EDHデッキ紹介その43(Prossh, Skyraider of Kher/カーの空奪い、プローシュ)

今回のデッキ紹介は《カーの空奪い、プローシュ/Prossh, Skyraider of Kher》。
年末までに統率者2013の伝説生物でデッキを作りたかったのだが、
結局年明けになってしまった。


Prossh, Skyraider of Kher/カーの空奪い、プローシュ
コスト:3黒赤緑
伝説のクリーチャー ドラゴン(Dragon)
飛行
あなたがカーの空奪い、プローシュを唱えたとき、
カー砦のコボルド/Kobolds of Kher Keep》という名前を持つ
赤の0/1のコボルド(Kobold)・クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。
Xはカーの空奪い、プローシュの唱えるために支払われたマナの点数に等しい。
他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:カーの空奪い、プローシュはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
5/5
レア

—————————————-

統率者2013にて初登場のドラゴン。
能力は《Hazezon Tamar》や《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》に似ている。
出てくるトークン数が
「唱えるために支払われたマナの点数」
なので、ジェネラル領域に置かれ、再度出し直すたびに数が増える。
墓地から釣り上げるカードで墓地から《カーの空奪い、プローシュ》を出した場合、
トークンは1体も出て来ない。

最低でも一回目で6体が出るので、
単一のプレイヤーに
殴る→殴る→殴る+6体生け贄で合計21点が出せる。
攻撃力としては申し分無い数字がある。
プレイヤー二人以上を倒すには工夫が必要。

能力がパワーしか上がらないので、
時より「む、なんだか物足りない」と思う事もある。
+1/+1の修整だったら嬉しいのだが、
それは贅沢な願いだったのだろうか。

デッキは以下。

ジェネラル:《カーの空奪い、プローシュ/Prossh, Skyraider of Kher

クリーチャー33枚
永遠の証人/Eternal Witness
ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
Fyndhorn Elves
エルフの神秘家/Elvish Mystic
クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
極楽鳥/Birds of Paradise
ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
遺産のドルイド/Heritage Druid
天光を求める者/Seeker of Skybreak
旅するサテュロス/Voyaging Satyr
ティタニアの僧侶/Priest of Titania
森のレインジャー/Sylvan Ranger
ウッドエルフ/Wood Elves
激情の共感者/Fierce Empath
エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre
真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth
樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers
水蓮のコブラ/Lotus Cobra
森の女人像/Sylvan Caryatid
彼方地のエルフ/Farhaven Elf
花を手入れする者/Bloom Tender
ザル=ターのドルイド/Zhur-Taa Druid
猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
Elvish Spirit Guide
始原の賢者/Primordial Sage
収穫の魂/Soul of the Harvest
森林の始源体/Sylvan Primordial
孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth
ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage
鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge
ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan

インスタント9枚
四肢切断/Dismember
赤霊破/Red Elemental Blast
紅蓮破/Pyroblast
吸血の教示者/Vampiric Tutor
自然の要求/Nature’s Claim
殺戮の契約/Slaughter Pact
召喚士の契約/Summoner’s Pact
輪作/Crop Rotation
有毒の蘇生/Noxious Revival

ソーサリー6枚
Demonic Tutor
Wheel of Fortune
Regrowth
緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
生+死/Life+Death
汚損破/Vandalblast

エンチャント9枚
食物連鎖/Food Chain
熱情/Fervor
ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya
追い討ち/Aggravated Assault
森の知恵/Sylvan Library
騙し討ち/Sneak Attack
適者生存/Surivival of the Fittest
大地の知識/Earthcraft
ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment

アーティファクト4枚
太陽の指輪/Sol Ring
Mana Crypt
稲妻のすね当て/Lightning Greaves
師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top

プレインズウォーカー3枚
野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol
歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler

土地35枚
Taiga
Badlands
Bayou
踏み鳴らされる地/Stomping Ground》 
血の墓所/Blood Crypt
草むした墓/Overgrown Tomb
根縛りの岩山/Rootbound Crag》  
竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit
森林の墓地/Woodland Cemetery
統率の塔/Command Tower
血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
樹木茂る山麓/Wooded Foothills
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》  
湿地の干潟/Marsh Flats
乾燥台地/Arid Mesa
火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
黄昏のぬかるみ/Twilight Mire
偶像の石塚/Graven Cairns
ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
ドライアドの東屋/Dryad Arbor
モスファイアの谷/Mossfire Valley
シャドーブラッドの尾根/Shadowblood Ridge
ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
6《森/Forest
4《山/Mountain
1《Swamp


————————————-

基本はジェネラルでパンチしなさいというデッキだが、
いくつかの無限を仕込んでいる。
まず、とてもシンプルなものが1つ。

食物連鎖
カーの空奪い、プローシュ

条件がこれだけ。

食物連鎖》の能力は、

Food Chain/食物連鎖
コスト:2緑
エンチャント
あなたがコントロールするクリーチャーを1体、追放する:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナX点を加える。
Xは、追放されたクリーチャーの点数で見たマナ・コストに1を加えた点数に等しい。
このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためにしか支払えない。
レア

という能力。

カーの空奪い、プローシュ》を出すと、
カーの空奪い、プローシュ》とトークン6体。
トークンは0マナのパーマネントなので、
食物連鎖》で追放すると1マナになる。
カーの空奪い、プローシュ》は追放すると7マナ、
言うまでもなく追放後にジェネラル領域に置く。
合計13マナの「クリーチャーを唱える専用マナ」が手に入る。
再度《カーの空奪い、プローシュ》をプレイ。
するとトークン8体と残り5マナ。
トークン8体を《食物連鎖》で追放して+8マナ、
カーの空奪い、プローシュ》も追放して+7マナ、
合計20マナ。
以下繰り返しで、
無限の0/1トークン、「クリーチャーを唱える専用マナ」の無限マナが成立。
説明は不要と思うが、
カーの空奪い、プローシュ》の無限パワーも成立。
召喚酔いしていなければ、一人瞬殺。

大地の知識》と基本地形があれば、
通常のマナも無限になる。
ゴブリンの砲撃》があれば無限ダメージ。
鍛冶の神、パーフォロス》でも無限ダメージ。
一応、
サルカン・ヴォル》があれば、
+1能力で全員速攻と+1/+1修整がかかるので、
これでも倒せる。
歓楽者ゼナゴス》があれば無限マナ。

始原の賢者》か《収穫の魂》があれば、
ライブラリーを引き切る事も出来るので、
引き切って《ゴブリンの砲撃》で全員倒せば問題なし。
クリーチャー用の無限マナしかなくても、
樺の知識のレインジャー》と大量のエルフがプレイ出来るので、
ゴブリンの砲撃》の2マナを出す事が出来る。

ジェネラルと《食物連鎖》だけでこれだけの事が出来る。
なお、
ジェネラルと《大地の知識》と基本地形でも、
相当な数のマナが出せるようになる。
普通の無限マナをとにかく狙いたい場合は、
ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar
の採用でOK。
ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar
大地の知識
の2枚と《カーの空奪い、プローシュ》で無限マナ。

別の無限マナでは、
生+死
追い討ち
土地6枚以上で無限マナ+無限攻撃。
マナクリーチャーと《追い討ち》でも同じ事が出来るが、
赤2つ以上出せる事が条件。
生+死》とマナクリーチャーの組み合わせでも良いので、
狙いやすさはある。
これも《大地の知識》を組み込むとさらに成立条件が楽になる。

これ以外でコンボを決めたい人は、
鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts
歯と爪/Tooth and Nail
の3枚の採用や、
追い討ち》での無限をより狙うための《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》、
大地の知識》での無限狙いのための《リスの巣/Squirrel Nest》の採用も良い。
これらはあくまで、
カーの空奪い、プローシュ》メインでの構築をこらむで紹介したかったので、
レシピからは外した。

テストプレイしている際に、
「《カー砦/Kher Keep》入れないんですか?」
と言われたが、
このデッキの動きから、
あまり入れている余裕は無いので不採用。
意外に動きが軽快でやる事が多く、
カー砦》を起動している暇は無し。
テストプレイ中に
ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld》を採用していたが、
指定コストがキツいので抜いてしまった。
これよりアーティファクト破壊出来る生物のほうが優先度が高い。
緑の太陽の頂点》を採用しているため、
ヴィリジアンのシャーマン
ウークタビー・オランウータン
の2種を採用。
想起のコストの安さを重視したい人は、
鋳塊かじり/Ingot Chewer》に。

なお、青やコンボが大嫌いな人は、
自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed
締め付け/Stranglehold
を採用しておこう。
血染めの月/Blood Moon
月の大魔術師/Magus of the Moon
の2つの採用も良い。
EDHを本気で組んでくる人の多くは青いので、
このデッキのように最初から
赤霊破
紅蓮破
の2枚は青が嫌いならば入れておきたい。
猿人の指導霊》まで採用していると、
タップアウトしていても、
猿人の指導霊》を追放して赤マナ→《赤霊破》と、
Force of Will》のような事が出来るようになる。
もちろん手札に来ないとダメなのだが。
自分は
1:赤マナがない状況から《適者生存》起動。
2:《猿人の指導霊》を持ってくる。
3:《猿人の指導霊》を追放して赤マナ。
4:《赤霊破》。
という手順で青相手にカウンターを撃った事がある。
状況は限定されるものの、
仕込んでいるだけで違いはあるので、
これはオススメしておきたい1点でもある。

追記。
このデッキに必須の1枚を発見。
繁殖力/Fecundity
というカード。

Fecundity/繁殖力
コスト:2緑
エンチャント
クリーチャー1体が死亡するたび、そのクリーチャーのコントローラーはカードを1枚引いてもよい。
アンコモン

これと《カーの空奪い、プローシュ》だけで大量のドローが出来る。
最初にジェネラル領域からプレイした時でも6枚ものドローが約束される。
使ってみた感想としては、
生+死/Life+Death》の活躍の場が限られていたので、
これと入れ替えで必ずの採用をオススメしたい。
アドバンテージが決定的に違う1枚である事を断言出来る。
カーの空奪い、プローシュ
食物連鎖
繁殖力
と並べば、無限トークン、クリーチャー限定の無限マナに加えて、
無限ドローも確定する。

また、失念していた事として、
カーの空奪い、プローシュ》のトークンを出す能力は、
「戦場に出たとき」ではなく、
「唱えたとき」に誘発する。
つまり、カウンター呪文で打ち消されてもトークンは出る。
トークンを出す能力は《もみ消し/Stifle》や《計略縛り/Trickbind》でないと、
消すことが出来ない。
結構とんでもない能力である。
これは、非常に強力で、
食物連鎖》が既に出ている状況から、
カーの空奪い、プローシュ》を唱えて、カウンターされたとしても、
トークンが出てくれる。
このトークン以外にクリーチャーがあれば、
そのクリーチャーのコスト次第ではあるが、
(基本的にはクリーチャーのコストが1あればOK)
再度《カーの空奪い、プローシュ》を唱え直し、
無限トークン、クリーチャー限定の無限マナに到達出来る。

さて、次は毒のドラゴン様か統率者2013の生物か、
もしくはテーロスの伝説生物のどれかでデッキ紹介を予定。

ではまた。



記事作成日:2014/01/20



記事のカテゴリー

他の「EDHデッキ紹介」記事