインズウォーカーはあっさり倒れる。
何処かのカードショップの店長が作った、
「勝ち手段がプレインズウォーカーだけのEDHデッキ」
など、ただの紙の束である。

このデッキの場合構成を少し信心達成に傾けているとのことで、
2点ダメージを連発する事を念頭に置く場合であれば、
ペンタバス/Pentavus
マイアの戦闘球/Myr Battlesphere
飛行機械の組立工/Thopter Assembly
あたりのカードが非常に良いダメージを叩きだしてくれる。

とくに
ペンタバス
はマナある限りダメージを出し続ける強火力になる。
マナの残響/Mana Echoes》と組み合わせると、
無色限定だが、無限マナになり、
鍛冶の神、パーフォロス》が出ていれば無限ダメージに。

マイアの戦闘球》は単純な攻撃力では高めである事に加え、
出しさえすれば《鍛冶の神、パーフォロス》で10点ダメージが各対戦相手に。
ジェネラルプレイ後に7マナで相手に10点ずつ飛ぶので、
この挙げた3種の中では効率が最も良い。

飛行機械の組立工》は能力が少々後手気味だが、
やり方次第では毎ターン10ダメージ以上を期待出来る。
例えば、《ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment》を置いておけば、
1:《飛行機械の組立工》を出す。
2:次ターンに手札に戻りトークンが5体出る。
3:《ゴブリンの砲撃》でトークンを全て生け贄に捧げる。
を繰り返す事が出来る。
生け贄エンジンは他のものでも良い。
アシュノッドの供犠台/Ashnod’s Altar
クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks
だと安定してマナの供給源にもなる。
5体生け贄で10マナを出し、
6マナで《飛行機械の組立工》をプレイ、
残った4マナは自由に使えるという状態になるので、
こちらも使いやすさがある。

赤単のEDHデッキは以前にも紹介しているものの、
そのデッキとは戦い方も違っていて、
とても面白い。
ジェネラルが変わるだけで、
同じ色でもこれほどに違いが出るところも、
EDHの良いところである。

ではまた。



記事作成日:2014/01/30



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事